タクボンのお遍路日記

お遍路の事を綴っていきます

2017〜2018年 歩き遍路 まとめ

1番からの通しでなく、バラバラに回っているので、もくじ的なページを作ってみました。

ページは更新していきます。

 

役立ちリンク集

とある歩き遍路の道しるべ

歩き遍路情報

歩き遍路用のグーグルマップ(番外札所の場所も網羅):歩き遍路 経路 番外

車遍路用にルート検索できるように駐車場に位置を修正したグーグルマップ:四国お遍路マップ 車遍路用

 

公共交通機関のリンク集

JR四国時刻表・運賃・列車編成 | JR四国

路線バス|ジェイアール四国バス

徳島バス路線バス情報 | 徳島バス株式会社

http://阿佐海岸鉄道

ようこそ高知東部交通株式会社へ

とさでん交通株式会社

路線バス|高知西南交通

土佐くろしお鉄道株式会社 TOSA KUROSHIO TETSUDO (Railway)

四万十くろしおライン時刻表:http://docs.wixstatic.com/ugd/06d37b_87ad45ad31814e068c4b8fa85a34c187.pdf

宇和島自動車株式会社 宇和島バス

   時刻表:http://www.uwajima-bus.co.jp/01bus/pdf/jikokuhyou/170701 matsuyama.pdf

伊予鉄道株式会社:IYOTETSU

伊予鉄南予バス株式会社

瀬戸内運輸株式会社

香川の駅の駐車場情報:香川の乗り物ナビ/パーク&ライド情報/JR予讃線

装備など

prodigal04.hatenablog.com

 

歩き遍路の記録

drive.google.com

 

  1. 1番 霊山寺→2番 極楽寺→3番 金泉寺→4番 大日寺→5番 地蔵寺→別格1番 大山寺→6番 安楽寺
    距離: 20.89 km

    prodigal04.hatenablog.com

     

  2. 安楽寺 駐車場→7番 十楽寺→8番 熊谷寺→9番 法輪寺→10番 切幡寺→11番 藤井寺安楽寺 駐車場
    距離: 33.46 km

    prodigal04.hatenablog.com

     

  3. 藤井寺 駐車場→長戸庵→柳水庵→浄蓮庵→12番 焼山寺→杖杉庵→別格2番 童学寺→JR下浦駅
    移動距離:34.03km

    prodigal04.hatenablog.com

     

  4. 別格2番 童学寺→13番 大日寺→14番 常楽寺→15番 国分寺→16番 観音寺→17番 井戸寺→18番 恩山寺→19番 立江寺→JR立江駅
    移動距離:40.65km

    prodigal04.hatenablog.com

     

  5. 19番 立江寺→別格3番 慈眼寺→ふれあいの里 さかもと
    距離: 27.11 km

    prodigal04.hatenablog.com

     

  6. 鶴林寺 登山道入口→20番 鶴林寺→21番 太龍寺→22番 平等寺→JR阿波福井駅
    距離: 24.42 km

    prodigal04.hatenablog.com

     

  7. JR阿波福井→23番 薬王寺
    距離: 31.00 km

    prodigal04.hatenablog.com

     

  8. 23番 薬王寺→別格4番 鯖大師→JR海部駅
    距離 29.03 km

    prodigal04.hatenablog.com

     

  9. 海部駅→佐喜浜港上(高知東部交通)
    移動距離:31.38km

    prodigal04.hatenablog.com

  10. 佐喜浜港上→24番 最御崎寺→25番 津照寺→26番 金剛頂寺→道の駅 キラメッセ室戸
    移動距離:31.19km

    prodigal04.hatenablog.com

     

  11. 道の駅 キラメッセ室戸→唐の浜東(高知東部交通)
    移動距離:23.85km

    prodigal04.hatenablog.com

     

  12. 唐浜駅→27番 神峯寺→赤岡駅
    移動距離:36.26km

    prodigal04.hatenablog.com

     

  13. 赤岡駅→28番 大日寺→29番 国分寺→30番 善楽寺→31番 竹林寺→32番 禅師峰寺→池通技術学校前
    移動距離:35.73km

    prodigal04.hatenablog.com
     

  14. 池通技術学校前→33番 雪蹊寺→34番 種間寺→35番 清瀧寺→宮前スカイライン入口

    移動距離: 32.64km

    prodigal04.hatenablog.com

     

  15. 竜→36番 青龍寺→別格5番 大善寺→JR土佐久礼
    移動距離:29.31km 

    prodigal04.hatenablog.com

     

  16. JR土佐久礼駅→37番 岩本寺土佐くろしお鉄道 土佐佐賀駅
    移動距離:40.01km 

    prodigal04.hatenablog.com

     

  17. 土佐くろしお鉄道 土佐佐賀駅→高知西南交通 大文字前(バス停)
    移動距離:28.91km 

    prodigal04.hatenablog.com

     

  18. ヘンロ小屋 54号 四万十→38番 金剛福寺
    移動距離:35.35km

    prodigal04.hatenablog.com

     

  19. 高知西南交通 市野瀬→土佐くろしお鉄道 平田駅
    移動距離:22.35km

    prodigal04.hatenablog.com

     

  20. 土佐くろしお鉄道 平田駅→39番 延光寺→40番 観自在寺宇和島自動車 南レク御荘公園前
    移動距離:30.6km

    prodigal04.hatenablog.com

     

  21. 南レク御荘公園前→別格9番 龍光院宇和島
    移動距離: 39.66 km 

    prodigal04.hatenablog.com

     

  22. JR宇和島駅→別格6番 龍光院→41番 龍光寺→42番 仏木寺→43番 明石寺→JR上宇和
    距離: 28.53 km 

    prodigal04.hatenablog.com

     

  23. JR上宇和駅→別格7番 出石寺→JR西大洲
    距離: 39.70 km

    prodigal04.hatenablog.com

     

  24. JR伊予平野駅→別格8番 十夜ヶ橋→JR内子駅
    距離: 17.85 km 

    prodigal04.hatenablog.com

     

  25. JR内子駅→44番 大寶寺[16:15]→JRバス 久万中学前
    距離: 37.21 km 

    prodigal04.hatenablog.com

     

  26. ふるさと村→45番 岩屋寺→46番 浄瑠璃寺
    距離: 34.1 km 

    prodigal04.hatenablog.com

     

  27. 46番 浄瑠璃寺→47番 八坂寺→別格9番 文殊院→48番西林寺→49番 浄土寺→50番 繁多寺→51番 石手寺
    移動距離 23.9km 

    prodigal04.hatenablog.com

     

  28. 52番 太山寺→53番 円明寺→JR伊予北条駅
    移動距離:23.27km 

    prodigal04.hatenablog.com

     

  29. JR伊予北条駅→JR大西駅
    移動距離:23.11km 

    prodigal04.hatenablog.com

     

  30. JR大西駅→54番 延命寺→55番 南光坊→56番 泰山寺→57番 栄福寺→58番 仙遊寺→59番 国分寺→JR伊予桜井
    移動距離:25.6km 

    prodigal04.hatenablog.com

     

  31. JR伊予桜井→別格10番 西山興隆寺→別格11番 生木地蔵→大頭(せとうちバス)
    移動距離:23km 

    prodigal04.hatenablog.com

     

  32. 大頭→60番 横峰寺石鎚神社 成就社
    移動距離:18.9km 

    prodigal04.hatenablog.com

     

  33. 石鎚神社 成就社→頂上社→氷見(せとうちバス)
    移動距離:24.8km 

    prodigal04.hatenablog.com

     

  34. JR伊予小松駅→62番 宝寿寺→61番 香園寺→63番 吉祥寺→石鎚神社 口之宮→64番 前神寺→JR中萩駅
    移動距離:20.9km 

    prodigal04.hatenablog.com

     

  35. JR中萩駅→別格12番 延命寺→JR伊予三島駅
    移動距離: 29.7km 

    prodigal04.hatenablog.com

     

  36. JR伊予三島駅→65番 三角寺→別格13番 仙龍寺→別格14番 椿堂→JR阿波池田駅
    移動距離:40.31km

    prodigal04.hatenablog.com

     

  37. JR箸蔵駅→別格15番 箸蔵寺→66番 雲辺寺→別格16番 萩原寺→67番 大興寺→JR観音寺駅
    移動距離:41.46km

    prodigal04.hatenablog.com

     

  38. JR観音寺駅→68番 神恵院・69番 観音寺→70番 本山寺→71番 弥谷寺→JR海岸寺
    移動距離:22.46km 

    prodigal04.hatenablog.com

     

  39. JR海岸寺駅→別格 18番 海岸寺→72番 曼荼羅寺→73番 出釈迦寺→74番 甲山寺→75番 善通寺→別格17番 神野寺→JR塩入駅
    移動距離:25.03km 

    prodigal04.hatenablog.com

     

  40. JR善通寺駅→76番 金倉寺→77番 道隆寺→78番 郷照寺→79番 天皇寺→80番 国分寺→JR国分駅
    移動距離:27.24km 

    prodigal04.hatenablog.com

     

  41. JR国分駅→81番 白峯寺→82番 根香寺→別格19番 香西寺→83番 一宮寺琴電 瓦町
    移動距離:31.9km

    prodigal04.hatenablog.com

     

  42. 瓦町→84番 屋島寺→85番 八栗寺→86番 志度寺→87番 長尾寺琴電 長尾駅
    移動距離:26.23km

    prodigal04.hatenablog.com

     

  43. 87番 長尾寺→別格20番 大瀧寺→塩江
    移動距離:32.01km

    prodigal04.hatenablog.com

     

  44. 多和小学校前→88番 大窪寺讃岐相生駅
    移動距離:29.8km

    prodigal04.hatenablog.com

     

  45. 讃岐相生駅→1番 霊山寺
    移動距離:16.34km

    prodigal04.hatenablog.com

     

     

     

     

     

     

歩き遍路 45日目 満願【日帰り】讃岐相生駅→1番 霊山寺

讃岐相生駅[8:30]→大坂峠[9:30]→卯辰峠[11:15]→大麻比古神社[11:55]→1番 霊山寺[12:10]

 

drive.google.com

移動時間 2:54:05
停止時間 47:33
距離 16.34 km
平均スピード 時速 5.63 km
最高スピード 時速 7.60 km
累計登り 587m
累計降り 554m
歩数 22,180歩
温度 11°C
湿度 82%
風速 15 km/時 NW

累計移動距離 1,321.14km

 

前回、打ち止めした讃岐相生駅には駐車場がなかったので、1駅手前の引田駅の駐車場に車を停めて、讃岐相生駅に移動

f:id:prodigal04:20181212174344j:image

引田駅には、1日200円で停められるPステーションステーションがあるのは、前回の帰りにチェック済み
f:id:prodigal04:20181212174358j:image

引田駅から讃岐相生駅に列車で移動して、歩き遍路を再開
f:id:prodigal04:20181212174519j:image

歩き始めて、すぐ大坂峠があるであろう山が見えてくる
f:id:prodigal04:20181212174402j:image

線路沿いを歩き、右に一度それた後、すぐに左折して橋を渡る
f:id:prodigal04:20181212174327j:image

再び、線路沿いを歩いて、次の交差点を直進する
f:id:prodigal04:20181212174250j:image

すぐに山道の入口があった

木が茂って、入口は狭い
f:id:prodigal04:20181212174512j:image

ただ、中に入ってみると、意外に道幅は広い
f:id:prodigal04:20181212174318j:image

一度、舗装路を横切って、直進する
f:id:prodigal04:20181212174502j:image

道を横切る手前に「四国のみち」の案内看板
f:id:prodigal04:20181212174301j:image

道を横切って、向こう側に、歩き遍路道は続いている
f:id:prodigal04:20181212174323j:image

少し進んだところに、大坂峠みちの説明看板
f:id:prodigal04:20181212174440j:image

道中の眺め

下の港付近が出発した讃岐相生駅
f:id:prodigal04:20181212174535j:image

大坂峠への道は、所々、崩れてたけど、道幅が広い事もあって、危険な箇所は無かった
f:id:prodigal04:20181212174448j:image

説明看板に書かれてた不動尊
f:id:prodigal04:20181212174429j:image
f:id:prodigal04:20181212174225j:image

香川と徳島の県境
f:id:prodigal04:20181212174506j:image

階段を上って、更に高度を上げていく
f:id:prodigal04:20181212174208j:image

途中の階段には、岩が鎮座
f:id:prodigal04:20181212174409j:image

そろそろ、峠という場所で、綺麗な手摺と階段

さすが「四国のみち」って感じ
f:id:prodigal04:20181212174335j:image

ココが峠

道は、左に続くが、右に行けば、0.2kmで休憩所との標識
f:id:prodigal04:20181212174454j:image

で、右を見ると上りの階段が続いてる

大汗をかいてるけど、体力的には、余裕があったから、行ってみることにした
f:id:prodigal04:20181212174527j:image

階段を登りきり、少し進むと、視界が開けた
f:id:prodigal04:20181212174413j:image

f:id:prodigal04:20181212174445j:image

少し手前に折り返したところに休憩所があった
f:id:prodigal04:20181212174424j:image

休憩所からの眺めの説明看板
f:id:prodigal04:20181212174457j:image

眺めは、なかなか良かった
f:id:prodigal04:20181212174532j:image

休憩所から標識のところまで戻り、少し進んだところに、スズメバチの注意看板
f:id:prodigal04:20181212174437j:image

で、少し進むと、ホントにスズメバチが5匹、飛んでる

立ち止まって、しばらく、様子を見ていたけど、1匹は巣の中に入ったけど、残り4匹は巣の近くで止まったり、飛んだりを繰り返してる

これまで、マムシにも熊にも遭遇しなかったけど、ココでスズメバチに遭遇するとは・・・

スズメバチはいなくなる気配が無いから、仕方が無く、一気に巣の前を走り抜ける
f:id:prodigal04:20181212174351j:image

少し進むと舗装路が見えてきた
f:id:prodigal04:20181212174420j:image

遍路道は、舗装路の反対側に続いている
f:id:prodigal04:20181212174257j:image

反対側に渡ると、かなり勾配がキツい下り階段が続いてる
f:id:prodigal04:20181212174310j:image

階段を下り、更に進むと、再度、舗装路に出る

ココを手前に折り返す
f:id:prodigal04:20181212174433j:image

折り返して、すぐ、「3番 金泉寺を経由して打ち戻りで霊山寺に向かうルート」と「卯辰峠を越えて直接1番 霊山寺に向かうルート」の分岐点
f:id:prodigal04:20181212174515j:image

出来るだけ打ち戻りしたくなかったから、卯辰峠を越えて、霊山寺に向かうルートを選択
f:id:prodigal04:20181212174542j:image

舗装路を、しばらく進んだ後、左手前に曲がる
f:id:prodigal04:20181212174239j:image

折り返した所のガードレールには、歩き遍路道の道標シール
f:id:prodigal04:20181212174339j:image

舗装路から未舗装の道に変わるが、道幅は広めの車道
f:id:prodigal04:20181212174221j:image

舗装路に戻り、ここの分岐を右上に進む
f:id:prodigal04:20181212174539j:image

しばらく進むと、卯辰峠
f:id:prodigal04:20181212174348j:image
f:id:prodigal04:20181212174417j:image

卯辰峠を越えて、ひたすら下りの舗装路を進むと大麻比古神社の駐車場の赤色の柵が見えてきた
f:id:prodigal04:20181212174254j:image

柵は閉まってだけど、横の隙間から、駐車場に入る
f:id:prodigal04:20181212174212j:image

駐車場から大麻比古神社の境内に入る
f:id:prodigal04:20181212174305j:image

さすが、阿波國 一ノ宮だけあって、境内はかなり広い
f:id:prodigal04:20181212174229j:image

大麻比古神社を参拝後、正面から出て、霊山寺に向かう
f:id:prodigal04:20181212174546j:image

長い長い大麻比古神社の参道が続く
f:id:prodigal04:20181212174218j:image

参道が終わるところで、左には霊山寺の境内
f:id:prodigal04:20181212174313j:image

突き当たりを左折すると霊山寺の仁王門
f:id:prodigal04:20181212174235j:image

仁王門の前の遍路姿のマネキンを見て、霊山寺に戻ってきたことを実感
f:id:prodigal04:20181212174243j:image

prodigal04.hatenablog.com

霊山寺の納経所でで満願のご朱印をお願いすると

お接待として、菩提樹の実で作られた腕輪念珠を頂いた

歩き始めて、約2年

何とか今年中に終わることが出来た

前回の88番 大窪寺では、感じなかった達成感が、今回の1番 霊山寺では、ヒシヒシと感じる


霊山寺から坂東駅に向かい、車を停めている引田駅に移動して、帰宅。
f:id:prodigal04:20181212174523j:image

歩き遍路 44日目 結願【日帰り】多和小学校前→88番 大窪寺→讃岐相生駅

多和小学校前[9:00]→88番 大窪寺[9:55]→長野屋[11:10]→中尾峠[12:00]→白鳥温泉[12:30]→東海寺[14:50]→讃岐相生駅[15:10]

drive.google.com

 

移動時間 5:07:12
停止時間 55:54
距離 29.8 km
平均スピード 時速 7.64 km
最高スピード 時速 8.17 km
累計登り 354m
累計降り 665m
歩数 40,627歩
温度 11°C
湿度 66%
風速 15 km/時 SW

累計移動距離 1,304.8km

 

88番 大窪寺を打った後、1番に向かった後の帰りの事を考えて、JRオレンジタウン駅に車を停める

f:id:prodigal04:20181124013459j:image

列車ではなく、コミュニティバスで、大瀧寺大窪寺のルートの分岐点へ
f:id:prodigal04:20181124013620j:image

このコミュニティバス、乗ってみて、ビックリしたのが、社内アナウンスが無い

途中、大川バス本社で、10分ほど停車している間に、運転手さんに「多和小学校前」て降りる事を伝えておいた

バス停の場所は、目的の分岐点を、少し通り過ぎていたので、分岐点まで戻って、スタート
f:id:prodigal04:20181124013642j:image

スタートして、しばらく国道377号線を進む

緩やかなアップダウンの道だが、ダンプが多い
f:id:prodigal04:20181124013511j:image

周りの紅葉した山を眺めながら歩く

大窪寺は、紅葉が有名な札所なので、この時期、歩けたコトは、うれしい
f:id:prodigal04:20181124013606j:image
f:id:prodigal04:20181124013700j:image

旅館 野田屋 竹屋敷を過ぎた所で、左側の道に進んで、国道を離れる
f:id:prodigal04:20181124013815j:image

終始、舗装路だけど、こっちの道は、ダンプが走らないから、のんびり歩けた
f:id:prodigal04:20181124013737j:image

大窪寺の手前で勾配がキツくなる
f:id:prodigal04:20181124013602j:image
f:id:prodigal04:20181124013710j:image

登り坂を登りきった所で、大窪寺の仁王門が見えてきた
f:id:prodigal04:20181124013554j:image

大窪寺 仁王門

形が高野山の大門に似てる
f:id:prodigal04:20181124013733j:image

prodigal04.hatenablog.com

納経を済ませて、結願

ただ、自分は、この後、1番 霊山寺に向かう事もあって、終わった感が無い

大窪寺の本堂正面の二天門から出て、左折した後、道なりに、しばらく進んで、国道377号線に戻る

国道を下っていくと、道路標識のポールに右折の道標シール

「四国遍路ひとり歩き同行二人」では、しばらく直進だったから、油断してた
f:id:prodigal04:20181124013558j:image

右を見ると、折り返して降りていく道があったから、ソッチに進む
f:id:prodigal04:20181124013720j:image

下った後、少し進んだところから未舗装の道に変わる
f:id:prodigal04:20181124013507j:image

少し進むと開放感のある場所に出る
f:id:prodigal04:20181124013729j:image

その後、川沿いの道になる
f:id:prodigal04:20181124013723j:image

国道377号線に戻るが、すぐに左側の道へ
f:id:prodigal04:20181124013649j:image

細道を進むと、西教寺道の分岐

左に登って行くと西教寺に向かう

自分は直進
f:id:prodigal04:20181124013514j:image

国道377号線に戻って進んだ所に地蔵堂
f:id:prodigal04:20181124013713j:image

長野屋の前を通り過ぎたところで、右の裏道へ

トンネルを通るなら直進でもOK
f:id:prodigal04:20181124013518j:image

切幡寺ルートと東海寺(大坂峠)ルートの分岐点

東海寺ルートは左の細道入っていく
f:id:prodigal04:20181124013533j:image

細道から右の山道へ
f:id:prodigal04:20181124013802j:image

ココを左折して、峠に向かう
f:id:prodigal04:20181124013617j:image

峠へは柵を開けて入る

f:id:prodigal04:20181124013755j:image

初めから急勾配の道
f:id:prodigal04:20181124013624j:image

道は、更に急勾配になり、荒れ気味になる
f:id:prodigal04:20181124013822j:image

ココが峠

「四国のみち」にもなってるから、綺麗なベンチが設置されてた
f:id:prodigal04:20181124013809j:image

下りの最後は、かなりの急勾配のコンクリートの道
f:id:prodigal04:20181124013749j:image

舗装路に戻って、すぐ左折して中尾峠に進む
f:id:prodigal04:20181124013806j:image

中尾峠を越える所で、右折して山道へ
f:id:prodigal04:20181124013819j:image

とても整備されていて歩きやすい
f:id:prodigal04:20181124013707j:image

舗装路に戻る所に犬がいた

ココから、しばらく、犬が先導

自分が追いつくのを待ってから、先に走っていき、また待ってる

しばらく、これを繰り返し
f:id:prodigal04:20181124013537j:image

後ろから車が来て、通り過ぎた後、先導してた犬は、どこかに行ってしまった
f:id:prodigal04:20181124013541j:image

白鳥温泉が見えてきたと思ったら、右折の道標シール

ココも「四国遍路ひとり歩き同行二人」では直進だったので、ビックリした

歩き遍路で使ってるYAMAPのデータの方が正確
f:id:prodigal04:20181124013653j:image

白鳥温泉の駐車場の脇道を左折して進む
f:id:prodigal04:20181124013630j:image
温泉施設の中を通っている間に、たぶん道を間違えた

大きな橋の下の道を通り、一段下の小さな橋を渡るのが遍路道
f:id:prodigal04:20181124013740j:image

與田寺ルートとの分岐点

與田寺へは、左折

町中を歩くより、田舎道を歩きたかったから、自分は直進

f:id:prodigal04:20181124013456j:image

自動車道の下を潜る手前で右折して、裏道を進む
f:id:prodigal04:20181124013613j:image

ジェイテクトの工場の手前を左折して、JR高徳線を横切り、東海寺へ
f:id:prodigal04:20181124013646j:image

東海寺から再び裏道に戻り進むが、時間的に、明るいうちに大坂峠を越えられそうになかったから、手前の讃岐相生駅で、15時過ぎに打ち止め
f:id:prodigal04:20181124013743j:image

時刻表を見ると、次の高松方面の列車は、16時52分

2時間近くある・・・
f:id:prodigal04:20181124013544j:image

乗り換え案内で調べると近くのバス停から引田駅に向かうと、1時間程度、早く戻れそう

f:id:prodigal04:20181124013637p:image

バス停に向かうと、反対方面のバス停はあるけど、引田駅方面のバス停が見当たらない

結局、見つけられず、徳島バスに電話してみると、反対方面のバス停の向かい側で待って、バスが来たら手を上げて乗る意思を示せば停車するとのコト
f:id:prodigal04:20181124013551j:image

引田駅でバスから列車に乗り換え

オレンジタウン駅に向かい、車で帰宅

歩き遍路 43日目【日帰り】87番 長尾寺→別格20番 大瀧寺→塩江

87番 長尾寺[8:00]→お遍路サロン[9:00]→金刀比羅宮[11:30]→別格20番 大瀧寺[14:40]→道の駅「しおのえ」[17:30]

drive.google.com


移動時間 6:11:03
停止時間 3:20:09
距離 32.01 km
平均スピード 時速 5.18 km
最高スピード 時速 10.01 km
累計登り 1,317m
累計降り 1,163m
歩数 47,474歩
温度 16°C
湿度 82%
風速 7 km/時 SSW

累計移動距離:1275.06km

 

今回も瓦町の駐車場に車を止めて、瓦町駅から琴電で長尾駅まで移動

f:id:prodigal04:20181118103123j:image

長尾駅から長尾寺まで移動して、大師堂を参拝した後、8時から歩き遍路を再開

f:id:prodigal04:20181118102918j:image

長尾寺の山門から東に進んで、すぐの交差点を右折して南に進む
f:id:prodigal04:20181118102951j:image

歩道の無い片側1車線の舗装路を、しばらく進む
f:id:prodigal04:20181118102754j:image

途中、「弘法大師御休憩?」最後の文字が読めない・・・
f:id:prodigal04:20181118102850j:image

まずは、道の駅「ながお」の向かいにある「お遍路サロン」を目指す

元々は、お遍路サロンより手前から女体山の方へ向かう事を計画していたが、前回、少し一緒に歩いた先達さんから、お遍路サロンに寄ってからも、女体山に向かうのでルートがある事を聞いたのもあって、お遍路サロンに寄ってみることにした

お遍路サロンまでの道中に、旧遍路道ルートの説明が書かれた案内看板が幾つもあったf:id:prodigal04:20181118103129j:image

前日、色々、調べていて、女体山ルートは、「四国のみち」のために作られた新しい道で、多和を経由する道が、昔からの遍路道って事は分かっていたけど、初めて、お遍路をした逆打ちバスツアーの先達さんが、大窪寺への道は、いくつかルートがあるが、「女体山ルートが一番好きだ」と言っていたのが、ずっと頭に残っていて、女体山ルートを、なかなか捨てきれない自分がいた

今日は、88番 大窪寺を参拝して、結願した後、1番 霊山寺へ行けるところまで進んで、JRと琴電で瓦町に戻る事を計画していたが、別格20番 大瀧寺を残したまま、1番に向かう事に躊躇いを感じている自分もいた

お遍路サロンまでの道を進みながら、自分は、この歩き遍路で、何を一番大事にしていたのか?

遠回りをしてでも、歩き遍路道を、出来るだけ歩こうとしたのか?

高知の車でも走ることの出来る海岸沿いの国道を、わざわざ歩いたのは、なぜか?

そんな事を考えていると、お遍路サロンに着く頃には、旧遍路道を進み、別格20番 大瀧寺を打った後、88番 大窪寺に向かうルートを取ろうと心変わりしてた

信号のある交差点で、歩き遍路道は、裏道になる
f:id:prodigal04:20181118103005j:image

車が1台しか通れない程の舗装路を進む
f:id:prodigal04:20181118102944j:image

途中、釈迦堂があった
f:id:prodigal04:20181118102948j:image
f:id:prodigal04:20181118102900j:image

波切不動明王
f:id:prodigal04:20181118102740j:image

同じ敷地内に一心庵と
f:id:prodigal04:20181118103240j:image

説明が書かれた案内看板
f:id:prodigal04:20181118103257j:image

少し進んだ所には休憩所
f:id:prodigal04:20181118103217j:image

県道と合流する手前に高地蔵
f:id:prodigal04:20181118103025j:image

県道との合流点
f:id:prodigal04:20181118103140j:image

県道を少し進み、再び、裏道へ
f:id:prodigal04:20181118102914j:image

未完堂
f:id:prodigal04:20181118103227j:image

武田徳右衛門の道標
f:id:prodigal04:20181118103206j:image

女体山ルートは、次の橋を渡って入っていく

自分は、直進する
f:id:prodigal04:20181118102907j:image
前山ダムに向かって登って行く
f:id:prodigal04:20181118103042j:image

前山ダムが大きく見えてきた
f:id:prodigal04:20181118102747j:image

ダムの直前に、休憩所
f:id:prodigal04:20181118102924j:image

前山ダム公園案内看板
f:id:prodigal04:20181118103102j:image

「四国のみち」(女体山ルート)の案内看板
f:id:prodigal04:20181118102729j:image

ダムを渡っても、女体山ルートに入れる

道標には、女体山ルート説明が書かれた
f:id:prodigal04:20181118102822j:image

ダムの上は、こんな感じ

ココを通れば、女体山へ
f:id:prodigal04:20181118103109j:image

ダムを越えた所にも遍路道の説明看板
f:id:prodigal04:20181118102955j:image

道の駅「ながお」の手前の旧遍路道の入口

少し前に、歩き遍路の人が入っていくのが見えた
f:id:prodigal04:20181118103300j:image

道の右側が道の駅、左側がお遍路サロン
f:id:prodigal04:20181118103019j:image

お遍路サロンの中に入ると、色んな展示物や四国八十八箇所ジオラマがあった
f:id:prodigal04:20181118103153j:image
f:id:prodigal04:20181118102737j:image

お遍路サロンで、大窪寺までの道を、詳しく説明してくれた
f:id:prodigal04:20181118103253j:image

申し込み用紙に記入して、雑談しながら、少し待つと「四国八十八箇所遍路大師任命書」と赤バッチを渡してくれた(無料)

歩き遍路は赤バッチで、自転車遍路は緑バッチを頂けるとのこと

f:id:prodigal04:20181118103223j:image

お遍路サロンから、少し戻って、旧遍路道に入る

すぐに登り坂になる
f:id:prodigal04:20181118103011j:image

1つ目のヘアピンを曲がり、そのまま登って行く
f:id:prodigal04:20181118103209j:image

2つ目のヘアピンの場所に、花折峠を越えるルートの入口があるはず
f:id:prodigal04:20181118102818j:image

ヘアピンが終わるところに入口があった
f:id:prodigal04:20181118103038j:image

初めから、急勾配の登り坂
f:id:prodigal04:20181118103148j:image

進んでいくと、ふくらはぎがパンパンに張ってきた
f:id:prodigal04:20181118102910j:image

まだまだ登りは続く
f:id:prodigal04:20181118103233j:image

残り1.4kmの所で、一度、急勾配は収まる
f:id:prodigal04:20181118103116j:image

ただ、登り坂がココで終わるわけではなかった
f:id:prodigal04:20181118102811j:image
f:id:prodigal04:20181118102842j:image

何とか登りきり、舗装路の遍路道に合流
f:id:prodigal04:20181118103119j:image

舗装路になるが、登り坂は続く

ただ、勾配は緩やか
f:id:prodigal04:20181118102743j:image

頂上の手前に休憩所

ココで、少し休憩した
f:id:prodigal04:20181118103230j:image

「古道と砦」の説明看板
f:id:prodigal04:20181118102836j:image

70丁の地蔵
f:id:prodigal04:20181118102719j:image

やっと下り坂
f:id:prodigal04:20181118102757j:image

途中に66丁石
f:id:prodigal04:20181118102928j:image

道の駅「ながお」からの県道3号線と合流する
f:id:prodigal04:20181118103056j:image

合流したところにも丁石
f:id:prodigal04:20181118102938j:image

少し進むと旧へんろ道の入口
f:id:prodigal04:20181118102750j:image

入ってみると、なんか良い感じの道
f:id:prodigal04:20181118102921j:image

良い感じなのは入口だけで、草が茂り、道が分かりにくくなってくる
f:id:prodigal04:20181118102958j:image

少し歩いて舗装路に出る

右折して県道3号線に戻る
f:id:prodigal04:20181118103015j:image

県道3号線を進むと細川家住宅の案内標識

ココはパスした
f:id:prodigal04:20181118103049j:image

国道377号線との合流地点

ココを左折すると大窪寺

自分は別格に向かうので直進
f:id:prodigal04:20181118102807j:image

山は、だいぶ紅葉していた
f:id:prodigal04:20181118102815j:image

途中にあった弁慶の力石
f:id:prodigal04:20181118102804j:image

ココを右に入るように指示している道標があった

右には行っていったが、金刀比羅宮に向かうには直進で良かった
f:id:prodigal04:20181118103029j:image

橋を渡って、左折
f:id:prodigal04:20181118103035j:image

金刀比羅宮の鳥居

ココを登って境内へ向かう(標高300m)
f:id:prodigal04:20181118102904j:image
f:id:prodigal04:20181118103246j:image

金刀比羅宮の本殿

左奥に「阿讃縦走コース」の入口
f:id:prodigal04:20181118102857j:image

阿讃縦走コースは、遍路道でもある

ただ、「四国遍路ひとり歩き同行二人」の地図には掲載されてない

11時30分、登り始める
f:id:prodigal04:20181118103105j:image

登り始めは、思ったより緩やかで、別格への道の割には、よく整備されている
f:id:prodigal04:20181118103144j:image

1つ目のロープが張られた急勾配の登り坂
f:id:prodigal04:20181118102825j:image

ロープの坂が終わると尾根を歩く
f:id:prodigal04:20181118102733j:image

2つ目のロープが張られた急勾配の登り坂

このロープの張られた登り坂は、杖を使わず、両手でロープを掴み、体を引き上げながら進む方が楽だった

石鎚山の鎖場と同じで、足だけよりは体全体を使う方が、ずいぶん楽
f:id:prodigal04:20181118103237j:image

ココを直進して間違える人が多いのか、ロープが張られてた
f:id:prodigal04:20181118103303j:image

3つ目のロープが張られた急勾配の登り坂

こういう坂は、いくつあるのだろ・・・
f:id:prodigal04:20181118102723j:image

一度、ココから下る
f:id:prodigal04:20181118103052j:image

4つ目のロープが張られた急勾配の登り坂
f:id:prodigal04:20181118102829j:image

ココで標高840m

一度、左折して、下っていく
f:id:prodigal04:20181118103136j:image

周りの景色で、かなり登ってきたのが分かる
f:id:prodigal04:20181118103022j:image

少し下った後は、更に登り坂が続き、14時25分、標高930mの地点で西照神社の手前に出る
f:id:prodigal04:20181118103126j:image
西照神社と大瀧寺は、明治初期の神仏分離令までは、神仏混淆の修行道場

標高946mの山頂にある

というか、大瀧寺は、今回計画してなかったから、ココまで標高がある事を調べてなかった
946mは、雲辺寺よりも高く、88箇所・別格20箇所の中でも一番高い札所って事になる
f:id:prodigal04:20181118102853j:image

本殿の横に大瀧寺への遍路道があった
f:id:prodigal04:20181118103002j:image

西照神社の説明看板
f:id:prodigal04:20181118103220j:image

遍路道を少し進んだところに、大瀧寺 旧本堂跡があった
f:id:prodigal04:20181118103133j:image

prodigal04.hatenablog.com

納経を済ませたところで、帰る方法について思案

この時間から、大窪寺に向かったとして、17時までに着くのはギリギリ
ただ、着けたとしても、長尾寺の方へ戻るバスの最終は、15時51分。全然、間に合わない

大窪寺を諦めて、金刀比羅宮近くの中山のバス停で打ち止めするにしても、最終のバスは15時36分
コッチも、多分、無理だろう

大瀧寺から12kmの塩江からは、瓦町に向かうバスが19時頃まで運行してるので、そっちに向かう事にした
というか、その選択肢しか残ってなかった

大瀧寺から東に進むと、西照神社の鳥居

境内から普通に降りるとココに出るみたい
f:id:prodigal04:20181118102716j:image

大瀧寺から塩江までは、六甲天満原林道を通ったが、全て舗装路だった
f:id:prodigal04:20181118102846j:image

17時30分、道の駅「しおのえ」に到着

道の駅の正面にある琴電のバス停「塩江」から17時45分発のバスに乗って瓦町に移動

瓦町までは乗換無しで行くことが出来る

というわけで、結願は、残念ながら、次回に持ち越し

歩き遍路42日目【日帰り】 瓦町→84番 屋島寺→85番 八栗寺→86番 志度寺→87番 長尾寺

瓦町[7:30]→84番 屋島寺[8:50]→85番 八栗寺[11:15]→86番 志度寺[13:00]→87番 長尾寺[14:45]

 

drive.google.com

移動時間 4:50:54
停止時間 2:28:39
距離 26.23 km
平均スピード 時速 5.41 km
最高スピード 時速 8.21 km
累計登り:628 m
累計降り:593m
歩数 35,866歩
温度 17°C
風速 13 km/時 WS

累計移動距離:1,243.05 km 

 

瓦町の近くに車を停めて、歩き遍路、再開

1日駐車しても600円

f:id:prodigal04:20181110185947j:image

瓦町から北に進んで、国道11号線に出て東に進むf:id:prodigal04:20181110185617j:image

4つの橋を渡る頃には、屋島が大きく見えてきた
f:id:prodigal04:20181110190107j:image

琴電 潟元駅の方に曲がって、駅の前を通り過ぎて右の道に進む
f:id:prodigal04:20181110185921j:image

道なりに進んで、突き当たりを左折して、屋島の方に向かう
f:id:prodigal04:20181110185810j:image

途中にある遍照院の前を過ぎた辺りから、上り勾配がキツくなる
f:id:prodigal04:20181110185635j:image

↓遍照院
f:id:prodigal04:20181110185647j:image

道幅は細くなるが、舗装路のまま
f:id:prodigal04:20181110185549j:image

石タイルの階段
f:id:prodigal04:20181110185820j:image

屋島御加持水が見えてきた
f:id:prodigal04:20181110185759j:image
f:id:prodigal04:20181110185803j:image
f:id:prodigal04:20181110185736j:image

コンクリート舗装を進む
f:id:prodigal04:20181110185610j:image

不喰梨
f:id:prodigal04:20181110185937j:image
f:id:prodigal04:20181110185928j:image

コンクリートの道のまま進むと、なんか雰囲気のある階段

着いたのか?
f:id:prodigal04:20181110190012j:image

階段を登ると、目の前に山門が現れた

屋島寺に山門から境内に入るのは、初めて
f:id:prodigal04:20181110185656j:image

山門の奥に、四天門があった
f:id:prodigal04:20181110190054j:image
f:id:prodigal04:20181110185944j:image

prodigal04.hatenablog.com

屋島寺からは、駐車場側の朱色の東門を出る
f:id:prodigal04:20181110190040j:image

駐車場の手前で右折する
f:id:prodigal04:20181110185837j:image

右折したところに、「瑠璃宝の池」

いつも駐車場に、まっすぐ向かうから、こんな池があるのは知らなかった
f:id:prodigal04:20181110185650j:image

道幅の狭い舗装路を通り
f:id:prodigal04:20181110185722j:image

廃墟になったホテルの横を抜けると眺めの良い場所に出た
f:id:prodigal04:20181110185850j:image

ここから、屋島の戦いの場所が一望出来る
f:id:prodigal04:20181110185707j:image

次の八栗寺は、正面の山
f:id:prodigal04:20181110185614j:image

少し舗装路を進んだ所から、歩き遍路道は左下に下りていく
f:id:prodigal04:20181110185901j:image

かなりの急勾配を階段で下りていく
f:id:prodigal04:20181110185844j:image

所々、豪雨の影響で道が石で覆われてる
f:id:prodigal04:20181110190008j:image

車道が見えてきた
f:id:prodigal04:20181110185854j:image

遍路道は車道を横切って、向こう側に続く
f:id:prodigal04:20181110185925j:image

車道を横切った後は、勾配は緩やかになって、少し歩きやすくなる
f:id:prodigal04:20181110185700j:image

猪の侵入防止用の柵と門があった
f:id:prodigal04:20181110185711j:image
ココからはコンクリートの道
f:id:prodigal04:20181110185625j:image

途中、大師堂のような建物があったが何かは分からず
f:id:prodigal04:20181110185750j:image
f:id:prodigal04:20181110185817j:image

平地に下りてきて、少し進んだ所に「菊王丸の墓」があった
f:id:prodigal04:20181110185621j:image

そこから少し進んだ所に「北向辻地蔵堂
f:id:prodigal04:20181110185828j:image

地蔵堂のすぐ先を左折して、八栗寺の方に向かう
f:id:prodigal04:20181110190033j:image

橋を渡って、少し進んだ所にある85番 前札所 洲崎寺の手前のお接待所で声を掛けられ、接待される

お茶やお菓子を頂きながら、お接待所の方と雑談

たまたま、自分と話していたおじちゃんは、松山の出身で、定年まで伊予鉄で働いて、息子さんの住む香川に引っ越した人だった

お接待所には、あまり寄らない方だけど、寄ったら、寄ったで、何かの縁を感じることが多い

久万の接待所で話した人は、高校の大先輩に当たる人だった。

三豊の接待所では、自分が理想と考えてた車中泊の遍路を、既に行っている人に出会えて、色んな情報を頂いた

ほんと、たまたまなんだけど、「たまたま」とは思えない

接待所の松山出身の方に、洲崎寺には、「真念」の墓があるとの事で、境内まで一緒に行って案内して頂いた
f:id:prodigal04:20181110185918j:image
f:id:prodigal04:20181110185556j:image

洲崎寺からの遍路道は、道を横切って、斜めに入っていく
f:id:prodigal04:20181110185840j:image
f:id:prodigal04:20181110190023j:image

接待所の方に教えてもらった通り、小学校の横までは順調に進んだものの、小学校の先で遍路道を、見失ってしまう

スマホのYAMAPを頼りに遍路道に戻った所に、何かのお堂と遍路道の道標
f:id:prodigal04:20181110185824j:image

その後、うどん本陣「山田屋」の目の前を通る

車遍路の時に山田屋でうどんを食べたけど、目の前が遍路道だったなんて思いも寄らなかった
f:id:prodigal04:20181110185643j:image

山田屋を通り過ぎるて、クランクして進んだ後、右折
f:id:prodigal04:20181110185552j:image

その後の分岐を左斜めに入っていく
f:id:prodigal04:20181110185739j:image

八栗ケーブルの乗り場が見えてきた

ケーブルカーの乗り場には向かわず、鳥居を潜って直進する
f:id:prodigal04:20181110185603j:image

少し進んだ所にある接待所「仁庵」でも、声を掛けられる

ほんの少し前に、別の接待所で、休んだばかりだけど、接待されると断らないのがルールだし、わざわざ声を掛けて頂いたので中に入る

お茶と甘納豆、ゼリーという、中々、上品なお接待

聞いてみると木曜以外は、お接待所で接待してるとの事

しばらくして、前を通りかかった別のお遍路さんにも声を掛けて、一緒に、お話

このお遍路さんも、さっきの接待寄ってた人で、自分のように荷物が軽そうだったから、話を聞くと、83番 一宮寺の近くに住んでるから香川を回る時は、日帰りするとの事

錫杖を持っていたので、先達さんだった
f:id:prodigal04:20181110185631j:image

先達さんと一緒に、接待所を出発して、色んな話をしながら八栗寺に向かう

登りがキツくなってきた所で、先に行かせてもらう
f:id:prodigal04:20181110190051j:image

山門の手前に、「お迎え大師」

平成22年と刻まれてるけど、前に来た時には、存在に気づかなかった
f:id:prodigal04:20181110185559j:image
f:id:prodigal04:20181110185714j:image

ココからの眺めは、良かった
f:id:prodigal04:20181110190020j:image

お迎え大師から山門は、すぐ近く
f:id:prodigal04:20181110185834j:image

鳥居を潜ると山門
f:id:prodigal04:20181110185951j:image

prodigal04.hatenablog.com

八栗寺からは、ケーブルカーの乗り場の方に向かい、前を通り過ぎて、舗装路を進む

駐車場が無いけど、車道に車が数台停められてた

しばらく下った所で、先に出発してた先達さんに追いついたから、その事を話すと、「地元の人はケーブルカーに乗らなくても、車で上がれることを知ってるからね〜」との回答

下り勾配がキツくなってきたので、ココでも先に行かせてもらった

道なりに舗装路を進んで、讃岐牟礼駅の所で国道11号線に出て、しばらく国道を進む
f:id:prodigal04:20181110190029j:image

道の駅 源平の里 「むれ」の前を通り過ぎた所の信号を左折

f:id:prodigal04:20181110185857j:image

左折した後は、裏街道を進む
f:id:prodigal04:20181110185704j:image

f:id:prodigal04:20181110190004j:image

しばらく進んだ所に、86番 奥の院 地蔵寺

f:id:prodigal04:20181110185726j:image

奥の院から少し進むと志度寺の山門が見えてきた
f:id:prodigal04:20181110190047j:image

86番 志度寺の山門

さっきの奥の院からココまでの間で、Pokemon GOをしてると思われる人が多いのは、何で?
f:id:prodigal04:20181110190101j:image
f:id:prodigal04:20181110185911j:image

prodigal04.hatenablog.com

志度寺からは、県道3号線を、ひたすら進む

自動車道の下を潜って、オレンジタウンという分譲地が見える池の前を通って、しばらく進んだ所で裏道に入る

そこから更に進んだ所に、87番 奥の院 玉泉寺
f:id:prodigal04:20181110185753j:image

裏道を進み、県道3号線を横切って、川の土手沿いを進む
f:id:prodigal04:20181110185628j:image

土手沿いを進んだ後、橋を渡る
f:id:prodigal04:20181110185546j:image

橋の手前に休憩所があった
f:id:prodigal04:20181110190044j:image

橋を渡って、道なりに進んで、突き当たりをクランクして進む
f:id:prodigal04:20181110185743j:image

そろそろ長尾寺なんだけどな〜と思って、右を見ると、小さな山門があった

正面には、大きな山門があるけど、この小さな山門から境内に入る
f:id:prodigal04:20181110190037j:image

prodigal04.hatenablog.com

正面の山門を出て、今回は、打ち止め

琴電 長尾駅に向かう
f:id:prodigal04:20181110185607j:image

琴電 長尾駅から電車で瓦町に戻る
f:id:prodigal04:20181110185718j:image

歩き遍路 41日目【日帰り】 JR国分駅→81番 白峰寺→82番 根香寺→別格19番 香西寺→83番 一宮寺→瓦町

JR国分駅[8:05]→81番 白峰寺[9:45]→82番 根香寺[11:30]→別格19番 香西寺[13:05]→83番 一宮寺[15:45]→瓦町[17:15]

drive.google.com

移動時間 6:52:19
停止時間 3:06:47
移動距離 31.9 km
平均スピード 時速 5.31 km
最高スピード 時速 7.00 km
累計登り 712m
累計降り 740m
歩数 42,198歩
温度 18°C
湿度 94%

累計移動距離:1,216.82km

 

JR鬼無駅の駐車場に車を停めて、前回、打ち止めした国分駅に移動

f:id:prodigal04:20181014113606j:image

鬼無駅は、300円/日の日極駐車場がある
f:id:prodigal04:20181014113523j:image

駐車する車のナンバーと駐車する日数を入力して、お金を払うと、レシートが印刷され、それをダッシュボードに置くシステム
f:id:prodigal04:20181014113447j:image

国分駅に移動した後、歩き遍路、再開
f:id:prodigal04:20181014112901j:image

80番 国分寺の前を通り過ぎたところにある旅館「えびすや」の看板のところを左折
f:id:prodigal04:20181014112946j:image

国分寺の敷地沿いに進み、遍路道の方へ向かう
f:id:prodigal04:20181014112728j:image

緩やかな登りの舗装路を山の方に向かって進む
f:id:prodigal04:20181014113153j:image

突き当たりを右折
f:id:prodigal04:20181014112921j:image

カーブミラーに案内図が掛かっていた
f:id:prodigal04:20181014113613j:image

すぐに左折して山の方角に進む
f:id:prodigal04:20181014113742j:image

若干、勾配がキツくなりながらも山の方へ進む
f:id:prodigal04:20181014113136j:image

大きな「五色台マップ」がある墓地のところから、道は未舗装に変わる
f:id:prodigal04:20181014113242j:image

山道に変わるけど、勾配は緩やかなまま
f:id:prodigal04:20181014113602j:image

舗装路を横切った後は、コンクリート舗装の道に変わる
f:id:prodigal04:20181014113231j:image

コンクリート舗装の道を、しばらく上る
f:id:prodigal04:20181014113459j:image

途中、岩肌の面白い場所があった
f:id:prodigal04:20181014113031j:image

遍路道の道標は直進、「四国のみち」の道標は右の階段を登って展望台に行くようになっているところがあった

誰かのブログに階段を登っても、結局、元の道に戻ってくるように書いていたような気がしたので、そのまま直進する
f:id:prodigal04:20181014113855j:image

舗装路はココで終わり、この先は未舗装の道になる

右にトイレがあった
f:id:prodigal04:20181014112934j:image

ここから、しばらく階段がある

「四国のみち」だけに、よく整備されていて歩きやすい
f:id:prodigal04:20181014113119j:image

道幅は狭くなるが、歩きやすい道は続く
f:id:prodigal04:20181014113909j:image

だいぶ登ってきた
f:id:prodigal04:20181014113708j:image

勾配は少しキツくなってくる
f:id:prodigal04:20181014112953j:image

右に折り返す場所に休憩所があったが、まだまだ行けそうだったから、そのままスルー
f:id:prodigal04:20181014113012j:image

「四国のみち」の道標には、県道までの距離が書かれていたが、残り500m辺りから階段が続く

階段の切れ目がなく、コレが意外にキツく、息が上がる
f:id:prodigal04:20181014113226j:image

途中、見晴らしの良い場所にベンチがあったから、ココで一休み
f:id:prodigal04:20181014113431j:image
f:id:prodigal04:20181014112719j:image

ベンチの場所からの眺め
f:id:prodigal04:20181014113931j:image

やっと、県道に出る
f:id:prodigal04:20181014113634j:image

白峯寺への道は、県道を横切って山道を進むルートと県道を進むルートがあるが、山道の方は白峯寺から根香寺へ向かう時に打戻で通るようになるから、自分は県道を進むルートを選択
f:id:prodigal04:20181014112824j:image

しばらく県道を下りながら進んだ後、ココのカードレールの切れ目を右折
f:id:prodigal04:20181014113555j:image

県道から外れて、すぐは未舗装の車道
f:id:prodigal04:20181014113618j:image

車道の終わりで、フェンス沿いの遍路道に入って行く
f:id:prodigal04:20181014113550j:image

フェンス沿いを少し下ると白峯寺から根香寺への遍路道に合流
f:id:prodigal04:20181014112838j:image

白峯寺までは、ずっと下り

土の道から岩の多い道に変わる
f:id:prodigal04:20181014112940j:image

しばらく進むと下乗石のあった
f:id:prodigal04:20181014113148j:image
f:id:prodigal04:20181014112916j:image

そこから先は、水がチョロチョロ流れる道になる

このところの豪雨や台風の影響か、だいぶ土が流されていて、少し歩きづらい程になっていた
f:id:prodigal04:20181014113735j:image

白峯寺の近くになると固められた道に変わる

ココからは、ずいぶん歩きやすい
f:id:prodigal04:20181014113053j:image

白峯寺のすぐ手前に「讃岐遍路道」の看板
f:id:prodigal04:20181014113210j:image

81番 白峯寺に到着
f:id:prodigal04:20181014112844j:image

prodigal04.hatenablog.com

 

白峯寺からは、来た道を戻る

ココが県道から来た道との合流地点
f:id:prodigal04:20181014113640j:image

ここから先は、若干の上り下りの遍路道
f:id:prodigal04:20181014113951j:image

途中にあった閼伽井
f:id:prodigal04:20181014113654j:image
f:id:prodigal04:20181014113722j:image

この先も歩きやすい遍路道が続く
f:id:prodigal04:20181014113039j:image
f:id:prodigal04:20181014112755j:image

ココを右に行けば県道へ、左を行けば、しばらく遍路道

左へ進む
f:id:prodigal04:20181014112813j:image

十九丁の道標
f:id:prodigal04:20181014113128j:image
f:id:prodigal04:20181014113804j:image
f:id:prodigal04:20181014113645j:image

十九丁の道標を越えたところに、ベンチが多く設置されている広場があった
f:id:prodigal04:20181014112929j:image

広場を過ぎると上り勾配がキツくなる
f:id:prodigal04:20181014113836j:image

しばらく登ると県道に出る
f:id:prodigal04:20181014113701j:image

県道を出て、すぐ「足尾大明神」があった

神社と本堂・大師堂が一緒にある昔ながらの場所
f:id:prodigal04:20181014112908j:image

県道を、しばらく進む
f:id:prodigal04:20181014113543j:image

歩き遍路の地図では、しばらく県道を進むようになっていたから油断していたら、右側に遍路道への階段があった
f:id:prodigal04:20181014112740j:image

階段を登った後の遍路道
f:id:prodigal04:20181014112832j:image

国分寺根香寺への遍路道の分岐がある県道の場所に出る
f:id:prodigal04:20181014113753j:image

根香寺への遍路道は交差点をすぐのところにあった
f:id:prodigal04:20181014113517j:image
f:id:prodigal04:20181014113748j:image

一度、舗装路に出るが、すぐに遍路道の入口がある
f:id:prodigal04:20181014113411j:image

遍路道を下ると根香寺の仁王門の正面に出る
f:id:prodigal04:20181014113847j:image

82番 根香寺
f:id:prodigal04:20181014113425j:image

prodigal04.hatenablog.com

 

根香寺から一宮寺へは、来た道を少し打ち戻るが、自分は別格に向かう

別格への道は、根香寺への車道を少し下ったところに入口があった

一応、「四国のみち」なので、そっちの道標を頼りに進む
f:id:prodigal04:20181014113437j:image

ココから入って行く
f:id:prodigal04:20181014113249j:image

すぐ突き当たりになるが、ココを右折

左折すると、さっきの車道に戻ってしまう
f:id:prodigal04:20181014112819j:image

ココは、左下に折り返す

「四国のみち」の道標に助けられる
f:id:prodigal04:20181014113443j:image

さすがに別格への道は、通る人も少ないからか倒木が残っていた
f:id:prodigal04:20181014112850j:image

しまいには、土砂崩れ
f:id:prodigal04:20181014113820j:image

近づいてみると、足で踏み固められていて通れそう
f:id:prodigal04:20181014113901j:image

ココのテープの向こうは崩れて下がなかった
f:id:prodigal04:20181014113939j:image

自閉式の門を開けて進む
f:id:prodigal04:20181014113418j:image
f:id:prodigal04:20181014113716j:image

門を入った後は、真っ直ぐ舗装路の方へ下っていく
f:id:prodigal04:20181014112855j:image

突き当たりを左折
f:id:prodigal04:20181014113630j:image

その後の交差点は、直進でも右折しても同じ場所に出る

右折するほうがショートカットになるから自分は右折した
f:id:prodigal04:20181014113112j:image

ココで、いきなり遍路道の道標

左折してコンクリート舗装の道を下る
f:id:prodigal04:20181014113405j:image

下った後は右折して道なりに進む

さっきの場所を左折しなくても同じ場所に出るようだった
f:id:prodigal04:20181014113920j:image

ココにも遍路道の道標

左下に進む
f:id:prodigal04:20181014113809j:image

池の側を通り、右を進むか左下に降りていくか、悩むが、結局は同じ場所に出る
f:id:prodigal04:20181014112801j:image

その後、所々にある遍路道の道標を頼りに進むが、途中で見なくなったから、多分、遍路道から外れてしまったんだと思う

それでも、進み、別格19番 香西寺に到着
f:id:prodigal04:20181014113017j:image

prodigal04.hatenablog.com

香西寺からは、舗装路を進む

この交差点を右折
f:id:prodigal04:20181014113814j:image

しばらく道幅の狭い車道を進み、県道33号線に出る
f:id:prodigal04:20181014112744j:image

県道33号線を進み、車を停めている鬼無駅の手前を左折
f:id:prodigal04:20181014113650j:image
鬼無駅の前を通り過ぎ、ココを左折して根香寺からの遍路道と合流
f:id:prodigal04:20181014112724j:image

ココは直進して、散髪屋さんの脇の道に入って行く
f:id:prodigal04:20181014113059j:image

裏道にあった「道端大師堂」
f:id:prodigal04:20181014113107j:image

細道から右折して橋のほうへ向かう
f:id:prodigal04:20181014113236j:image

橋を渡ったところに「顎無地蔵尊
f:id:prodigal04:20181014113512j:image

少し進むと「飯田お遍路休憩所」
f:id:prodigal04:20181014113220j:image

民家の一部を改装して休憩所として開放している感じ

なかなか、至れり尽くせりの休憩所
f:id:prodigal04:20181014113830j:image
f:id:prodigal04:20181014113103j:image
f:id:prodigal04:20181014113205j:image
f:id:prodigal04:20181014114813j:image

休憩所から、すぐの場所にある岩田神社の前を右折
f:id:prodigal04:20181014113045j:image

曲がると「飯田の観音さん」があった
f:id:prodigal04:20181014113757j:image
岩田神社御旅所のところを左折
f:id:prodigal04:20181014112735j:image

灯籠のある場所を右折して県道を進む
f:id:prodigal04:20181014113534j:image

県道に出てすぐ左折して、細道へ進む
f:id:prodigal04:20181014113026j:image

突き当たりを右折
f:id:prodigal04:20181014113538j:image

すぐに左折
f:id:prodigal04:20181014113826j:image

昔の道標がある場所を右折
f:id:prodigal04:20181014113727j:image

道なりに進むと右だけど、直進の道標シールがあったので直進する
f:id:prodigal04:20181014113124j:image

広い舗装路に出て、少し進むが左の細道に入って行く
f:id:prodigal04:20181014113002j:image

団地の横を通りながら進み、香東川に出たところを、遍路道は左下に降りていく
f:id:prodigal04:20181014112710j:image

川の岸まで降りると、工事中で歩行者も通れない・・・

仕方なく、来た道を戻り、自動車道の下に架かっている橋を渡る
f:id:prodigal04:20181014113144j:image

橋を渡った後、遍路道まで進み、遍路道と合流
f:id:prodigal04:20181014113528j:image

少し県道を進んだところに右折の道標シール

ただ、道がよく分からない
f:id:prodigal04:20181014112957j:image

シールの貼っている電柱のところで右を見ると、水路と水路の間に、とても細い道があった

どうも、コレらしい
f:id:prodigal04:20181014113508j:image

細道を進んだ後、今度は、道幅が同じ草が茂っている道

ただ、草が踏まれて、人が歩いている気配があったから、そのまま進む
f:id:prodigal04:20181014113840j:image

しばらく細道を道なりに進んだところに右折の道標シール
f:id:prodigal04:20181014112714j:image

県道に出て、西村ジョイの前を通り過ぎたところを左折
f:id:prodigal04:20181014113007j:image

再び細道を進む
f:id:prodigal04:20181014112807j:image

そのまま、西村ジョイの敷地内を横切る遍路道を進む
f:id:prodigal04:20181014113216j:image

道なりに進んだ後、日に焼けて消えかけている右折の道標の場所を右折
f:id:prodigal04:20181014113200j:image

国道32号線を横切り、しばらく道なりに細道を進む
f:id:prodigal04:20181014112750j:image

高松市立一宮小学校の横を通り、ヘンロ小屋24号 高松・一宮がある場所を右折
f:id:prodigal04:20181014113503j:image

県道12号線を横切り、しばらく進むと、83番 一宮寺
f:id:prodigal04:20181014113927j:image

prodigal04.hatenablog.com

 

一宮寺からの遍路道は、元札所 讃岐国一之宮 田村神社の方にある仁王門から続く
f:id:prodigal04:20181014113452j:image

一度、県道12号線を横切り、裏道に進む
f:id:prodigal04:20181014113944j:image

その後は、ひたすら高松の市街地に向かって進む
f:id:prodigal04:20181014113625j:image

特に、大きな曲がり角を曲がることなく瓦町まで進み、瓦町で今日の歩き遍路は打ち止め

瓦町から琴電高松築港に移動後、JR高松駅から鬼無駅に移動して、マイカーで帰宅

歩き遍路 40日目【日帰り】JR善通寺駅→76番 金倉寺→77番 道隆寺→78番 郷照寺79番 天皇寺→80番 国分寺→JR国分駅

JR善通寺駅[7:50]→76番 金倉寺[8:20]→77番 道隆寺[9:30]→78番 郷照寺[11:15]→79番 天皇寺[13:00]→80番 国分寺[14:30]→JR国分駅[15:00]

drive.google.com

 

移動時間 4:48:30
停止時間 2:17:39
距離 27.24 km
平均スピード 時速 5.67 km
最高スピード 時速 8.52 km
累計登り
累計降り
歩数 36,265歩
温度 30°C
湿度 94%

累計移動距離 1,184.92km

 

今回も多度津駅の駐車場に車を停める

f:id:prodigal04:20181008113919j:image

善通寺駅まで移動して、歩き遍路、再開
f:id:prodigal04:20181008113811j:image

北に進んで、遍路道を目指す

この敷地を横切るように遍路道がある

f:id:prodigal04:20181008113756j:image

この道が、歩き遍路道

JRの線路の下を潜る
f:id:prodigal04:20181008113942j:image

県道25号線を横切って、遍路道は向こう側に続く
f:id:prodigal04:20181008114022j:image

今度は、中央分離帯がある県道24号線を横切る
f:id:prodigal04:20181008113834j:image

すぐに分岐があって、遍路道は右へ
f:id:prodigal04:20181008113855j:image

このまま道なりかなって思ってたら、いきなり左折
f:id:prodigal04:20181008113817j:image

自動車道の善通寺ICの下を潜って、真っ直ぐ進むと、76番 金倉寺の正面に出る
f:id:prodigal04:20181008113735j:image

 

prodigal04.hatenablog.com

 

金倉寺の駐車場の横を通って北に進む

歩き遍路の地図は、大きな通りを横切って、直進するようになってるけど、直進出来そうな道が無いな〜って思いながら、大きな通りに近づく

先行していた夫婦の歩き遍路さんも、迷っているみたいで、地元のうどん屋さんに道を尋ねてる様子

通りに出たところに、左折の道標シールがあったから、自分は左折

左折して、すぐ右折の道標シールf:id:prodigal04:20181008114015j:image

しばらく道なりに進んで、国道11号線の下を潜る
f:id:prodigal04:20181008113830j:image

田んぼの中を進んで、電柱がある場所を右折
f:id:prodigal04:20181008114033j:image

道標のとおりに進んで、ここを左折
f:id:prodigal04:20181008113803j:image

木の茂っている未舗装の道を進んで、舗装路に出た所に、願掛け地蔵堂
f:id:prodigal04:20181008114010j:image

その後は、細い舗装路を、ひたすら進むと、多度津自動車学校の手前に、大多度津大師堂
f:id:prodigal04:20181008113822j:image

大師堂から少し進んだ所を右折
f:id:prodigal04:20181008113826j:image

少し進んだ所を左折
f:id:prodigal04:20181008113911j:image

77番 道隆寺の正面に出てきた
f:id:prodigal04:20181008113937j:image

prodigal04.hatenablog.com

道隆寺から郷照寺への道は、歩き遍路地図では、県道を、ひたすら進むようになっていたが、ココを右折して裏道へ
f:id:prodigal04:20181008113915j:image

丸亀の手前までは、こんな感じで県道と併走する裏道を歩く
f:id:prodigal04:20181008114044j:image

丸亀の街は、大きな通りを進む
丸亀の街の信号が、中々の曲者で、全ての信号に捕まる
信号が青になって、横断歩道を渡り、次の横断歩道を渡る手前で、青が点滅始める
少し歩いて、信号で止まるを、繰り返すので、フラストレーションが溜まりまくり

丸亀の街を抜けた後の橋を渡った後、右側の裏道へ
f:id:prodigal04:20181008113807j:image

一度、県道に戻るが、すぐに裏道へ
f:id:prodigal04:20181008113859j:image

郷照寺の手前で、また県道に戻るが、すぐに裏道へ
f:id:prodigal04:20181008113838j:image

裏道に入った後、ココを右折して、少し坂を登る
f:id:prodigal04:20181008113728j:image

郷照寺手前の古い町並みを眺めながら進み、郷照寺に到着
f:id:prodigal04:20181008114103j:image

prodigal04.hatenablog.com

道隆寺から郷照寺は、7.2kmで、1時間20分くらい歩くが、休み無しで歩ける距離

ただ、郷照寺に到着して、誤算だったのは、納経所の裏のトイレの所に1個しかベンチが無い事
しかも、女子トイレ側の壁に設置されてたから、荷造りの時間だけ座って、早々に出発
ベンチが無い霊場は、初めてかも
車やツアーの遍路なら、あまり気にならないかもしれないけど、歩き遍路には、鬼のような霊場だった

郷照寺からの道は、しばらく細い舗装路を進む

県道33号線も、一度、下を潜り反対側へ出る
f:id:prodigal04:20181008114028j:image

県道33号線の反対側も裏道を通るが、ヘンロ小屋42号 「宇多津 蛭田池公園」に寄るために県道へ出る
f:id:prodigal04:20181008114003j:image

ヘンロ小屋で少し休憩してから県道を進み、次の交差点で遍路道に戻る

ただ、ここの道標が微妙で、本来は田尾坂公園を横切るのが正解のようだが、公園に入らないような道標だったので公園に入らず進むと、そこは突き当たりのT字路

右・左の道標もなく、勘で、右折して、すぐある交差点を左折

結果的には同じ場所に出てくるが、左折して右折するのが正しい

そのまま、真っ直ぐの裏道を進み、その先にある本町商店街を歩く

やはり、この手の商店街は、この時代、シャッター通りになっていて開店しているのは数えるほどだった
f:id:prodigal04:20181008114058j:image

商店街を抜けてからも、直進するが、道幅は広がる

しばらく進むと、ヘンロ小屋46号 坂出江尻

バスの停留所と同じ場所だったので、ただのバス停と思い、通り過ぎかけた
f:id:prodigal04:20181008113923j:image
f:id:prodigal04:20181008113953j:image

そのまま、通りを、真っ直ぐ進んで、天皇寺の手前で裏道に入る
f:id:prodigal04:20181008113739j:image

裏道に入った後、JRの線路を横切った後は、緩やかな坂を登ると、八十場の清水
f:id:prodigal04:20181008114038j:image

「ところてん」が食べられる店があった
f:id:prodigal04:20181008114110j:image

店の前を通り過ぎ、ココを左の方へ進むと、元札所 白峯宮
f:id:prodigal04:20181008113958j:image

元札所 白峰宮の境内には、裏から「こんにちは」
f:id:prodigal04:20181008113848j:image

prodigal04.hatenablog.com

天皇寺から表参道を下り、線路沿いまで出て、ココで左折するかと思ったら、直進して、しばらく、裏道を進む
f:id:prodigal04:20181008113743j:image

JR鴨川駅の手前で線路を渡り、県道を進む

鴨川駅の正面に来たところで、左折して、駅の反対側に進んで綾川に掛かる橋を渡る

渡ったところで右折して、しばらく土手を歩く

歩き遍路の地図には、次の橋のところに「歩き遍路 休憩所」があるようになっていて、実際にあったが敷地の中に入ってみたけど、普通の民家で、誰も居ないように感じたので、スルーした
f:id:prodigal04:20181008113844j:image

休憩所からも綾川の土手を進む
f:id:prodigal04:20181008113749j:image

山下うどんを越えたところに、遍路道の案内看板があった
f:id:prodigal04:20181008114054j:image

看板通りに、国道11号線の下を潜ってコンクリートの階段を登って、国道11号線に出て、しばらく進む

国分寺への分岐を降りて、県道に出る手前で左折して裏道へ
f:id:prodigal04:20181008114049j:image

曲がると、見える登り坂を登る
f:id:prodigal04:20181008113930j:image

登り坂は、すぐに終わって、裏道をしばらく進むと、80番 国分寺
f:id:prodigal04:20181008113904j:image

prodigal04.hatenablog.com

納経は15時には終わったが、国分寺から白峰寺までは2時間、白峰寺から根香寺まで1時間30分
根香寺は、山の中なので、日が暮れてからも、歩くコトになるから、今回は、国分寺で打ち止め

JR国分駅まで歩き、国分駅から多度津駅に列車で向かう
f:id:prodigal04:20181008113947j:image

この日は、台風25号が北寄りに逸れたが接近していたので、風が強く、多度津に向かう観音寺行きの列車は、多度津で止まってしまい、そこから西へは、いつ再開されるか分からない状況だった

自分は、たまたま、多度津駅に駐車していたから良かったけど、多度津駅で降りた乗客は、あたふたしている人が多かった

歩き遍路39日目【日帰り】JR海岸寺駅→別格18番 海岸寺→72番 曼荼羅寺→73番 出釈迦寺→74番 甲山寺→75番 善通寺→別格 17番 神野寺→JR塩入駅

JR海岸寺駅[7:15]→別格18番 海岸寺[7:20]→72番 曼荼羅寺[8:45]→73番 出釈迦寺[9:10]→74番 甲山寺[10:00]→75番 善通寺[10:35]→別格 17番 神野寺[13:35]→JR塩入駅[14:00]

 

drive.google.com

 

移動時間 4:28:10
停止時間 2:15:23
距離 25.03 km
平均スピード 時速 5.60 km
最高スピード 時速 7.26 km
累計登り 250m
累計降り 105m
歩数 33,443歩
温度 22°C
湿度 94%

累計移動距離:1,157.68km

 

昨日と同様に、多度津駅の駐車場に車を入れて、多度津駅から、7時9分、海岸寺駅着の列車に乗り、海岸寺駅から、スタート

f:id:prodigal04:20180924145310j:image

海岸寺駅っていうだけあって、海岸寺までは5分もかからない
f:id:prodigal04:20180924145039j:image

prodigal04.hatenablog.com

 

海岸寺では、朝早いので鐘はつかず、納経を済ませて、納経所に行くと誰も居ない
「不在の時は、梵鐘を鳴らして下さい」の貼り紙
ココで、鐘をつくと、「戻り鐘」になる

誰か参拝に来たら、鐘を突いてもらおうと思って、しばらく待ったけど、誰も来ない
自分で鐘をついて、もう一度、納経しようと思って、鐘をつこうとすると、橦木が鐘楼の梁に擦れて、橦木の勢いが落ちて、止まりかけて、「コン」って鳴る程度
3回、チャレンジしたけど、同じ結果になって、諦めたところに、納経所の方がやって来た
再び、納経して、御朱印を頂いた

 

海岸寺を出て、東に進み、橋の所まで行く

「四国遍路ひとり歩き同行二人(地図編)」は、ココから斜めに線が引かれてるけど、やっぱり、そんな道無いよね〜

て、思ったら、ガードレールに右折の道標シール

海岸寺から、72番 曼荼羅寺までは、この消えかけの遍路道の道標シールが役に立った
f:id:prodigal04:20180924145043j:image

少し進んで、左折して川を渡る
f:id:prodigal04:20180924145006j:image

橋を渡った後は、直進
f:id:prodigal04:20180924145048j:image

そこからのすぐのカーブミラーに道標シール、右折
f:id:prodigal04:20180924145103j:image

ココの電柱に道標シール、次の交差点を左折
f:id:prodigal04:20180924145148j:image

仏母院の所を右折
f:id:prodigal04:20180924145034j:image

地図を見ると一本道に見えたから油断してたら、ココを右折

消えかけの道標シールが無かったら、直進してしまうとこだった
f:id:prodigal04:20180924145029j:image

その後は、しばらく、道なりに進んで、この信号を右折して、国道11号線を進む
f:id:prodigal04:20180924144951j:image

歩道橋の所を左折して自動車道の下を潜る
f:id:prodigal04:20180924144937j:image

右の山の方に、曼荼羅寺出釈迦寺が見えてきた

山頂近くに見えるの捨身ヶ嶽ヶ嶽かな?
f:id:prodigal04:20180924144916j:image

次の信号がある交差点を右折
f:id:prodigal04:20180924145315j:image

少しだけ進んで、横断歩道のある交差点を左折
f:id:prodigal04:20180924144927j:image

緩い登り坂を登っていく
f:id:prodigal04:20180924145011j:image

ココは右折
f:id:prodigal04:20180924145159j:image

道なりに進むと曼荼羅寺の仁王門が見えてきた
f:id:prodigal04:20180924145025j:image

曼荼羅寺 仁王門
f:id:prodigal04:20180924145133j:image

prodigal04.hatenablog.com

 

曼荼羅寺から、急勾配の坂を登ったところに73番 出釈迦寺
f:id:prodigal04:20180924145305j:image

prodigal04.hatenablog.com

出釈迦寺の境内から山頂の方を見ると、捨身ヶ嶽 本堂が見える
f:id:prodigal04:20180924145119j:image

出釈迦寺からの眺め
f:id:prodigal04:20180924145214j:image

出釈迦寺から曼荼羅寺の横を直進して、道なりに進んで、団地の横の交差点を左折
f:id:prodigal04:20180924145209j:image

次の交差点を右折

ここからは、「四国のみち」の道標に助けられる
f:id:prodigal04:20180924145347j:image

道なりに進んで、県道を横切る
f:id:prodigal04:20180924145053j:image

横切って、すぐの「四国のみち」道標の所を右折
f:id:prodigal04:20180924145154j:image

その後は、細い舗装路の裏道を進んで、甲山寺には、駐車場の反対側から境内に入る
f:id:prodigal04:20180924144956j:image

prodigal04.hatenablog.com

甲山寺に入った所にある橋を渡って、対岸沿いを歩いて、善通寺に向かう
f:id:prodigal04:20180924144932j:image

ココの橋を渡って、反対の対岸沿いを歩く
f:id:prodigal04:20180924145204j:image

次の交差点を右折
f:id:prodigal04:20180924145253j:image

この交差点を左折して、しばらく進む
f:id:prodigal04:20180924145248j:image

ココを右折すると、善通寺までは直進
f:id:prodigal04:20180924145242j:image

道幅が狭くなって、かたパンの店の前を通って、善通寺
f:id:prodigal04:20180924145321j:image

このまま進んで、善通寺の本堂のある敷地と御影堂のある敷地の間を走る細道からアクセス
善通寺 仁王門
f:id:prodigal04:20180924145114j:image

善通寺に着いた時に、自分が境内のどの辺りにいて、どちらを向いてるのか、すぐにつかめず、ぼーっとしてると、昨日会ったイタリア出身の彼に再会
「本堂は、アッチ。御影堂と納経所は、コッチ」と日本語で教えてもらった

prodigal04.hatenablog.com

 

善通寺の本堂がある東院の南大門から出て、別格17番 神野寺に向かう

76番 金倉寺に向かう場合は、赤門から出る
f:id:prodigal04:20180924145015j:image

自衛隊の駐屯地の横を通り、バス停(自衛隊正門)を越えた、この交差点を左折

f:id:prodigal04:20180924145108j:image

バス停(善通寺南口)を越えた所を右折
f:id:prodigal04:20180924145128j:image

すぐに左折
f:id:prodigal04:20180924145020j:image

しばらく道なりに進んだ後は、JRの線路の西側の道をひたすら進む

東側の道を進むルートもあるが、ソッチは交通量が多いから遠慮した
f:id:prodigal04:20180924145058j:image

金毘羅さんの手前で、まさかの登り坂とトンネル
f:id:prodigal04:20180924145259j:image

金毘羅さんの参道に向かう時に、よく通る道に出てきた
f:id:prodigal04:20180924144923j:image

「金毘羅さん」の参道の前を通る
f:id:prodigal04:20180924145326j:image

左折した後の遍路道は、かなり細く道標も無いから、地図とYAMAPをフル活用で乗り切る
f:id:prodigal04:20180924145123j:image

JRの線路を横切った後、国道32号線の下を潜る
f:id:prodigal04:20180924145001j:image

満濃池大師堂
f:id:prodigal04:20180924144947j:image

神野寺の手前は急勾配の上り坂で、かなり疲れた
f:id:prodigal04:20180924145138j:image

別格17番 神野寺に到着
f:id:prodigal04:20180924144942j:image

prodigal04.hatenablog.com

 

神野寺からJR塩入駅に向かい、時間は早いけど、今日の歩き遍路は打ち止め
f:id:prodigal04:20180924145143j:image

JR塩入駅から多度津駅に向かう