タクボンのお遍路日記

お遍路の事を綴っていきます

歩き遍路31日目【日帰り】 竜→36番 青龍寺→別格5番 大善寺→JR土佐久礼

竜(とさでん)[8:12]→36番 青龍寺[8:30]→埋立[9:35]→横浪[10:55]→仏坂不動尊[11:50]→別格5番 大善寺[13:20]→JR土佐久礼駅[16:40]

 

drive.google.com

 

移動時間 4:55:26
停止時間 3:20:26
距離 29.31 km
平均スピード 時速 5.95 km
最高スピード 時速 7.75 km
累計登り 971m
累計降り 968m
歩数 38,975歩
温度 21°C
湿度 64%
風速 9 km/時 N

 

累計移動距離 901.80km

 

埋立からの巡航船に乗るために、お遍路に行く日を、なかなか決める事が出来なくて、20日ぶりのお遍路
巡航船、日曜は休みだし、1日3便しかないので、休日遍路の身としては、日程設定が難しかった
今日、先日の振替休日を取れたので、やっと行く事が出来た

 

まずは、ゴール予定近くで駐車できそうなJR土佐新荘駅に車を停める

時間があれば土佐新荘駅の近くの道の駅「かわうその里 すさき」に停めようと考えていたが、時間が無くて諦めた

(6時21分の列車を逃すと10時の巡航船に乗る事が出来ない)

f:id:prodigal04:20180421152203j:image

宇佐大橋までの打ち戻りの事と巡航船の時間の事を考えて、前回、打ち止めした「宮前スカイライン入口」ではなく、青龍寺手前の「竜」までバスで移動してから、打ち始め
(往復の往路は、割愛させて頂いた)

土佐新荘駅からは列車とバスを都会並みの乗り換えで、青龍寺近くのバス停「竜」に向かう

この乗り換えを失敗すると、次に「竜」に着くのは10時を越えてしまう

f:id:prodigal04:20180421152217p:image

バス停「竜」は、三陽荘のすぐ隣り

f:id:prodigal04:20180421152504j:image

f:id:prodigal04:20180421152241j:image

バス停「竜」を出発して、すぐに右折

f:id:prodigal04:20180421152300j:image

右折してから、しばらく道なりに進む

f:id:prodigal04:20180421152341j:image

突き当たりの三叉路を左折

f:id:prodigal04:20180421152409j:image

少し進むと木の向こうに青龍寺が見えてくる

ここからの車道は、少し狭いので、側道を歩く

f:id:prodigal04:20180421152445j:image

この側道、どこまで行けるのだろうと思いながら進み、途中で車道の方に戻った

着いてみると、かなり近くまで側道で行ける事が分かった

f:id:prodigal04:20180421152532j:image

青龍寺に到着。

手前には、駐車場がある

f:id:prodigal04:20180421152548j:image

納経所の前を通り過ぎ、仁王門へ

f:id:prodigal04:20180421152648j:image

prodigal04.hatenablog.com

青龍寺を参拝した後は、宇佐大橋の方に戻る

ここから側道の方へ行く事が出来る

f:id:prodigal04:20180421152709j:image

途中の川を渡り畦を通り側道へ

f:id:prodigal04:20180421152719j:image

来るときに曲がった三叉路を反対から来ると「旧へんろ道」の看板

後ろ髪を引かれる気分だが、巡航船の時間に遅れるわけにはいかないので今回は諦めて来た道へ進む

f:id:prodigal04:20180421152729j:image

三陽荘の所まで戻ってきた

f:id:prodigal04:20180421152741j:image

県道47号線を進み、宇佐大橋を渡る

宇佐大橋は段差のある歩道があったので安心して通る事が出来た

f:id:prodigal04:20180421152752j:image

宇佐大橋を渡った後は、県道23号線を西へ進む

橋を渡って、左折

f:id:prodigal04:20180421152804j:image

少し進んだところに、遍路マークのある小屋

何だろうと思ったら休憩所だった

f:id:prodigal04:20180421152814j:image

休憩所の中の様子

f:id:prodigal04:20180421152824j:image

しばらく道なりに進み、大きく右に曲がるところに、埋立の巡航船乗り場

f:id:prodigal04:20180421152834j:image

カーブミラーに乗り場の案内標識

分かりにくいとの情報があったので、気をつけていたので見逃す事は無かった

f:id:prodigal04:20180421152846j:image

案内標識に従い建物の裏側へ進む

f:id:prodigal04:20180421152856j:image

乗り場の手前に待合所

待合室には、初め1人のお遍路さんだけだったが、出発時刻には、自分を含めて7人のお遍路がやってきた

f:id:prodigal04:20180421152908j:image

巡航船|須崎市

f:id:prodigal04:20180421152930j:image

出発10分前から乗船できる

f:id:prodigal04:20180421152940j:image

巡航船に、1時間程度、乗って横波へ向かう

ここから5ヵ所の乗り場を経由して横浪まで、巡航船に乗ったけど、結局、巡航船に乗ったのは、初めに乗った7人のお遍路さんだけ

横波の乗り場は、こんな感じ

f:id:prodigal04:20180421152952j:image

横浪から須崎には、山道を通り仏坂不動尊を経由するルートと県道23号線を通りヘンロ小屋「須崎」を経由するルートがある
自分は、山道を通るルートを選択

道路標識があるところが、分岐点かな思いながら近づく

f:id:prodigal04:20180421153001j:image

ちゃんと、遍路の道標がありました

f:id:prodigal04:20180421153008j:image

分岐の後、すぐ交差点があるが、ここは直進

f:id:prodigal04:20180421153023j:image

途中、「小学生、お遍路さん トイレ」と書かれた民間企業提供のトイレがありました

f:id:prodigal04:20180421153033j:image

小学校の前を通り過ぎ、少し進んだところに休憩所があった

f:id:prodigal04:20180421153041j:image

中は、こんな感じ

f:id:prodigal04:20180421153100j:image

川沿いを、しばらく進んで、右折する場所ある道標

f:id:prodigal04:20180421153110j:image

道標は分かりやすく書かれていました

f:id:prodigal04:20180421153131j:image

f:id:prodigal04:20180421153206j:image

右折した後、少し進んだところに、遍路道の登り口

f:id:prodigal04:20180421153218j:image

山道は、すぐに終わり、その後は舗装路で、ダラダラ登っていく

f:id:prodigal04:20180421153252j:image

峠を越えたところに仏坂不動尊への遍路道の分岐

f:id:prodigal04:20180421153318j:image

下り初めは土の道

f:id:prodigal04:20180421153350j:image

石畳の道に変わり、急勾配になる

f:id:prodigal04:20180421153401j:image

降りてきたところに、急に仏坂不動尊の建物が現れる
焼山寺の前の柳水庵と、そっくりな現れ方

f:id:prodigal04:20180421153428j:image

本堂

f:id:prodigal04:20180421153435j:image

仏坂不動尊からは、舗装路をダラダラ降る

f:id:prodigal04:20180421153450j:image

橋を渡り広い道に出る

f:id:prodigal04:20180421153458j:image

川沿いを道なりに進む

f:id:prodigal04:20180421153506j:image

道なりに進み、川から離れて、ビニールハウスが建ち並ぶ舗装路を進む

f:id:prodigal04:20180421153532j:image

川を渡る手前を左折して川沿いを歩く

f:id:prodigal04:20180421153540j:image

しばらく川の左側を進む

f:id:prodigal04:20180421153550j:image

この橋を渡り、今度は対岸の川沿いを進む

f:id:prodigal04:20180421153601j:image

川の右側を進む

f:id:prodigal04:20180421153610j:image

道幅は広がっても、川の右側を更に進む

f:id:prodigal04:20180421153619j:image

川沿いの道から右折してJR大間駅の方へ進み、国道56号線に出る

しばらく国道を進んだ後、自動車道の下を潜り須崎市内へ向かう

f:id:prodigal04:20180421153626j:image

別格5番 大善寺へは、トンネルの手前を左折

f:id:prodigal04:20180421153643j:image

大善寺の納経所のあるマンションの前を通り過ぎ、右折すると、すぐ大善寺がある

f:id:prodigal04:20180421153655j:image

道ばたに大師堂

本堂は裏山の上

f:id:prodigal04:20180421153702j:image

prodigal04.hatenablog.com

大善寺を出て、フジ(スーパーマーケット)の裏手の場所を左折して、JR土佐新荘駅の方へ向かう

ここの道標は、かなり分かりにくい 

f:id:prodigal04:20180421153713j:image

JR土佐新荘駅の前を通り、自分の車を眺めながら、先に進む

国道56号線に出て、しばらく国道を進む

ここからは、トンネル3つがある登り坂

f:id:prodigal04:20180421153734j:image

1つ目の角谷トンネル

f:id:prodigal04:20180421153740j:image

歩道は、少し広めだけど段差が無いので、少し怖い

最近は、腕に巻く反射帯を常備しているので、巻いて通過

f:id:prodigal04:20180421153748j:image

2つ目の久保宇津トンネル

ここの歩道も同じ

f:id:prodigal04:20180421153755j:image

3つ目のトンネルも同じ造り

変わり映えしないので写真は割愛した

14時40分に、JR安和駅を通過

この後、標高200mの焼坂峠があり、次の駅(土佐久礼駅)までの距離が7km

列車の時間が16時58分

山道なので、時間的に微妙だな~っと思ったが、最悪19時5分の列車があるので、先に進む事にした

f:id:prodigal04:20180421153803j:image

安和駅を越えて線路の下を潜った後、右斜めに進み、国道から離れる

f:id:prodigal04:20180421153810j:image

しばらくは、舗装路をダラダラ登る

f:id:prodigal04:20180421153817j:image

線路の下を潜り、反対側を進む

f:id:prodigal04:20180421153823j:image

車道から山道に入るところで、一息入れながら、四国遍路ひとり歩き同行二人【地図編】を確認したら 、この先、距離500mで、標高190mを登るようになっていて、思わず二度見してしまった

実際、登ると、かなりの急勾配
あとで記録を見てみても、そうなっていた。
おかげで登るのに30分もかかってしまった

f:id:prodigal04:20180421153829j:image

山道の入口は、そこそこの急勾配

f:id:prodigal04:20180421153835j:image

道は石畳になり、更に勾配がキツくなる

f:id:prodigal04:20180421153842j:image

石畳の道の登り口には注意書きが・・・

f:id:prodigal04:20180421153854j:image

途中、数カ所、道の上から石が落ちてきていたり、路肩が崩れかけている箇所があった

f:id:prodigal04:20180421153914j:image

一度、未舗装の車道に出るが、横切って進む

f:id:prodigal04:20180421153900j:image

再び車道に出たところが焼坂峠

f:id:prodigal04:20180421153927j:image

登りとは全く違う歩きやすい道になる

f:id:prodigal04:20180421153935j:image

しばらく進むが、緩やかな下りで標高があまり下がらない

f:id:prodigal04:20180421153941j:image

太龍寺の後の「いわや道」と同じ感じだな~っと思っていたら
案の定、最後は急勾配の降り

f:id:prodigal04:20180421154007j:image

山道から自動車道が見える舗装路に出る

f:id:prodigal04:20180421153949j:image

そこから下りJR予土線沿いの道を進み、国道56号線に出る

f:id:prodigal04:20180421154025j:image

しばらく国道56号線を進む

ただ、車が、ほとんど通らない・・・

無料区間の自動車道が併走しているからか?

f:id:prodigal04:20180421154027j:image

国道が予土線の上を通る手前を左の側道に入り、久礼の町の方へ進む

f:id:prodigal04:20180421154033j:image

久礼の町に入った時点で16時30分を過ぎていた

かなり焦りながら足を動かす

f:id:prodigal04:20180421154040j:image

16時40分、JR土佐久礼駅に到着

焦っていた割に早く着いた

今日の歩き遍路は、ここで打ち止め

f:id:prodigal04:20180421154045j:image

歩き遍路 30日目【日帰り】池通技術学校前→33番 雪蹊寺→34番 種間寺→35番 清瀧寺→宮前スカイライン入口

池通技術学校前[8:45]→33番 雪蹊寺[10:30]→34番 種間寺[11:50]→35番 清瀧寺[14:05]→宮前スカイライン入口[17:10]

 

drive.google.com

 

移動時間 5:35:24
停止時間 2:49:31
距離 32.64 km
平均スピード 時速 5.84 km
最高スピード 時速 9.63 km
累積登り 964m
累積降り 965m
歩数 43,108
温度 18°C
湿度 51%
風速 13 km/時 NNW

累積移動距離 872.49km

 

20日ぶりの歩き遍路
季節が良くなり、歩き遍路さんをよく見かけるようになって、ウズウズ

(ちなみに、通勤路は52番太山寺と53番円明寺の遍路道仕事)

でも、年度末のバタバタと中国出張で、行きたいのに、行けなかった。

やっと、歩き遍路に行く事が出来たのに、高知の桜は、だいぶ散り始めて、葉桜になり始めてた。

ちょっと、残念。

前回、打ち止めした池通技術学校前(バス停)まで行く時間を考えると、歩き始めは9時頃だから、清瀧寺を打って、土佐市まで戻ってきた24kmくらいかな〜。

打ち始めと打ち止め場所の行き帰りを考えて、はりまや橋近くに車を停めて、バスで移動する事に。

はりまや橋は、様々な路線バスと路面電車が通過してる便利な場所

f:id:prodigal04:20180402215750j:image

車は、はりまや橋近くのタイムズ トーエイパーキングに駐車。

この駐車場、24時間駐車しても700円。

 

はりまや橋からは「MY遊バス」で、池通技術学校前に移動。

このバス、竹林寺の前と禅師峰寺の近くを通って、桂浜まで行く、お遍路さんには便利なバス。

ただ、一律、1,000円と少々高め

f:id:prodigal04:20180402220503j:image

8時45分、池通技術学校前からスタートして、県営渡船の乗り場へ向かう

f:id:prodigal04:20180401192427j:image

歩き始めて、すぐ車道が大きく左に曲がる場所を右に曲がる

f:id:prodigal04:20180401192443j:image

その後は、県道の下を潜る

f:id:prodigal04:20180401192459j:image

潜った後、少し進んだ所に散り始めた桜の木

あと1週間早く来たかったな〜

f:id:prodigal04:20180401192514j:image

道は、平坦だけど、段々、細くなる

交通量は少ないから、そんなに怖くない

f:id:prodigal04:20180401192526j:image

大きな交差点を横切ると、少し道幅が広がる

ただ、交通量が意外に多くて、車同士が離合するタイミングに出会うと、車が側をすり抜けて行って怖い

f:id:prodigal04:20180401204318j:image

しばらく進むと、左手に浦戸大橋が見えた。

浦戸大橋を渡るルートは、以前、車遍路の時に通って時、段差のある歩道じゃなかったのを見て、「無いな」っと思った。

f:id:prodigal04:20180401192709j:image

そこから、すぐ「渡船場」の道路標識

f:id:prodigal04:20180401200755j:image

船場に着いたのは、9時25分。

この時点で45分待ち。

県営渡船 | 高知県庁ホームページ

f:id:prodigal04:20180401200809j:image

時刻表を見た時点で、自分が「長浜」と「種崎」のどちらにいるのか分からなかった

「種崎」が 正解。

で、平日と日曜では、少し時間が違うんだけど、どこが違うのか、探してみよ〜

f:id:prodigal04:20180401200829j:image

船場には、待合室があった

f:id:prodigal04:20180401200903j:image

色んな言語の時刻表

英語、北京語 簡体字、韓国語、北京語 繁体字

f:id:prodigal04:20180401200916j:image

着いた時点で、お遍路さんは、誰も居なかったのに

待ってる間に、4人の歩き遍路さんと自転車の遍路さんが1人、やってきた。

良い季節になって、天気も良かったから、やっぱり多いね〜

出発時間が近づくと、地元の学生や主婦、おじちゃんなど、続々と集まってきた

船が着くと、乗り場のゲートが開く

f:id:prodigal04:20180401200928j:image

船の上からの眺め

乗船して、もう対岸の桟橋が見えてる

f:id:prodigal04:20180401200941j:image

船を下りた後、同じペースで歩く遍路さんが、すぐ後ろを着いてきていて、足音が、ずっーと後ろから聞こえて、と〜ても歩きづらかった。

f:id:prodigal04:20180401200956j:image

雪蹊寺までは、ほぼ直進するだけなので、迷うことはない

f:id:prodigal04:20180401201007j:image

この交差点も左斜め前に進む

f:id:prodigal04:20180401201057j:image

大きく右に曲がる道を進んでると、雪蹊寺が、突然現れる。

船を降りてから、約15分で到着。

f:id:prodigal04:20180401201113j:image

 

prodigal04.hatenablog.com

雪蹊寺の境内から出て、来た方角の反対に向かって進む

大きく左に曲がった後、橋の上に繋がる県道34号線の下を潜る

f:id:prodigal04:20180401201202j:image

橋の向こうの合流点を更に真っ直ぐ進む

f:id:prodigal04:20180401201236j:image

雪蹊寺から出た後も、歩き遍路のおっちゃんが、ずっと後ろに張り付いてる

歩きづらい(-.-#)

自分の方が、若干ペースが速いから、徐々に引き離すけど、地図を確認したりして、ペースが落ちると、すぐ追いついてくる

しばらく川沿いの県道を進んで

橋を渡った所で、斜め右の農道に入っていく

f:id:prodigal04:20180401201311j:image

田植え前の水を張った田んぼの間を通る農道を進む

f:id:prodigal04:20180401201410j:image

突き当たりを左折

f:id:prodigal04:20180401201427j:image

小高い山を越え、下る途中で、右折。

f:id:prodigal04:20180401201620j:image

山道になるのかと期待したけど、すぐに木の茂る道は終わって、平坦な道を歩く

f:id:prodigal04:20180401201630j:image

民家と田んぼがある田舎道を進む

軽トラが止まってる道に曲がって、34番 奥の院に行くルートもあるが、直進するルートを選択。

f:id:prodigal04:20180401201643j:image

道なりに、進む

f:id:prodigal04:20180401201656j:image

ここを右折

f:id:prodigal04:20180401201705j:image

田んぼの間の農道を進む

f:id:prodigal04:20180401201720j:image

県道278号線に出るが、横切って、直進

f:id:prodigal04:20180401201751j:image

その後も、道なりに進んで、新川川に架かる橋を渡る

f:id:prodigal04:20180401201855j:image

県道279号線に出るので、右折して、県道を進む

f:id:prodigal04:20180401202007j:image

「用水に沿って2kmの標識」の通り、種間寺まで用水路の横を、ひたすら進む

f:id:prodigal04:20180401202027j:image

ここで、用水路の上を通り、用水路は、右側から左側へ

f:id:prodigal04:20180401202047j:image

しばらく進むと、前の方に種間寺が見えてきた

f:id:prodigal04:20180401202101j:image

種間寺の手前の水路の脇には紫陽花がいっぱい植えられていた

6月頃は綺麗かも

f:id:prodigal04:20180401202113j:image

雪蹊寺から種間寺までは、道標が、キチンとあって分かり易かった。
時間も1時間程度なので、休憩無しで歩くのに、ちょうど良い。

f:id:prodigal04:20180401202147j:image

prodigal04.hatenablog.com

種間寺の境内から左折して進む

f:id:prodigal04:20180401202208j:image

種間寺を出発して、すぐの分岐で、道路標識は右折。

右のガードレールの所には、直進と右折の両方の歩き遍路の道標。

種間寺から清瀧寺までの遍路道は、分かりづらいとの情報があったけど、50mも進んでないのに、やってくれます。
ここは、四国遍路ひとり歩き同行二人【地図編】の通り、直進。

f:id:prodigal04:20180401202218j:image

この後、しばらく道なりに進む

f:id:prodigal04:20180401202230j:image

ここも、川を渡り、白線のある道を進む

f:id:prodigal04:20180401202313j:image

歩いてる時に、薄いピンクの花が咲く木に、点々と濃いピンクの花が咲いているのを見かけた。

1本の木に、2色の花が咲いて、とても綺麗だった。

後で調べてみるたら、源平花桃というらしい

f:id:prodigal04:20180401202329j:image

段々、道幅が細くなる

f:id:prodigal04:20180401202344j:image

信号のある交差点に出るが、ここは直進

f:id:prodigal04:20180401202354j:image

しばらく進むと、道が二股に分かれる

ここは、右側の道へ

f:id:prodigal04:20180401202428j:image

橋を渡ると、少し広い道に出るので、左折して仁淀川の土手の方へ向かう

f:id:prodigal04:20180401202445j:image

仁淀川の土手下に出た時点で、先行する遍路さんが二人。500m先を行く遍路さんは、土手上を歩いている。

300m先を行く遍路さんは、多分、その人を見つけて、土手上に上って、地元の人と話した後、そのまま土手上を歩き始めた。

f:id:prodigal04:20180401202523j:image

自分は、土手下を歩いていて、歩き遍路の道標がないのと、土手上には木製の標識があるので、上が正解かな?と思いながら歩いてると、正面から逆打ちの遍路さんがやってきた。
その人に聞くと、土手上を歩くと、これから渡る仁淀川を手前の橋で渡るようになり、対岸の土手上に行けなくなるから、このまま土手下を歩いて、一度、橋の下を潜ってから土手上に登り、少し戻って奥側の橋を渡らないと行けないらしい。
多分、四国遍路ひとり歩き同行二人【地図編】を見ていたら、間違うと思う。YAMAPの地図データを信じれば正解。

f:id:prodigal04:20180401202537j:image

手前の橋を潜った後、奥の橋の下も潜る

潜る時は手前で左側の道を通る

f:id:prodigal04:20180401202613j:image

奥の橋を潜った後、階段で土手の上に登って、奥の橋まで戻って、歩道を歩く。

f:id:prodigal04:20180401202631j:image

橋の上からの眺め

f:id:prodigal04:20180401202704j:image

で、先行していた土手上を歩いていた遍路さんは、対岸に信号や横断歩道がないことに戸惑っていたけど、最終的に車の切れ目で、横切っていた。

国道56号線なので、車の通りは多い

f:id:prodigal04:20180401202802j:image

対岸に渡った時点で、300m先を行く遍路さんは、遍路道から外れて、どこかへ。

500m先を行く遍路さんは、対岸の土手上を先行していた。

f:id:prodigal04:20180401202812j:image

土手上を、しばらく進んだ所で、先行する遍路さんは、地図に出ている左折の場所より手前で、なぜか、左折した。
自分も、そこまで来て、納得。

左折の道標があったからだった。

自分も左折して、先に進む。

f:id:prodigal04:20180401202840j:image

国道56号線に出合うが、横切って、そのまま直進。

f:id:prodigal04:20180401202853j:image

自転車屋さんのある交差点で、青龍寺は左折・清瀧寺は右折の道標。

先行する遍路さんは、まさかの左折

大丈夫なの?
(という、自分も初めて車で回った時、こういう場面で、間違えたことがある。
この2つの札所、漢字が似てない?
清瀧寺の三水を除けると、青龍寺になるじゃない)
自分は、右折して少し進んだ後、四国遍路ひとり歩き同行二人【地図編】を見て、「右折じゃない」と思い、引き返して、自転車屋さんの交差点を直進する。(この時点で、土手から降りる場所が地図より手前だったことを忘れてた)
直進して、少しして、YAMAPの地図データを見て、その事を思い出したが、戻らず、次の交差点を右折して、帳尻を合わせることにした。

f:id:prodigal04:20180401202906j:image

地図に出ている道に戻り、遍路道を進んでいたが、次の右折する地点が分からず、また、遍路道から微妙にズレてしまった。
途中、歩き遍路の道標シールを剥がした跡があったので、何かの理由で変えられた可能性がある。
四国遍路ひとり歩き同行二人【地図編】とYAMAPの地図データは、一致してるので、それらを信じるか、現地の道標を信じるか、どちらかにしないと、後で、迷ってしまう。

f:id:prodigal04:20180401203000j:image

なんとか、遍路道に戻る

f:id:prodigal04:20180401203100j:image

電柱の向こうにある「四国のみち」の道標の所を右折する

f:id:prodigal04:20180401203106j:image

しばらく農道を進む

f:id:prodigal04:20180401204117j:image

ここは直進

「四国のみち」の道標、反対側からは読めるが、こっち側から読めないのは、実際に歩いた事がない人が立てたからなんだろな〜

f:id:prodigal04:20180401203130j:image

自動車道の下を潜る所で、車遍路道と合流

ここから、しばらくは、車遍路道と同じ道

f:id:prodigal04:20180401203204j:image

ここは左の道へ入っていく

f:id:prodigal04:20180401203217j:image

清瀧寺の入口。

ただ、ここから、結構登る

f:id:prodigal04:20180401203231j:image

途中で、車遍路道と分かれる

歩き遍路は、左の道へ

車遍路の時は、こんな分岐がある事すら、気がつかなかった

f:id:prodigal04:20180401203240j:image

山道になるけど、コンクリートで固められていて、とーっても歩きづらい

f:id:prodigal04:20180401203257j:image

かなりの急勾配の道を進むと石段が見えてきた

f:id:prodigal04:20180401203305j:image

歩きの場合、清瀧寺は、車遍路では見なかった仁王門から境内に入る。

f:id:prodigal04:20180401203316j:image

14時過ぎ、清瀧寺に到着。

prodigal04.hatenablog.com

 

その予定では、この後、土佐市内まで戻り、17時過ぎのバスに乗る計画だったけど、思ったより早く、進んだので、予定変更

土佐市内に戻った後、青龍寺へ向かい、11km先の宇佐大橋の手前のバス停まで進んで、17時47分のバスで戻る事にした。
途中、塚地峠を越えるが、3時間あるので、余裕で、間に合うはず。

清瀧寺から自動車道の下を潜るまでは、同じ道を打ち戻る

自動車道を潜った後、直進して、四国遍路ひとり歩き同行二人【地図編】には出ている別のルートを進んだ。

f:id:prodigal04:20180401203334j:image

土佐ICの道の下を潜る

f:id:prodigal04:20180401203345j:image

土佐市内の道まで戻り、ここを左折

f:id:prodigal04:20180401203357j:image

その後、例の自転車屋さんの交差点まで戻り、ここを青龍寺の方へ進む。

f:id:prodigal04:20180401203411j:image

川を挟んで車道と歩道が分かれてるので、歩きやすい

f:id:prodigal04:20180401203420j:image

歩道橋のある交差点を直進して、すぐに番外札所「長池地蔵」

f:id:prodigal04:20180401203435j:image

その後も川沿いの道を進み、信号のある交差点を右折

この交差点、車遍路の時にも通った

f:id:prodigal04:20180401203446j:image

ここから、道なりにトンネル手前まで進む

交差点から少し進んだ所に、番外札所「阿弥陀如来堂」の案内看板

時間に余裕が無かったので、ここはスルーした。

f:id:prodigal04:20180401203459j:image

塚地峠の遍路道の入口にある休憩所で一休み。

トイレや自動販売機もあった。

f:id:prodigal04:20180401203508j:image

f:id:prodigal04:20180401203519j:image

f:id:prodigal04:20180401203547j:image

休憩所にあった「大師の泉」

f:id:prodigal04:20180401203555j:image

f:id:prodigal04:20180401203605j:image

一休みした後、遍路道の入口に向かう

f:id:prodigal04:20180401203617j:image

f:id:prodigal04:20180401203626j:image

f:id:prodigal04:20180401203640j:image

塚地峠の遍路道は、よく整備されていて、とても歩き易かった。

f:id:prodigal04:20180401203658j:image

階段と石畳が所々にある

f:id:prodigal04:20180401203710j:image

ここが、峠

f:id:prodigal04:20180401203730j:image

峠から更に登ったところに休憩所があるとの看板

f:id:prodigal04:20180401203737j:image

折角なので、行ってみる

f:id:prodigal04:20180401203747j:image

途中、紫躑躅が綺麗に咲いていた

f:id:prodigal04:20180401203800j:image

休憩所

f:id:prodigal04:20180401203808j:image

休憩所からの眺め

f:id:prodigal04:20180401203815j:image

一休みした後、峠に戻り、下り始める

下りの道の途中にも紫躑躅が咲いていた

f:id:prodigal04:20180401203838j:image

少し下った所にも休憩できる場所があった

ただ、眺めは、上の休憩所の方が綺麗

f:id:prodigal04:20180401203846j:image

更に下るとコンクリートの道に出た

f:id:prodigal04:20180401203856j:image

下った後も、コンクリートの道は、しばらく続く

f:id:prodigal04:20180401203903j:image

橋を渡り、車道に出る

f:id:prodigal04:20180401203910j:image

車道に出た場所に「安政地震の碑」

f:id:prodigal04:20180401203919j:image

川の右側の道を進んでいると、突然、左側へ渡る道標

もう少しで、見落とすところだった

f:id:prodigal04:20180401203925j:image

川の左側の道を海沿いに出るまで進む

ガードレールのある橋を渡る

f:id:prodigal04:20180401203933j:image

橋を渡った後、階段で上の県道23号線に登る

f:id:prodigal04:20180408233255j:image

海まで出た時点で、17時前。
ここから、宇佐大橋近くのバス停までは、1km程度なので、バスの時間には、余裕で間に合う

安心して、海沿いの県道を進む

f:id:prodigal04:20180401203950j:image

宇佐大橋の分岐点

遍路道は、宇佐大橋だけど、分岐を過ぎて「宮前スカイライン入口(バス停)」に向かう

f:id:prodigal04:20180401204005j:image

「宮前スカイライン入口」到着。

結局、32km歩いて、今回の歩き遍路は、打ち止め。

f:id:prodigal04:20180401204010j:image

9時スタートにしては、よく歩いた

 

 

 

2017〜2018年 歩き遍路 まとめ

1番からの通しでなく、バラバラに回っているので、もくじ的なページを作ってみました。

ページは更新していきます。

 

役立ちリンク集

とある歩き遍路の道しるべ

歩き遍路情報

歩き遍路用のグーグルマップ(番外札所の場所も網羅):歩き遍路 経路 番外

車遍路用にルート検索できるように駐車場に位置を修正したグーグルマップ:四国お遍路マップ 車遍路用

 

公共交通機関のリンク集

JR四国時刻表・運賃・列車編成 | JR四国

路線バス|ジェイアール四国バス

徳島バス路線バス情報 | 徳島バス株式会社

http://阿佐海岸鉄道

ようこそ高知東部交通株式会社へ

とさでん交通株式会社

土佐くろしお鉄道株式会社 TOSA KUROSHIO TETSUDO (Railway)

四万十くろしおライン時刻表:http://docs.wixstatic.com/ugd/06d37b_87ad45ad31814e068c4b8fa85a34c187.pdf

宇和島自動車株式会社 宇和島バス

   時刻表:http://www.uwajima-bus.co.jp/01bus/pdf/jikokuhyou/170701 matsuyama.pdf

伊予鉄道株式会社:IYOTETSU

伊予鉄南予バス株式会社

瀬戸内運輸株式会社

装備など

prodigal04.hatenablog.com

 

歩き遍路の記録

drive.google.com

 

  1. 1番 霊山寺→2番 極楽寺→3番 金泉寺→4番 大日寺→5番 地蔵寺→別格1番 大山寺→6番 安楽寺
    距離: 20.89 km

    prodigal04.hatenablog.com

    徳島バス  鍛冶屋原線 時刻表
     平日:http://tokubus.co.jp/wptbc/rosen/timetable/001tokubus/001kajiyabara.pdf
     休日:http://tokubus.co.jp/wptbc/rosen/timetable/001tokubus/001kajiyabara.pdf

    JR 高徳線 時刻表
     板野駅http://www.jr-shikoku.co.jp/01_trainbus/jikoku/pdf/itano.pdf
     板東駅http://www.jr-shikoku.co.jp/01_trainbus/jikoku/pdf/bando.pdf

     

  2. 安楽寺 駐車場→7番 十楽寺→8番 熊谷寺→9番 法輪寺→10番 切幡寺→11番 藤井寺安楽寺 駐車場
    距離: 33.46 km

    prodigal04.hatenablog.com


     

  3. 藤井寺 駐車場→長戸庵→柳水庵→浄蓮庵→12番 焼山寺→杖杉庵→別格2番 童学寺→JR下浦駅
    移動距離:34.03km

    prodigal04.hatenablog.com

    JR徳島線 時刻表
     下浦駅:
    http://www.jr-shikoku.co.jp/01_trainbus/jikoku/pdf/shimoura.pdf
     鴨島駅
    http://www.jr-shikoku.co.jp/01_trainbus/jikoku/pdf/kamojima.pdf
     

  4. 別格2番 童学寺→13番 大日寺→14番 常楽寺→15番 国分寺→16番 観音寺→17番 井戸寺→18番 恩山寺→19番 立江寺→JR立江駅
    移動距離:40.65km

    prodigal04.hatenablog.com

    JR牟岐線 時刻表
     立江駅
    http://www.jr-shikoku.co.jp/01_trainbus/jikoku/pdf/tatsue.pdf

     

  5. 19番 立江寺→別格3番 慈眼寺→ふれあいの里 さかもと
    距離: 27.11 km

    prodigal04.hatenablog.com

     

  6. 鶴林寺 登山道入口→20番 鶴林寺→21番 太龍寺→22番 平等寺→JR阿波福井駅
    距離: 24.42 km

    prodigal04.hatenablog.com

    JR牟岐線 時刻表
     阿波福井駅http://www.jr-shikoku.co.jp/01_trainbus/jikoku/pdf/awa-fukui.pdf

     

  7. JR阿波福井→23番 薬王寺
    距離: 31.00 km

    prodigal04.hatenablog.com

    JR牟岐線 時刻表
     日和佐駅http://www.jr-shikoku.co.jp/01_trainbus/jikoku/pdf/hiwasa.pdf

  8. 23番 薬王寺→別格4番 鯖大師→JR海部駅
    距離 29.03 km

    prodigal04.hatenablog.com

    JR牟岐線 時刻表

     海部駅 http://www.jr-shikoku.co.jp/01_trainbus/jikoku/pdf/kaifu.pdf


  9. 海部駅→佐喜浜港上(高知東部交通)
    移動距離:31.38km

    prodigal04.hatenablog.com阿佐海岸鉄道 時刻表
    高知東部交通 時刻表・その他ダウンロード | 高知県東部交通株式会社

  10. 佐喜浜港上→24番 最御崎寺→25番 津照寺→26番 金剛頂寺→道の駅 キラメッセ室戸
    移動距離:31.19km

    prodigal04.hatenablog.com

    高知東部交通 時刻表・その他ダウンロード | 高知県東部交通株式会社

  11. 道の駅 キラメッセ室戸→唐の浜東(高知東部交通)
    移動距離:23.85km

    prodigal04.hatenablog.com

    高知東部交通 時刻表・その他ダウンロード | 高知県東部交通株式会社

  12. 唐浜駅→27番 神峯寺→赤岡駅
    移動距離:36.26km

    prodigal04.hatenablog.com

    土佐くろしお鉄道 ごめん・なはり線

    野市駅:http://docs.wixstatic.com/ugd/06d37b_c277a34baf344176a52ac12a27888933.pdf


    赤岡駅:http://docs.wixstatic.com/ugd/06d37b_af027c2ba17f4f17a2cd8dea9546fe50.pdf



  13. 赤岡駅→28番 大日寺→29番 国分寺→30番 善楽寺→31番 竹林寺→32番 禅師峰寺→池通技術学校前
    移動距離:35.73km

    prodigal04.hatenablog.com

    とさでん交通株式会社
    池通技術学校前

    http://www.tosaden.co.jp/bus/rosen/busstop/20171001_pdf/ikegijutsugakkoumae.pdf?20180317225722

    ごめん・なはり線
    後免駅

    http://docs.wixstatic.com/ugd/06d37b_9a0201d055ee43458effce8dff3127fc.pdf

  14. 池通技術学校前→33番 雪蹊寺→34番 種間寺→35番 清瀧寺→宮前スカイライン入口

    移動距離: 32.64km

    prodigal04.hatenablog.com

    とさでん交通株式会社
    MY遊バス | 高知県の観光情報ガイド「よさこいネット」

    宮前スカイライン入り口

    http://www.tosaden.co.jp/bus/rosen/busstop/20180401_pdf/miyamaesukairainiriguchi.pdf?20180419185918

     

  15. 土佐くろしお鉄道 平田駅→39番 延光寺→40番 観自在寺宇和島自動車 南レク御荘公園前
    移動距離:30.6km

    prodigal04.hatenablog.com

    土佐くろしお鉄道 四万十くろしおライン時刻表:http://docs.wixstatic.com/ugd/06d37b_87ad45ad31814e068c4b8fa85a34c187.pdf
     宿毛駅:http://docs.wixstatic.com/ugd/06d37b_23fc9683f5b64bca99c3e39b141e2670.pdf
     平田駅http://docs.wixstatic.com/ugd/06d37b_be30b906f72c49519dc009b200ccf9c3.pdf

    宇和島バス 時刻表:http://www.uwajima-bus.co.jp/01bus/pdf/jikokuhyou/170701%20matsuyama.pdf

  16. 南レク御荘公園前→別格9番 龍光院宇和島
    移動距離: 39.66 km 

    prodigal04.hatenablog.com

    宇和島バス 時刻表:http://www.uwajima-bus.co.jp/01bus/pdf/jikokuhyou/170701%20matsuyama.pdf

  17. JR宇和島駅→別格6番 龍光院→41番 龍光寺→42番 仏木寺→43番 明石寺→JR上宇和
    距離: 28.53 km 

    prodigal04.hatenablog.com

    JR予讃線 時刻表

     宇和島駅:http://www.jr-shikoku.co.jp/01_trainbus/jikoku/pdf/uwajima.pdf
     上宇和駅:
    http://www.jr-shikoku.co.jp/01_trainbus/jikoku/pdf/kami-uwa.pdf

     

  18. JR上宇和駅→別格7番 出石寺→JR西大洲
    距離: 39.70 km

    prodigal04.hatenablog.com

    JR予讃線 時刻表

     上宇和駅:http://www.jr-shikoku.co.jp/01_trainbus/jikoku/pdf/kami-uwa.pdf
     西大洲駅:http://www.jr-shikoku.co.jp/01_trainbus/jikoku/pdf/nishi-ozu.pdf

  19. JR伊予平野駅→別格8番 十夜ヶ橋→JR内子駅
    距離: 17.85 km 

    prodigal04.hatenablog.com

    JR予讃線 時刻表

     伊予平野駅:http://www.jr-shikoku.co.jp/01_trainbus/jikoku/pdf/iyo-hirano.pdf
     内子駅:http://www.jr-shikoku.co.jp/01_trainbus/jikoku/pdf/uchiko.pdf

  20. JR内子駅→44番 大寶寺[16:15]→JRバス 久万中学前
    距離: 37.21 km 

    prodigal04.hatenablog.com

    JR予讃線 時刻表
     内子駅:http://www.jr-shikoku.co.jp/01_trainbus/jikoku/pdf/uchiko.pdf

    JR四国バス 久万高原線 時刻表:http://www.jr-shikoku.co.jp/bus/businfo/rosen_matuyama/matuyama-otide.htm

  21. ふるさと村→45番 岩屋寺→46番 浄瑠璃寺
    距離: 34.1 km 

    prodigal04.hatenablog.com

    JR四国バス 久万高原線 時刻表:http://www.jr-shikoku.co.jp/bus/businfo/rosen_matuyama/matuyama-otide.htm
    伊予鉄南予バス
     夏期(4~11月):http://www.iyotetsu.co.jp/nanyo/noriai_bus/pdf/kuma_summer.pdf
     冬期(12~3月):http://www.iyotetsu.co.jp/nanyo/noriai_bus/pdf/kuma_winter.pdf

    伊予鉄バス 丹波線 時刻表:http://www.iyotetsu.co.jp/rosen/bus/time/17.pdf?02

  22. 46番 浄瑠璃寺→47番 八坂寺→別格9番 文殊院→48番西林寺→49番 浄土寺→50番 繁多寺→51番 石手寺
    移動距離 23.9km 

    prodigal04.hatenablog.com

    伊予鉄バス 丹波線 時刻表:http://www.iyotetsu.co.jp/rosen/bus/time/17.pdf?02

  23. 52番 太山寺→53番 円明寺→JR伊予北条駅
    移動距離:23.27km 

    prodigal04.hatenablog.com

    JR予讃線 時刻表
     伊予北条駅http://www.jr-shikoku.co.jp/01_trainbus/jikoku/pdf/iyo-hojo.pdf
     

  24. JR伊予北条駅→JR大西駅
    移動距離:23.11km 

    prodigal04.hatenablog.com

    JR予讃線 時刻表
     伊予北条駅http://www.jr-shikoku.co.jp/01_trainbus/jikoku/pdf/iyo-hojo.pdf
     
     大西駅:http://www.jr-shikoku.co.jp/01_trainbus/jikoku/pdf/onishi.pdf

  25. JR大西駅→54番 延命寺→55番 南光坊→56番 泰山寺→57番 栄福寺→58番 仙遊寺→59番 国分寺→JR伊予桜井
    移動距離:25.6km 

    prodigal04.hatenablog.com

    JR予讃線 時刻表
     大西駅:http://www.jr-shikoku.co.jp/01_trainbus/jikoku/pdf/onishi.pdf
     伊予桜井駅:http://www.jr-shikoku.co.jp/01_trainbus/jikoku/pdf/iyo-sakurai.pdf

  26. JR伊予桜井→別格10番 西山興隆寺→別格11番 生木地蔵→大頭(せとうちバス)
    移動距離:23km 

    prodigal04.hatenablog.com

    せとうちバス 特急 新居浜〜松山 時刻

  27. 大頭→60番 横峰寺石鎚神社 成就社
    移動距離:18.9km 

    prodigal04.hatenablog.com

    JR予讃線 時刻表
     壬生川駅http://www.jr-shikoku.co.jp/01_trainbus/jikoku/pdf/nyugawa.pdf

  28. 石鎚神社 成就社→頂上社→氷見(せとうちバス)
    移動距離:24.8km 

    prodigal04.hatenablog.com

    せとうちバス 特急 新居浜〜松山 時刻

  29. JR伊予小松駅→62番 宝寿寺→61番 香園寺→63番 吉祥寺→石鎚神社 口之宮→64番 前神寺→JR中萩駅
    移動距離:20.9km 

    prodigal04.hatenablog.com

    JR予讃線 時刻表
     伊予小松駅:http://www.jr-shikoku.co.jp/01_trainbus/jikoku/pdf/iyo-komatsu.pdf
     中萩駅http://www.jr-shikoku.co.jp/01_trainbus/jikoku/pdf/nakahagi.pdf

  30. JR中萩駅→別格12番 延命寺→JR伊予三島駅
    移動距離: 29.7km 

    prodigal04.hatenablog.com

    JR予讃線 時刻表
     中萩駅http://www.jr-shikoku.co.jp/01_trainbus/jikoku/pdf/nakahagi.pdf
     伊予三島駅http://www.jr-shikoku.co.jp/01_trainbus/jikoku/pdf/iyo-mishima.pdf

歩き遍路 29日目【日帰り】あかおか駅→28番 大日寺→29番 国分寺→30番 善楽寺→31番 竹林寺→32番 禅師峰寺→池通技術学校前

あかおか駅[7:30]→28番 大日寺[8:30]→29番 国分寺[10:30]→30番 善楽寺[12:30]→31番 竹林寺[14:30]→32番 禅師峰寺[16:15]→池通技術学校前[17:10]

 

drive.google.com


移動時間 6:19:01
停止時間 3:16:45
距離 35.73 km
平均スピード 時速 5.66 km
最高スピード 時速 10.02 km
累計登り 902m
累計降り 885m
歩数 48,517歩
温度 11°C
湿度 75%
風速 17 km/時 NW

累計移動距離:839.85km

 

ごめん・なはり線」あかおか駅に車を停めて、前回の続き

7時30分、あかおか駅を出発。

f:id:prodigal04:20180317140112j:image

国道55号線をしばらく進む。

f:id:prodigal04:20180317140129j:image

国道から県道22号線に進む。

f:id:prodigal04:20180317140144j:image

が、ここの交差点、信号はあるけど横断歩道が無い

と思ったら、左下に下りる方へ道標。

f:id:prodigal04:20180317140157j:image

下りていくと国道の下を潜る地下道があった。

f:id:prodigal04:20180317140212j:image

県道22号線を進むと、「マルナカ」の看板のある交差点を右折。

f:id:prodigal04:20180317140248j:image

マルナカ」の前を通り、川沿いの道を進む

f:id:prodigal04:20180317140413j:image

途中、休憩所があった

f:id:prodigal04:20180317140432j:image

「アクトランド」「四国自動車博物館」を越えたところで、歩き遍路道は右折して県道を離れる

f:id:prodigal04:20180317163932j:image

曲がって少し上った所の向こうに、遍路道の続きが見える

f:id:prodigal04:20180317140608j:image

道は細いが、あまり上らない

f:id:prodigal04:20180317140632j:image

少し進むと、石段をコンクールで固めた階段になる

f:id:prodigal04:20180317140653j:image

階段を上り舗装路に出て、少し進むと28番 大日寺の山門

f:id:prodigal04:20180317140719j:image

 prodigal04.hatenablog.com

 

大日寺からは、来た道を戻る。

カーブミラの所を左下に下りる

f:id:prodigal04:20180317140812j:image

石段の分岐を直進して、まっすぐ下りると、県道22号線出るけど、横切って、まっすぐ進む

f:id:prodigal04:20180317140834j:image

しばらく進み、歩き遍路は、自動販売機の左に入っていけるけど、間違えて左折してしまった。

f:id:prodigal04:20180317140911j:image

道なりに進むと県道234号線に出て、そのまま県道23を進む

f:id:prodigal04:20180317140932j:image

物部川を渡った所で左折して、道標を頼りに進む

f:id:prodigal04:20180317140954j:image

田畑の中の細道を進む

f:id:prodigal04:20180317141020j:image

この道標の所を右折。

f:id:prodigal04:20180317141100j:image

曲がって、すぐ桜があったが、既に葉桜なりかけていた。

その向こうに大師堂が見える

f:id:prodigal04:20180317141118j:image

松本大師堂

休憩もできるようになってた。

後から分かったが、ヘンロ小屋28号だった

f:id:prodigal04:20180317141138j:image

しばらく進むと、朝、通ってきた南国インターから延びる広域道路を横切る

f:id:prodigal04:20180317141158j:image

f:id:prodigal04:20180317141240j:image

しばらく進むとJR土讃線が見えてくる。

線路を横切るために、一度、右折して、反対に進む。

f:id:prodigal04:20180317141333j:image

f:id:prodigal04:20180317141305j:image

線路を横切り、しばらく進むと県道45号線に出るので、右折して県道を進む

f:id:prodigal04:20180317141404j:image

県道45号線を進み、国道195号線を横切る。

交差点のファミリーマートには、休憩所があった。

f:id:prodigal04:20180317141432j:image

そのまま県道45号線を進み、新改川を渡る

f:id:prodigal04:20180317141454j:image

川を渡った所で左折

f:id:prodigal04:20180317141518j:image

新改川沿いの道を進む

f:id:prodigal04:20180317141607j:image

国分寺には、右下に下りるが、少し向こうに見える地蔵堂に寄ってみる

f:id:prodigal04:20180317141627j:image

地蔵堂

f:id:prodigal04:20180317141649j:image

地蔵渡しの説明看板があったが、消えかけていて何を書いているか分からなかった

f:id:prodigal04:20180317141712j:image

地蔵堂から戻り、国分寺に向かうと国分寺の駐車場に出てくる

f:id:prodigal04:20180317141732j:image

駐車場から進み、29番 国分寺に到着。

f:id:prodigal04:20180317141756j:image

prodigal04.hatenablog.com

 

国分寺からは、仁王門から、まっすぐ農道を進む

f:id:prodigal04:20180317141821j:image

少し進むと、「四国のみち」と歩き遍路道の道標があり、ここを右折。

f:id:prodigal04:20180317141844j:image

一度、舗装路に出るので、左折して、舗装路を少し進む

f:id:prodigal04:20180317141902j:image

舗装路を少し進んだ所で右折して農道を進む

f:id:prodigal04:20180317141923j:image

向こうの方に国道32号線が見えてきた。

f:id:prodigal04:20180317141954j:image

左の側道を進み、国道32号線の下を潜る

f:id:prodigal04:20180317142019j:image

橋を渡った所を左折して、川沿いを進む

f:id:prodigal04:20180317142042j:image

県道252号線を横切って、そのまま川沿いを進む

f:id:prodigal04:20180317142100j:image

川沿いの道から離れて、右下に下りていく

f:id:prodigal04:20180317142125j:image

細い川に沿って道を進む

f:id:prodigal04:20180317142149j:image

道は、車も通れないコンクリートの道になる

f:id:prodigal04:20180317142212j:image

しばらく進むと高知大学 岡豊キャンパスの横に出てくる。

キャンパスの横を進み、三差路を右折。

f:id:prodigal04:20180317142237j:image

舗装路を進み、大きく左に曲がる所を右に逸れて細道へ。

f:id:prodigal04:20180317142305j:image

ここから、上りの舗装路を進む。

f:id:prodigal04:20180317142327j:image

ダラダラ上りを進むとヘンロ小屋が見えてきた

f:id:prodigal04:20180317142348j:image

ヘンロ小屋 5号 浦原

f:id:prodigal04:20180317142413j:image

中は、奥行きが、あまりないが休憩するには十分

f:id:prodigal04:20180317142434j:image

f:id:prodigal04:20180317142458j:image

ヘンロ小屋で休憩した後、進むと、土佐街道の県道384号線に出る

f:id:prodigal04:20180317142523j:image

県道384号線を進み、逢坂峠を越えて、下っている途中の「一宮墓地公園」の入口の所にある左下に進む

f:id:prodigal04:20180317142546j:image

コンクリートの下りを進み、右の階段を下りる

f:id:prodigal04:20180317142606j:image

住宅街の中を進み、ここを左折

f:id:prodigal04:20180317142624j:image

すぐに右折

f:id:prodigal04:20180317142646j:image

そのまま進むと、再び土佐街道に出る

f:id:prodigal04:20180317142717j:image

この左カーブの途中で、右の分岐に進む

f:id:prodigal04:20180317142837j:image

少し進むと、30番 善楽寺の駐車場に出てくる

f:id:prodigal04:20180317150141j:image

prodigal04.hatenablog.com

 

善楽寺から正面の山門から、まっすぐ進み、川を渡った所で右折

f:id:prodigal04:20180317150211j:image

しばらく川沿いを進む

f:id:prodigal04:20180317150232j:image

ここで、掲示板に貼られた道標を見逃しかけたが、左の道に進む

f:id:prodigal04:20180317150250j:image

そのまま進み、久万川を渡る

f:id:prodigal04:20180317150309j:image

渡った所を左に下り、180度、折り返して進む

f:id:prodigal04:20180317150327j:image

道なりに進むと、高架の工事をしている県道44号線に出る

f:id:prodigal04:20180317150348j:image

サンピアセリーズの横を通りながら県道44号線を進む

f:id:prodigal04:20180317150404j:image

県道44号線と374号線の交差点にあるファミリーマートの裏の道を進む

f:id:prodigal04:20180317150423j:image

田畑の中の細道を進む

f:id:prodigal04:20180317150441j:image

橋を渡り、そのまま直進する

f:id:prodigal04:20180317150459j:image

国道195号線に出て、線路を横切る

f:id:prodigal04:20180317150520j:image

横切った後、線路沿いを進む

f:id:prodigal04:20180317150537j:image

ここを右折

f:id:prodigal04:20180317150558j:image

五色台山の手前を左折

f:id:prodigal04:20180317150616j:image

少し進んだ所を右折

f:id:prodigal04:20180317150641j:image

更に右折

f:id:prodigal04:20180317150701j:image

ここを直進して、山を登る。

初めはコンクリートの階段

f:id:prodigal04:20180317150720j:image

土の道に変わる

f:id:prodigal04:20180317150737j:image

ここから、石道に変わる。

ただ、かなり歩きづらい

f:id:prodigal04:20180317150757j:image

植物園の脇を通りながら登っていく

f:id:prodigal04:20180317150818j:image

植物園の中に出てきた

f:id:prodigal04:20180317150838j:image

植物園の通路を横切り、石段の方へ進む

f:id:prodigal04:20180317150855j:image

ここから、下りの山道

f:id:prodigal04:20180317150913j:image

f:id:prodigal04:20180317150935j:image

この後、植物園の中を通りながら竹林寺に向かうが、かなり道標が少なく、分かりづらかった。

曲がる場所にしか道標が無いので、道標のない所は直進するようにすれば、迷わないかもしれない

何とか、31番 竹林寺に到着

f:id:prodigal04:20180317150958j:image

prodigal04.hatenablog.com

 

竹林寺からは、正面の舗装路を横切り、ガードレールの向こうにある階段を下りる

f:id:prodigal04:20180317151017j:image

下りも石積みの道が続き、歩きづらい。

f:id:prodigal04:20180317151035j:image

この分岐を左折

まっすぐ進むと、どこに行くのだろう?

f:id:prodigal04:20180317151053j:image

麓に下りて、下田川に出たところを左折

f:id:prodigal04:20180317151111j:image

遍路道の歩行者用の橋を渡ろうとしたら、舗装のやり直して通行止め

仕方なく上を並行する車が走れる橋を渡る

が、橋が大きく飛びすぎて、遍路道の上を通り過ぎてしまった

f:id:prodigal04:20180317151127j:image

橋の途中で、下に降りれる階段があったので、降りて、遍路道に戻る方向へ進む

f:id:prodigal04:20180317151147j:image

ここで、遍路道に戻った

左右に横切るのが、遍路道

f:id:prodigal04:20180317151207j:image

遍路道は、奥に進み、左折

f:id:prodigal04:20180317151225j:image

軽四が、やっと通れる幅の道を進む

f:id:prodigal04:20180317151243j:image

高知東部自動車道の下を潜る

f:id:prodigal04:20180317151302j:image

自動車道の高架を潜った後、右折して、県道247号線を進む

f:id:prodigal04:20180317151320j:image

ここから上り坂を進むとトイレのある休憩所

ここで、一休み

f:id:prodigal04:20180317151340j:image

休憩した後、登りきった所を左折

f:id:prodigal04:20180317151419j:image

曲がるとすぐトンネル

短く段差のある歩道だったので安心感があった

f:id:prodigal04:20180317151436j:image

トンネルから下りの道を進み、突き当たりを右折して、石土池に沿って進む

f:id:prodigal04:20180317151451j:image

県道14号線に当たるので、ここを左折して県道を進む

f:id:prodigal04:20180317151508j:image

トンネルの手前で、右折

f:id:prodigal04:20180317151544j:image

少し上った所の県道と並走する道に出て左折

f:id:prodigal04:20180317151601j:image

禅師峰寺の石碑のある場所に出てきた

f:id:prodigal04:20180317151618j:image

石碑を過ぎて進んだ所で、車道と歩道が分かれる

f:id:prodigal04:20180317151636j:image

歩道を登っていく

f:id:prodigal04:20180317151654j:image

ジグザグの山道を登り、最後は石段になる

石段の上に山門

f:id:prodigal04:20180317151730j:image

prodigal04.hatenablog.com

 

禅師峰寺から下り、裏道を、しばらく進み、信号のある交差点を直進

f:id:prodigal04:20180317151800j:image

道なりに進み、高知高等技術学校の前の「池通技術学校前」のバス停で、今日の歩き遍路は、打ち止め

f:id:prodigal04:20180317151818j:image

とさでん交通のバスで御免町まで行き、ごめん・なはり線で、あかおか駅に移動して、車で帰宅。

f:id:prodigal04:20180317151834j:image

 

歩き遍路 28日目【日帰り】 唐浜駅→27番 神峯寺→赤岡駅

 唐浜駅[8:20]→27番 神峯寺[9:20]→道の駅 大山[11:10]→道の駅 やす[16:30]→ヘンロ小屋 8号 香我美[16:50]→赤岡駅[17:30]

 

drive.google.com

 

移動時間 6:23:24
停止時間 2:43:14
距離 36.26 km
平均スピード 時速 5.67 km
最高スピード 時速 7.06 km
登り 440
降り 423
歩数 48,809歩
温度 11°C
湿度 56%
風速 7 km/時 N

累計移動距離:804.1km

 

今日、ゴール予定の「ごめん・なはり線」野市駅の近くに駐車して、唐浜駅まで移動。

唐浜駅から、そのまま歩いても、野市駅までの距離は35km。

前日、神峯寺に行かずに、早めに切り上げたので、今日は神峯寺までの往復がプラスされるので、野市駅までたどり着くのは難しいかもしれない。

まずは、7時28分の列車で唐浜駅に向かう。

f:id:prodigal04:20180225151905j:image

同じ列車に、男性の歩き遍路さんが1名。

唐浜駅に一緒に降りる。

挨拶しても無言だったので会話はしていない。

f:id:prodigal04:20180225151914j:image

唐浜駅の待合室に神峯の説明が貼られていた。

f:id:prodigal04:20180225151921j:image

唐浜駅を出発して、昨日、打ち止めした「ごめん・なはり線」の高架下へ

f:id:prodigal04:20180225151930j:image

高架下を通り、神峯寺に向かう。

晴れているが、朝は、けっこう寒い。

f:id:prodigal04:20180225151938j:image

右折して橋を渡り舗装路を進む。

f:id:prodigal04:20180225151946j:image

舗装路だが、勾配はキツい。

f:id:prodigal04:20180225151958j:image

途中、同じ列車に乗っていたお遍路さんを追い抜く。

f:id:prodigal04:20180225152029j:image

道の先に見える石碑の所で歩き遍路道は分かれる。

f:id:prodigal04:20180225152038j:image

すぐに山道になる。

f:id:prodigal04:20180225152046j:image

一度、舗装路に出るが、すぐに山道へ。

f:id:prodigal04:20180225152053j:image

ココも道を挟んで、山道が続く。

f:id:prodigal04:20180225152102j:image

山道の途中に何かの置物

f:id:prodigal04:20180225152114j:image

反対には休憩所があった。

f:id:prodigal04:20180225152122j:image

更に登って、舗装路を横切る。

f:id:prodigal04:20180225152132j:image

舗装路を挟んで続く山道。

f:id:prodigal04:20180225152139j:image

この後、何度も舗装路を横切りながら進み、最後は舗装路を進む。

f:id:prodigal04:20180225152146j:image

神峯寺の駐車場が見えてきた。

車でもタイヤが焦げ臭くなるほどの道なので、どんな遍路道があるのかと楽しみにしていたけど、半分以上は、車遍路道と同じだった。
ちょっと残念。

f:id:prodigal04:20180225152156j:image

左に神峯寺の仁王門。右に神峯神社の鳥居。

f:id:prodigal04:20180225152204j:image

仁王門。

f:id:prodigal04:20180225152210j:image

prodigal04.hatenablog.com

神峯寺から打ち戻り、途中の分岐を右折して、広域道路を進む。

f:id:prodigal04:20180225152235j:image

広域道路の様子。

f:id:prodigal04:20180225152245j:image

途中、休憩所があった。

f:id:prodigal04:20180225152255j:image

その横には、化石体験場の案内看板。

f:id:prodigal04:20180225152302j:image

広域道路を進んでいくと、ガードレールの切れ目に唐浜駅に降りる階段。

f:id:prodigal04:20180225152308j:image

下に唐浜駅が見える。

f:id:prodigal04:20180225152318j:image

唐浜駅の方に降りて、駅の前を通り過ぎ、この交差点は直進。

f:id:prodigal04:20180225152327j:image

国道に出るところに安田明神

f:id:prodigal04:20180225152341j:image

ここから国道を、しばらく歩く。

f:id:prodigal04:20180225152352j:image

大山トンネル手前の交差点を左折して、道の駅 大山がある旧道を進む。

f:id:prodigal04:20180225152400j:image

道の駅の手前に、3,000円で泊まれる遍路宿。

f:id:prodigal04:20180225152406j:image

道の駅 大山が見えてきた。

f:id:prodigal04:20180225152417j:image

道の駅を過ぎた所に左折の矢印。

ただ、この道、ラブホの出入り口なんですけど・・・

f:id:prodigal04:20180225152424j:image

途中で右折して、防波堤歩道に向かう。

f:id:prodigal04:20180225152435j:image

防波堤歩道を歩く。

f:id:prodigal04:20180225152440j:image

歩道の終点。

ここを右折して、伊尾木駅の横を通り抜ける。

f:id:prodigal04:20180225152446j:image

国道に出て、しばらく進んで、安芸川を渡る。

f:id:prodigal04:20180225152453j:image

安芸川を渡った所で、斜め左に進み、安芸の旧道を進む。

f:id:prodigal04:20180225152459j:image

ここを左折。

f:id:prodigal04:20180225152507j:image

突き当たりを右折。

f:id:prodigal04:20180225152525j:image

安芸市営球場の交差点を左折。

f:id:prodigal04:20180225152534j:image

ここから、防波堤上の自転車道を歩くはずが、防波堤の下を歩いてる。

途中の階段を上る。

f:id:prodigal04:20180225152544j:image

防波堤上の自転車道

f:id:prodigal04:20180225152601j:image

自転車道の途中にある休憩所。

f:id:prodigal04:20180225152611j:image

更に自転車道を進む。

車は通らないので、中々、快適に歩ける。

少し向こうに緩やかな登りが見える。

f:id:prodigal04:20180225152617j:image

f:id:prodigal04:20180225152625j:image

赤野休憩所に近づくと、琴ヶ浜の長い砂浜が一望できる。

f:id:prodigal04:20180225152633j:image

赤野休憩所は、ここで上に登らないといけない。

f:id:prodigal04:20180225152741j:image

登ってみると綺麗なトイレとベンチがあるが、自動販売機は無かった。

ちなみに、ここまで歩いた自転車道には、自動販売機は無く、何か買いたいと思えば、どこかで、一度、平行して走っている国道に出る必要がある。

f:id:prodigal04:20180225152747j:image

赤野休憩所から少し下った所に、お遍路休憩所があった。

f:id:prodigal04:20180225152752j:image

休憩所の中は、こんな感じ

f:id:prodigal04:20180225152757j:image

f:id:prodigal04:20180225152804j:image

休憩所からは、始めは防波堤の陸側を歩くが、途中で海側を歩くようになる。

f:id:prodigal04:20180225152814j:image

f:id:prodigal04:20180225152821j:image

しばらく進むと、展望台があって、ここにはトイレと自動販売機があった。

海水浴場にもなってるようで、展望台の横には駐車場や別のトイレや自動販売機があった。

f:id:prodigal04:20180225152827j:image

ここからは、「ごめん・なはり線」の高架の側を歩く。

f:id:prodigal04:20180225152835j:image

途中、萩森リストで有名な萩森さんの善根宿・休憩所があった。リストは、この先のファミリーマートにあるとの事。

f:id:prodigal04:20180225152839j:image

自転車道をしばらく進むと、国道沿いを進むようになり、休憩所があった。

f:id:prodigal04:20180225152843j:image

少し進んだところで、国道から少し離れて進むようになる。

f:id:prodigal04:20180225152847j:image

自転車道を進むとトンネルがあった。

長さは短いけど、少し暗く道幅が狭いから、自転車が来たら、危ないかも、と思いながら進む。

f:id:prodigal04:20180225152852j:image

トンネルに入ると、LEDの照明の照度が上がった。

照度が上がると、けっこう明るい。

これなら安心して歩ける。

f:id:prodigal04:20180225152857j:image

そこから、もう少し進むと、今度は、蛍光灯の照明のトンネルがあった。

こちらは、人感センサーは無かったが、始めから明るかった。

f:id:prodigal04:20180225152903j:image

国道に、一度、合流する交差点で、自転車道が通行止めになってるとの立て看板。

f:id:prodigal04:20180225152912j:image

迂回路が分かり易く表示されていた。

f:id:prodigal04:20180225152917j:image

海側の迂回路に向かうと防波堤の手前に道標。

道標通り進むと、自転車道に出たので、引き返して、防波堤の向こう側の道を進む。

f:id:prodigal04:20180225152921j:image

道なりに進むと、「道の駅 やす」

f:id:prodigal04:20180225152927j:image

道の駅の中を進み、道の駅の脇道を進む。

f:id:prodigal04:20180225152933j:image

しばらく進んだ所に、「四国のみち」の道標。

地図を確認すると遍路道もココを曲がっている。

もう少しで、行き過ぎるところだった。

f:id:prodigal04:20180225152940j:image

遍路道の道標が、見当たらなかった理由がコレ。

建っていた案内標識が折れてしまったようだ。

f:id:prodigal04:20180225152944j:image

国道に出て、しばらく進み、信号のある交差点を右折。

f:id:prodigal04:20180225153024j:image

その後、この交差点を左折。

f:id:prodigal04:20180225153031j:image

少し進んだところにヘンロ小屋の標識が見えた。

f:id:prodigal04:20180225153036j:image

ヘンロ小屋8号 香我美

f:id:prodigal04:20180225153041j:image

中は、あまり綺麗では無いが、寝れそうな感じ

f:id:prodigal04:20180225153045j:image

毛布や布団が、雨対策された状態で置かれていた

f:id:prodigal04:20180225153049j:image

ヘンロ小屋8号 香我美に着いたのが、16時50分。
日没まで、残り1時間。
のいち駅まで行きたかったけど、時間的に厳しいので、赤岡駅に行き、今日の歩き遍路は、打ち止めする事にした。

ヘンロ小屋を出発して、道なりに進み、ここで遍路道は右折。

赤岡駅は、直進して、その向こうの交差点を左折。

f:id:prodigal04:20180225153053j:image

少し進んだところで案内標識に従って、赤岡駅に向かい、赤岡駅に着いて、今日の歩き遍路は、打ち止め。

f:id:prodigal04:20180225153057j:image

赤岡駅から野市駅まで列車で向かい、車で帰宅。

赤岡駅にも駐車場出来そうなので、次回は、赤岡駅に車を停めて、再開予定。

 

歩き遍路 27日目【日帰り】 道の駅 キラメッセ室戸→唐の浜東(高知東部交通)

キラメッセ室戸[9:30]→唐の浜東[13:50] 

drive.google.com

 

移動時間 3:57:18
停止時間 37:21
距離 23.85 km
平均スピード 時速 6.03 km
最高スピード 時速 7.58 km
登り 108
降り 114
歩数 30,961歩
温度 10°C
湿度 37%
風速 15 km/時 N

 

累計移動距離:767.84km

 

今回は、道の駅 キラメッセ室戸からの続き。
神峯寺を打って、麓まで降りてきたらバスでキラメッセ室戸まで戻る予定だったけど、急用が出来て、夕方までに自宅に帰る必要が出来て来たので、神峯寺に登る手前で打ち止めする事にした。

 

 

今回も道の駅 キラメッセ室戸に車を停めて、バスで戻ってくる予定。

今日は天気が良かったからか、キラメッセ室戸に着くまでに4人の歩き遍路さんを見かけた。

f:id:prodigal04:20180225150408j:image

まずは、国道の東に走る旧道を進む。

f:id:prodigal04:20180225150421j:image

一度、国道に出る

f:id:prodigal04:20180225150432j:image

しばらく国道を歩き、吉良の町は旧道へ。

f:id:prodigal04:20180225150442j:image

東ノ川を渡る。

f:id:prodigal04:20180225150456j:image

蔵空間茶館。

中々、良い雰囲気が出ている。

f:id:prodigal04:20180225150505j:image

今日は、ほぼ舗装路を歩くので、あまり楽しくないかなと思っていたが、吉良の町は、昔の街並みが残っていた。
後からそれらしく作ったのではなく、昔からの建物を維持していて、良い雰囲気だった。

西ノ川を渡る。

f:id:prodigal04:20180225151705j:image

橋の側にあった案内図

f:id:prodigal04:20180225150518j:image

国道に戻って、しばらく歩く。

もう菜の花が咲いていた。

f:id:prodigal04:20180225150527j:image

一度、裏道に入るが、すぐに国道に戻る

f:id:prodigal04:20180225150537j:image

このY字路を右の方に入っていく。

f:id:prodigal04:20180225150545j:image

ここを右折。

もう少しで、道標を見逃すところだった

f:id:prodigal04:20180225150555j:image

斜め右方向へ。

f:id:prodigal04:20180225150605j:image

ここも斜め右方向

f:id:prodigal04:20180225150631j:image

登り坂が見えてきた。

f:id:prodigal04:20180225150639j:image

コンクリート道が終わり、山道に

f:id:prodigal04:20180225150757j:image

舗装路を横切る。

f:id:prodigal04:20180225150658j:image

ここも横切る

f:id:prodigal04:20180225150816j:image

舗装路を少しだけ登った後、山道に

f:id:prodigal04:20180225150826j:image

下る?

f:id:prodigal04:20180225150839j:image

小川を渡った後、登り坂

f:id:prodigal04:20180225150853j:image

舗装路が上に見えてきた

f:id:prodigal04:20180225150918j:image

舗装路を横切る

f:id:prodigal04:20180225150934j:image

また、下り?

f:id:prodigal04:20180225150951j:image

また、小川を渡った後、登り坂

f:id:prodigal04:20180225151046j:image

開けた所に出てきた

f:id:prodigal04:20180225151059j:image

f:id:prodigal04:20180225151109j:image

まだまだ、登り坂が続く。

f:id:prodigal04:20180225151120j:image

ここを左折して細道へ

f:id:prodigal04:20180225151134j:image

けっこう急勾配の下り坂

f:id:prodigal04:20180225151138j:image

木の向こうに海が見える。

f:id:prodigal04:20180225151151j:image

国道に戻り、弘法大師霊跡と大師堂が見えてきた。

f:id:prodigal04:20180225151204j:image

弘法大師霊跡

f:id:prodigal04:20180225151210j:image

国道を、しばらく歩く。

奈半利の町に入るところで、左折して、町中へ

f:id:prodigal04:20180225151221j:image

八幡宮

f:id:prodigal04:20180225151231j:image

郵便局の見える交差点を右折して国道に出る。

f:id:prodigal04:20180225151243j:image

奈半利駅の近くで、3人の歩き遍路さんを見かける。

奈半利川橋を先に進む1人の歩き遍路さん

f:id:prodigal04:20180225151251j:image

前を歩くお遍路さんは直進したけど、自分は次の交差点を左折。

f:id:prodigal04:20180225151303j:image

橋を渡り、大きく右折。

f:id:prodigal04:20180225151314j:image

田野町の町中を歩く。

f:id:prodigal04:20180225151324j:image

六地蔵

f:id:prodigal04:20180225151334j:image

しばらく国道と平行に旧道を進んだ後、国道を横切る。

f:id:prodigal04:20180225151343j:image

瀧の不動明王

f:id:prodigal04:20180225151353j:image

ここを右折

f:id:prodigal04:20180225151401j:image

遍路道は、右折して「ごめん・なはり線」の下を通るが、今日はここで打ち止めして、左折してバス停に向かう。

f:id:prodigal04:20180225151408j:image

「唐の浜東」からバスでキラメッセ室戸に戻る。

f:id:prodigal04:20180225151417j:image

 

歩き遍路 26日目【日帰り】 24番 最御崎寺→25番 津照寺→26番 金剛頂寺→道の駅 キラメッセ室戸

佐喜浜港上[8:30]→夫婦岩[9:30]→室戸世界ジオパーク[10:50]→室戸青年大師像[11:55]→御厨人窟[12:00]→24番 奥の院[12:05]→24番 最御崎寺[12:45]→25番 津照寺[14:25]→26番 金剛頂寺[16:00]→道の駅 キラメッセ室戸[16:50]

 

drive.google.com

 

移動時間 5:26:28
停止時間 2:52:43
距離 31.19 km
平均スピード 時速 5.73 km
最高スピード 時速 7.25 km
登り 377
降り 328
歩数 42,272歩
温度 8°C
湿度 33%
風速 28 km/時 N

 

累計移動距離:743.99km

 

今回は、ゴール予定の道の駅 キラメッセ室戸に車を停めて、7時34分の高知東部交通バスで、「佐喜浜港上」まで移動して、再開しようと、車で向かう。

7時10分の時点で乗る予定のバスの後ろを走ってる、かなりドキドキの状態。

間に合わなかったら、室戸世界ジオパークに先回りしようかと思ってたけど

途中、乗客を乗せるために停車したバスを追い抜き、何とかなった。
f:id:prodigal04:20180221212241j:image

「佐喜浜港上」バス停に到着して、四国遍路ひとり歩き同行二人【地図編】に出ているバス停手前の出ている橋らしきマークの場所の分岐を探すが分からず、諦めて国道を進むことにした。
「佐喜浜港上」を少し過ぎた場所で裏道に入る。ただ、地図の場所とは違う。
結局、あの橋のようなマークは、何だったのか分からないまま。

f:id:prodigal04:20180221212248j:image

しばらく裏道を進んだ後、国道に戻る。

f:id:prodigal04:20180221212255j:image

この辺りの宿では高評価なロッジ尾崎や民宿 徳増の前を通りながら、先に進む。両宿とも目の前がバス停なのは、歩き遍路には嬉しいかも。

f:id:prodigal04:20180221213620j:image

f:id:prodigal04:20180221212309j:image

更に国道を進むと夫婦岩が見えてきた。

f:id:prodigal04:20180221212316j:image

夫婦岩の近くまで着いた

f:id:prodigal04:20180221212330j:image

歩いてなら、更に近くまで行けるので、近くまで行ってみる。

f:id:prodigal04:20180221212340j:image

岩の上の木からロープが垂れ下がってるけど、登れるのかな?

f:id:prodigal04:20180221212347j:image

夫婦岩

f:id:prodigal04:20180221212358j:image

f:id:prodigal04:20180221212419j:image

夫婦岩から国道に戻り、先に進んで、「不動浦」のバス停を越えたところで、裏道に入る。

f:id:prodigal04:20180221212424j:image

一度、国道に出るが、すぐに裏道に進む。

f:id:prodigal04:20180221212434j:image

裏道から国道に戻った後、室戸世界ジオパークまでたどり着いた。

敷地内にヘンロ小屋ぽい木造の建物があったが、ヘンロ小屋ではなかった。

f:id:prodigal04:20180221212508j:image

中には階段があって2階に登れるが、ベンチはなく休憩が出来るようにはなってなかったので、建物の隣にあるベンチで、一休み。

f:id:prodigal04:20180221212515j:image

ジオパークから国道を進んだ後、裏道に進む。

f:id:prodigal04:20180221212521j:image

国道に戻り、更に進むと、青年大師像が見えてきた。

f:id:prodigal04:20180221212539j:image

青年大師像まで着いた。

f:id:prodigal04:20180221212606j:image

前回、逆打ちの車遍路時は、運転していて見ることの出来なかった大師像を、やっと見ることが出来た。

f:id:prodigal04:20180221212615j:image

大師像から少し進んだ所に、空海の名前の由来の場所「御厨人窟」。

f:id:prodigal04:20180221212625j:image

f:id:prodigal04:20180221212635j:image

少し進むと、お地蔵様がいっぱい並ぶ水掛地蔵。

f:id:prodigal04:20180221212642j:image

f:id:prodigal04:20180221212651j:image

その向こうには、公衆トイレ。

f:id:prodigal04:20180221212711j:image

その先に最御崎寺への登り口。

f:id:prodigal04:20180221212716j:image

f:id:prodigal04:20180221212722j:image

登り口から少し登ったところに、24番 奥の院「観音窟」があった。

f:id:prodigal04:20180221212738j:image

奥の院の洞窟。

f:id:prodigal04:20180221212748j:image

洞窟の中。

f:id:prodigal04:20180221212757j:image

f:id:prodigal04:20180221212815j:image

少し登った所に、捻岩

f:id:prodigal04:20180221212822j:image

f:id:prodigal04:20180221212831j:image

f:id:prodigal04:20180221212837j:image

ここから、標高165mの最御崎寺まで一気に登る。標高は、大したことないが、勾配キツく、意外に疲れた。

f:id:prodigal04:20180221212845j:image

途中、東屋ぽい建物があった。

f:id:prodigal04:20180221212853j:image

中は、座れないので、展望台かな?

f:id:prodigal04:20180221212859j:image

ここが頂上。

f:id:prodigal04:20180221212921j:image

少し進むと山門が、いきなり現れる。
薬王寺から最御崎寺まで、74km。久々の札所。

f:id:prodigal04:20180221212929j:image

prodigal04.hatenablog.com

宿坊の横を通り、駐車場の方へ降りていく。

f:id:prodigal04:20180221213034j:image

最御崎寺からは、車道の室戸スカイラインを下る。

f:id:prodigal04:20180221213047j:image

f:id:prodigal04:20180221213054j:image

スカイラインを下ると、国道ではなく手前の裏道を進む。

f:id:prodigal04:20180221213100j:image

室戸岬小学校近くにある王子宮

f:id:prodigal04:20180221213558j:image

一度、国道に戻り、少し国道を歩いた後、裏道に進む。再度、国道に出て、今度は国道を横切り、港の方、進む。

f:id:prodigal04:20180221213132j:image

港の横を通ると津照寺は、すぐ近く。

f:id:prodigal04:20180221213140j:image

竜宮城のような津照寺が見えた。

f:id:prodigal04:20180221213208j:image

prodigal04.hatenablog.com

 

津照寺からは、山門を出て、右側に続く細道を進む。

f:id:prodigal04:20180221213224j:image

ここを右折

f:id:prodigal04:20180221213230j:image

すぐに左折。

f:id:prodigal04:20180221213238j:image

正面に表れる工事中の橋を渡る

f:id:prodigal04:20180221213245j:image

しばらく町中を歩くと国道に出る。

少し国道を進んだ所に「金剛頂寺」の標識。

ここを右に入っていく。

f:id:prodigal04:20180221213253j:image

入り口に休憩所

f:id:prodigal04:20180221213259j:image

ここからは車遍路と同じ道を歩く。

この橋を渡って、右折

f:id:prodigal04:20180221213325j:image

曲がり角に、休憩所。

壁にガス給湯器が付いてるけど、お湯も出る?

中は確認してない。

f:id:prodigal04:20180221213332j:image

車遍路道が右折する場所を歩き遍路道は直進する。

車遍路の時に、「なんで、こんな所を右折するんだろう」と違和感を感じた理由が分かった。

f:id:prodigal04:20180221213338j:image

登り始めは、舗装路。

f:id:prodigal04:20180221213343j:image

未舗装に変わり

f:id:prodigal04:20180221213349j:image

急勾配の山道になる

f:id:prodigal04:20180221213354j:image

舗装路が見えてきた。

f:id:prodigal04:20180221213403j:image

津照寺の駐車場に出る。

f:id:prodigal04:20180225204806j:image

津照寺への階段。

f:id:prodigal04:20180221213408j:image

prodigal04.hatenablog.com

 

金剛頂寺からの遍路道は大師堂の正面の階段を下りて、道標に従って進む。

f:id:prodigal04:20180221213432j:image

宿坊の駐車場の前を通り過ぎる

f:id:prodigal04:20180221213436j:image

駐車場から出て、右の方に進む。

f:id:prodigal04:20180221213441j:image

道標に従って進む。

f:id:prodigal04:20180221213445j:image

ここを右折

f:id:prodigal04:20180221213449j:image

道が細くなってきた

f:id:prodigal04:20180221213452j:image

 金剛頂寺からの遍路道は2ルートあって、この辺りで、道の駅 キラメッセ室戸の横に下りる道と少し遠回りの不動岩に下りる道に分かれるはず。
四国遍路ひとり歩き同行二人【地図編】とYAMAPを見比べても同じ場所に分岐があるようになってるのに見当たらない。
これかな?と思った道を進んでみるが、遍路道の札も一切無く、行き止まりになった。15分ほど、ウロウロしたが、段々、辺りが暗くなってきたので、諦めて不動岩の方に下りることにして道を進んだ。

f:id:prodigal04:20180221213500j:image

一度、舗装路に出る。

f:id:prodigal04:20180221213504j:image

しばらく進んだ所で、不動岩の方に向かう道と、もう1本、遍路道の札の掛かった道がある分岐があった。右の道を選択。

f:id:prodigal04:20180221213508j:image

道の途中にも札の掛かっていて、キラメッセ室戸の方に下りてきた。

f:id:prodigal04:20180221213512j:image

その分岐は、地図とはだいぶズレてるように思ったけど、とりあえず、キラメッセ室戸に到着して、今日の歩き遍路は、打ち止め。

f:id:prodigal04:20180221213517j:image