読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タクボンのこだわり人生

今までハマった事【車、家づくり、パン作り、ラジコンヘリ】や国内出張、台湾出張、お遍路の事や、今ハマっていることを綴っていきます

高野山へお礼参り

昨年、四国88ヵ所&別格20ヵ所の逆打ちを無事に終えることは出来ましたが、積雪の心配から高野山のお礼参りに行けてませんでした。

 

暖かくなってきたので、家族で高野山へ行ってきました。

24日(金)、仕事から帰り、少し睡眠を取った後、23時に自宅を出発して、車で徳島港

徳島港では、車に乗ったまま切符が買えるドライブスルーを初体験。

25日(土)午前2時55分発のフェリーで和歌山へ渡ります。

和歌山港には、5時10分着。

人生初めての和歌山です。

フェリーの中で少しでも寝ておきたかったのですが、あまり眠ることが出来ませんでした。

自分の中では、フェリーには、雑魚寝の所でも、枕や毛布が備え付けられているのが普通と思っていたのですが、このフェリーには枕も毛布も無し。

車には、膝掛けが数枚あったので、持って上がっておけば良かったです。

 

和歌山港からは、和歌山ICで阪和自動車道に乗り、京奈和自動車道のかつらぎ西PAスマートICからは一般道。

国道480号線で高野山に向かいました。

出発前の天気予報では、最低気温が-3℃だったので、積雪があったら、どうしようと心配でしたが、道中、雪を見ることはありませんでした。

 

高野山に到着したのは、7時30分。

壇上伽藍の向かい側の『中門前駐車場』に車を止めて、8時過ぎまで、車中でゴロゴロ。

駐車場は、無料。

 

思ったより寒いからか、駐車場には、車はポツポツ。もっと混むのかと思ってました。

8時を過ぎ、壇上伽藍に人が入り始めたので、自分たちも入ることにしました。

↓中門から壇上伽藍へ

f:id:prodigal04:20170326112447j:image

↓中門を抜けると、まず『金堂』が現れます。

f:id:prodigal04:20170326112503j:image

金堂拝観料は、一人200円。

自分でお金を料金箱に入れて、チケットを取ります。

(8時30分前だったからかも)

f:id:prodigal04:20170326113243j:image

↓根本大塔

大きく、色鮮やかで綺麗。

f:id:prodigal04:20170326112520j:image

根本大塔拝観料は、一人200円

ここも、自分でお金を料金箱に入れて入ります。

中の立体曼荼羅は、大きく、凄かったです。

写真撮影禁止だったので、写真はありません。

f:id:prodigal04:20170326113256j:image

↓壇上伽藍の配置と説明パンフレット

f:id:prodigal04:20170326113228j:image

↓金堂の裏側には、雪が残っていました

f:id:prodigal04:20170326112538j:image

大塔の正面にある御供所で、金堂と根本大塔の御朱印を頂きました。

↓金堂 御朱印

f:id:prodigal04:20170326112657j:image

↓根本大塔 御朱印

f:id:prodigal04:20170326112611j:image

 

壇上伽藍から少し奥に進み、金剛峯寺

正門には、2つの寺紋の提灯がありました。

左が豊臣秀吉拝領の青厳寺の寺紋「五三の桐」、右が高野山の鎮守・丹生都比売神社の寺紋「三頭右巴」。

金剛峯寺 正門

f:id:prodigal04:20170326112721j:image

 

金剛峯寺 大玄関

柵があり、ここからは入れず、右側にある小玄関から中に入れます。

f:id:prodigal04:20170326112742j:image

 

中で御朱印を頂けます。

四国別格20ヵ所の納経帳の金剛峯寺のページがあります。

f:id:prodigal04:20170326112902j:image

 

金剛峯寺から裏の高野山駅の方へ少し行った所にある徳川家霊台にも行ってみました。

門の周りには石垣が積まれて、お城っぽい雰囲気

門の下で拝観料を払い、御朱印もお願いします。

出てくるまでには書いて、置いておくとのこと

f:id:prodigal04:20170326112930j:image

徳川家康の霊屋

f:id:prodigal04:20170326112952j:image

造りが日光東照宮っぽいですが、日光より古く三代将軍 家光によって建てられたモノらしいです。

しかも、家康霊屋のみ東照宮というとか

f:id:prodigal04:20170326113008j:image

↓二代将軍 家忠の霊屋

f:id:prodigal04:20170326113027j:image

こちらも似ていますが、細々したところが違います

また、東照宮とは言わないそうです。

f:id:prodigal04:20170326113044j:image

門の下まで、降りてきたら、御朱印された納経帳が置かれてました。

f:id:prodigal04:20170326113105j:image

 

これから、奥の院

↓一の橋から入っていきます

f:id:prodigal04:20170326113152j:image

↓一の橋を通って、すぐに『司馬遼太郎文学碑』

f:id:prodigal04:20170326113335j:image

↓伊予 河野通直墓所

松山に住んでいるので、気になります

f:id:prodigal04:20170326113358j:image

武田信玄墓所

f:id:prodigal04:20170326113415j:image

上杉謙信

f:id:prodigal04:20170326113439j:image

伊達政宗墓所

f:id:prodigal04:20170326113500j:image

明智光秀墓所

f:id:prodigal04:20170326113523j:image

石田三成墓所

f:id:prodigal04:20170326113554j:image

本多忠勝墓所

f:id:prodigal04:20170326113646j:image

↓汗かき地蔵。

右奥に姿見の井戸がありました。

一応、井戸の中を覗いて、姿が写っているのを確認して、一安心。

f:id:prodigal04:20170326113713j:image

↓伊予 松山 松平家墓所

f:id:prodigal04:20170326113748j:image

↓豊臣家墓所

f:id:prodigal04:20170326113827j:image

階段を登ると、こんな感じ

f:id:prodigal04:20170326113812j:image

織田信長墓所

f:id:prodigal04:20170327224331j:image

↓バス停『奥の院前』側からの入口

こちらから入ると、有名企業の慰霊碑が多いです。

f:id:prodigal04:20170326114011j:image

↓ヤクルト 慰霊碑

f:id:prodigal04:20170326114026j:image

UCC 慰霊碑

f:id:prodigal04:20170326114043j:image

↓キリン 慰霊碑

f:id:prodigal04:20170326114100j:image

↓御廟橋

ここから先は撮影禁止です。

この先に、燈籠堂があり、その裏手に、今も弘法大師様が瞑想を続けている『弘法大師御廟』があります。

f:id:prodigal04:20170326114119j:image

↓御廟橋まで戻り、御供所で御朱印を頂きました

f:id:prodigal04:20170326114203j:image

奥の院御朱印を頂いた後は、『奥の院前』バス停まで行き、昼食を取った後、お土産を物色。

売店に、『みろく石』が売ってましたが、有名なお菓子なので、他でも売っているだろうと、ここでは買いませんでしたが、後で後悔することに

 

奥の院に入る時、一の橋の所にあった案内所の前を通りながら、「お土産がいっぱい売ってそうだな」と思ったので、そこまで戻ることにしました。

途中、一番下のチビちゃんが、歩き疲れて、「抱っこ、抱っこ」と喚くので、抱っこしながら、案内所へ

入ってみたモノの、あまり良さそうなモノがない・・・

『みろく石』も売ってない

スマホで売っている店を検索すると、ここから、しばらく歩いた店には売ってそう

でも、歩く元気は無い

ということで、『みろく石』は、諦めました。

 

奥の院前』で買っておけば良かったです。

 

一の橋案内所の近くのバス停『一の橋口』から『金堂前』までバスで移動。(一人 160円)

[中門前駐車場にあるバス停は金堂前です]

 

車に乗り込み、もう一つの目的地「東寺」へ向かうことにしました。

出発したのは、14時前。

6時間近く滞在しましたが、まだまだ、見足りない

 

また、機会があれば、ゆっくり来てみたいです。

今度は、宿坊にも泊まってみたい。

 

パイナップルケーキ

台湾お土産の定番と言えば、パイナップルケーキですよね

 

このパイナップルケーキ、以前は、あまり好きではありませんでした。

周りのクッキー生地が、ボロボロ落ちて食べにくいし、中のパイナップル餡は、あまり美味しいとは思えないし・・・

ほかに良い物がないのかと思うのですが、色んなパイナップルケーキを食べてみると、美味しいパイナップルケーキってあるんです。

それからは、万人受けが良いお土産と言えば、これに落ち着いてしまいます。

友人への土産だと、選択肢が出来てくるのですが・・・

 

生ものが持って帰れるなら、パイナップルやマンゴーになるのですが、持って帰れないので、仕方ないです。

(パイナップルは検疫すればOKですが、面倒くさい)

台湾の5月頃のパイナップルは、抜群に美味しいです。

日本では、まず食べることの出来ないパイナップルです。

 

で、パイナップルケーキですが、様々、あります。

最近は、ちゃんとした、お土産として買うときは、微熱山丘(sunny hills)のパイナップルケーキを買って帰ります。

東京の青山にも支店が出た人気のパイナップルケーキ専門店です。

桃園空港内には店があるのですが、台北松山空港は空港内には無く、近くに店があります。

ただ、近いと言っても、歩くと10分くらいかかります。

お店の外観は、お洒落です。

日本語は通じます。

店に入ると、パイナップルケーキの試食が出来ます。

一緒に出てくるお茶も美味しい。

f:id:prodigal04:20170318232801j:image

パイナップルケーキは、10個入と15個入の2種類。

個数売りはしてません。

↓1箱ずつ手提げ袋に入ってます。

これは、5個入

f:id:prodigal04:20170318232612j:image

↓手提げ袋から出すとこんな感じ

f:id:prodigal04:20170318232647j:image

↓箱を開けたところ。2段になってます。

f:id:prodigal04:20170318232654j:image

 

パイナップルケーキは、お土産屋さんだけでなく、パン屋さんで売っていることがあります。

自分が好きなパイナップルケーキが2つあって、両方ともパン屋さんのパイナップルケーキです。

 

1件は台南

成功路にある葡吉麵包店

www.pujeigift.com

 

もう1件は台北

MRT中山駅近くのオークラ プレステージ台北の向かい側にあるMita bakery

www.mitabakery.com.tw

どちらのパイナップルケーキも、皮が、とても美味しい。

さすが、パン屋って感じです。

 

パイナップルケーキ、食べ比べれば、結構、違いがあり、好みも人それぞれ

自分好みのパイナップルケーキを探すのも面白いですよ。

台南でブラブラ

出張最後の日、仕事はオフにして、台南をブラブラしました。

 

台南で蝦仁飯を食べておきたかったので、台南駅近くのホテルから成功路を西の方角へ進み、海安路を南下。

台南で蝦仁飯の有名な2店が、海安路を挟んで、右側に集品蝦仁飯、少し南の左側に矮仔成蝦仁飯があります。

 

お昼には早いので、もう少し南下して、新光三越新天地から見える『水萍溫公園』へ

f:id:prodigal04:20170316215152j:image

f:id:prodigal04:20170316215215j:image

f:id:prodigal04:20170316215233j:image

ホテルの近くの『台南公園』と比べると、人工的な造りで、個人的には台南公園の方が落ち着く感じがあり好きです。

ちなみに、海安路は、この辺りから夏林路に名前が変わります。

 

正午になると混むような気がするので、11時30分くらいに、『矮仔成蝦仁飯』に行きました。

店の入口のカウンターで注文して、席に座るシステムです。

カウンターにある伝票の欲しい物のところに、数を記入して渡します。

今回は、初めてなので定番の『蝦仁飯』と『鴨蛋湯』を注文しました。

席は、台南ではよく見る店の前の通路に机と椅子が並ぶスタイルでした。

f:id:prodigal04:20170316215251j:image

後から気がついたのですが、店の右側にも席がありました。

f:id:prodigal04:20170316215312j:image

↓店内

f:id:prodigal04:20170316215331j:image

↓先に来たのは『蝦仁飯』

f:id:prodigal04:20170316215344j:image

↓後から来た鴨蛋湯

f:id:prodigal04:20170316215400j:image

どちらも美味しかったです。

 

その後、林百貨店の前を通ってホテルに戻りました。

www.hayashi.com.tw

自分が台湾出張を始まった頃にはオープンしてませんでしたが、途中でオープンしました。

外観は、とても雰囲気があって良いです。

ただ、中には入ったことがありません。

f:id:prodigal04:20170316215525j:image

↓夕方

f:id:prodigal04:20170316215546j:image

夜は、もっとライトアップがキレイです。

 

その後、『茶湯會』で新鮮水果茶を購入。

www.teapatea.com.tw

始めは、タピオカミルクティー(珍珠奶茶)を買おうと思って寄りましたが、こちらの方が、サッパリして美味しそうだったので、メニューを見て変更。

メニューを指差しで注文した後、氷と砂糖の量を北京語で聞かれ、タジタジに・・・

店員のお姉さんも、答えが返ってこないので、困った様子。

身振り手振りと、片言の英語で乗り切りました。

スタバのような外資系の店は、英語で話してくれますが、地元の店は、なかなか、そうはいきません。

f:id:prodigal04:20170316215427j:image

500mlくらい入っていてNT$55

タピオカミルクティーなら、NT$49

安いし美味しい

f:id:prodigal04:20170316215445j:image

↓台湾では、こういう買い物袋に入れてくれます。量が多くて、一気に飲まなくても、提げて歩けるので便利です

f:id:prodigal04:20170316215508j:image

台湾は、飲み物も、種類が多くて、美味しい。

果物屋さんとかでも、ジュースが普通に売ってます。

 

滞在中にパイナップルを食べましたが、出始めって感じで、まだまだでした。

5月頃のパイナップルは、抜群に美味しいです。

マンゴーは、まだ出ていませんでした。

出てくるのは、6月くらいからでしょうか。

今日は、最高気温が25℃程度だったので、歩いていても、日差しは強くなく、気持ちよく歩けました。

台南を観光するのなら、6月がお勧めかな

パイナップル・マンゴーが美味しく食べられ、暑いけど、耐えられる暑さなので

 

6月に出来れば再来したいと思っています。

 

台南へ出発

3月12日から台湾へ出張してました。

出張中の主な宿泊は、台南です。

今回の出張の後は、しばらく台湾出張がなくなると思うので、最後の日はオフにして台南を少しブラブラするつもりです。

 

空路は、いつも通り、松山→羽田→台北です。

松山発は、朝一便で手荷物を預けるので、カウンターがオープンする6時30分を目指してましたが、空港に着いたのは、10分遅れの6時40分。

手荷物検査場には、既に長蛇の列が出来てました。

ただ、今回はANAの手荷物検査の入口にプレミアムメンバー用の入口が出来ていて、そこから長蛇の列を飛ばして最前列へ。

松山空港では初めての体験でした。

 

羽田空港内の国内線と国際線の移動は、ANAの乗り継ぎバスです。

ANAの場合、第2ターミナルからなので、時間がかかるからでしょうか、このバス、いつでも運行しています。

JALの場合、時間帯によって、運行していないので、一度、建物の外に出て、無料の連絡バスに乗る事が、しばしばあります。

季節の悪い時期は、ちょっとツラいときがあります。

 

乗り継ぎバスは、乗客が多くて、ギリギリ乗れましたが、国際線ターミナルに着くと、2つの検査場とも長蛇の列。

乗り継ぎバス乗り場の近くの検査場が、列が出来ているのは初めてです。

この後、免税店、換金所、ラウンジに行きましたが、どこも、人がいっぱいでした。

この時期、人が多いんですね。

 

 台北松山空港でも、連れが飛行機から出てくるのが遅く、入国審査でも長蛇の列に並ぶ羽目に

手荷物を受け取った後の換金所でも長蛇の列。

今日は、何かと並ぶことが多かったです。

ちなみに、換金は、台北松山空港にある換金所の方がレートは良いです。

羽田で換金するのは、会社の出張精算用のレシートを手に入れるためです。

 

台北松山空港プリペイドSIMを手に入れます。

桃園空港は、3つのキャリアのSIMを購入出来ますが、台北松山空港は中華電信のみになります。

今回は、6日間の滞在なので、7日間でNT$500のSIMを購入。

日本円で2,000円程度

日本のキャリアの海外パケット1日分の料金で、7日間使えるので、安いですよ。

↓中華電信のカウンター

f:id:prodigal04:20170316215011j:image 

日本語は通じないですが、英語は、通じます。

でも、あまり話す必要はないです。

カウンターの上に、『通話+データ通信』『データ通信のみ』のコース別に、日数と金額が書かれた表があるので、欲しいカードの条件を指差して、スマホや無線ルーターを渡せば、SIMを入れて設定までしてくれます。

大きな都市でも、プリペイドSIMを購入出来ますが、空港で買うSIMと、コースが違い、パケット制限があったような気がします。

空港で買うSIMは、パケット無制限です。

 

空港から台北駅までは、タクシーで移動します。

地下鉄でも行くことは出来ますが、駅にエスカレーターがないことがあるので、大きい荷物がある時は、タクシーで移動する方が無難です。

台湾のタクシーは安いので、利用する場面は多いです。

タクシーでは「高鐡(ガオティエ)」と言えば台北駅まで行ってくれます。大体NT$200未満。

高鐡・・・高速鉄道、HSR(High speed Rail)

鐡(鉄の古い漢字)

 

台北から台南へは新幹線で移動です。

切符は、自動販売機で買えるので、会話は不要です。

タッチパネルを操作して、クレジットカードか現金で購入します。

ただ、よく分からないのですが、クレジットカードは 、使えたことがなく、いつも現金で購入しています。

自動販売機によっては、現金が使えない機械があるので、自動販売機の上に「現金」と書かれているか確認が必要です。

また、現金で支払う場合、お札のお釣りは出てきません。

金額が大きくても、NT$50硬貨で出てくるので注意しましょう。

このNT$50硬貨、重いんですよね〜

↓切符

f:id:prodigal04:20170318215658j:image 

↓自動改札

f:id:prodigal04:20170317134249j:image

切符を裏返しにして、磁気テープを上にして差し込みます。

↓切符の裏

f:id:prodigal04:20170318215728j:image

切符が出口から出てくるので、切符を引き抜くとゲートが開きます。

新幹線は、いつも商用(グリーン車)に乗ります。

グリーン車は、席に着くと、コーヒー等の飲み物とクッキー等のおやつを持ってきてくれます。

コーヒー以外の飲み物を頼んだことがないので、他に何があるかは知らないです。

f:id:prodigal04:20170317134602j:image

 

台南高鐡駅は、台南郊外にあり、タクシーで30分くらいかかります。

大体NT$400くらい

 沙崙駅から台南駅まで、電車で30分くらいで行けますが、荷物があるので、いつもタクシーです。

 

昼過ぎに羽田を出発して、19時頃には台南に入ることが出来ました。 

台湾出張 準備

明日から1年ぶりに台湾へ出張です。

出張は、今年に入って、国内も含めて、初めてとなります。

台湾に出張する際に、持参する物について、少し書いてみます。

 

文庫本

国内出張でも、持って行きますが、すぐに始めたり止めたりできるので、重宝します。

国際線の場合、映画も観れますが、離陸、着陸時は、アナウンスが入り、中断され、再開時に少し飛んだりするので、イライラします。また、ビジネスクラスの場合、モニターを出すタイプの席では、離陸、着陸時は、モニターを収納する必要があるので、観ることが出来ません。

自分の場合、飛行機以外でも、新幹線、ホテルでもよく読みます。

 

スリッパ

ホテルのスリッパは薄い事が多いので、持参するほうが良いです。

長期の場合は、少しかさばりますが、crocsがあると便利。室内だけではなく、屋外でも履けるので楽ちんです。

 

爪切り・耳かき

2週間以上の滞在になると、爪切り・耳かきが欲しくなります。国内であれば、コンビニ行けば売っているので簡単に手に入りますが、国外では、なかなか売っている所がありません。台湾にも東急ハンズ無印良品があり、そういう店では買うことが出来ますが、国内で買うより、ずっと高いです。

 

ドリップコーヒー

出張先にもよりますが、台湾の場合、持って行きます。台湾でもドリップコーヒーは売っていますが、日本のモノのほうが安くて美味しいです。

 

日本で売っている薬が、日本人に一番合うと思います。私が持参するのは、風邪薬・胃腸薬・虫刺され用・タミフル等。

どこの国に行く場合でも、病院に行くことは、出来るだけ避けたいです。

 

マスク

移動中に病気をうつされないように、マスクは必需品です。

 

シャンプー・リンス

これは宿泊する国、ホテルのグレードにもよっては必要になります。台湾の常宿としているホテルのシャンプー・リンスは、あまり質が良くないので、台湾出張の場合、持参します。

 

歯ブラシ・歯磨き粉
台湾のホテルにも歯ブラシ・歯磨き粉はあるのですが、歯を磨いていると歯ブラシの毛がすぐに抜けて、まともに磨けないので、持参します。

 

パジャマ

台湾の場合、ホテルにパジャマ等のナイトウェアがありません。

 

長袖のシャツ

夏でも長袖のシャツがあれば重宝します。エアコンが効きすぎて寒い場合、さっと羽織れます。台湾の場合、屋内や乗り物の中は、ガンガンにエアコンを効かせてるので、寒いことが多いです。

 

 

これまでの事、これからの事

これまでの事を振り返ると、自分でも「よく、そこまでハマったな」と思うくらい、ハマる性格。

飽きやすいとは思わないけど、その時、ハマっている事に、夢中になるので、それ以前にハマっていた事は疎かに・・・

決して、飽きた訳では・・・

 

また、仕事で、ちょこちょこ、出張に出かけます。

頻度は、多くないけど、少なくもないかな?

国内が多いけど、たまに、海外。というよりは、海外は、これまでは、台湾のみ。

 

今までハマった事、出張や旅行の事、これからの事を綴って行きたいと思ってます。

四国別格 腕輪念珠作り

四国遍路には、八十八ヵ所の札所とは、別に、弘法大師様と縁の強かった20ヶ寺が四国別格20霊場というのをつくってます。

別格20霊場では、納経帳に御朱印を頂く際に、霊場の名前の入った念珠の珠を購入することが出来ます。

珠の種類は、4種類で、男玉・女玉・紫檀・腕輪です。

霊場の珠とは別に親玉を購入するのですが、持ち回りで、弘法大師様と出来る霊場が代わります。

2016年は、8番札所の十夜ヶ橋

f:id:prodigal04:20170220220557j:image

一番左に写っているのが、親玉

 

全ての念珠の珠を揃えると、念珠を作ることが出来ます。

親玉には、一応、房も付いているので、購入した珠だけでも、念珠を作ることは出来ますが、お遍路ショップ等で、房やを変更して仕立てて貰う方も多いようです。

 

ただ、自分が集めたのは腕輪念珠なので、房が付くわけでもないので、自分で各寺で1つずつ購入した珠で腕輪念珠を作りました。

一つだけ、こだわったのは、腕輪を作るための紐。

腕輪の紐が切れて、珠が飛び散った事を考えると、ゾッとします。

たとえ、一つだけ紛失したとしても、その珠を手に入れるためには、わざわざ、その霊場に行く必要があります。

 

そのため、オペロンゴムという、紐を使って腕輪を作りました。

このオペロンゴム、強度は、そこまで強くないけど、繊維が何層にもなって紐になっているので、一度に全て繊維が切れない限りは、飛び散ることがないという代物です。

 

で、出来上がった腕輪念珠がコレ

f:id:prodigal04:20170220220404j:image