タクボンのお遍路日記

お遍路の事を綴っていきます

2016-11-06から1日間の記事一覧

53番札所 円明寺[えんみょうじ]

須賀山 正智院 圓明寺 本尊:阿弥陀如来 本尊真言:おん あみりた ていぜい からうん ご詠歌:来迎の 弥陀の光の 圓明寺 照りそう影は 夜な夜なの月 寺伝によれば天平勝宝元年(749年)聖武天皇の勅願を受けて行基が本尊阿弥陀如来、脇侍に観世音菩薩、勢至…

52番札所 太山寺[たいさんじ]

瀧雲山 護持院 太山寺 本尊:十一面観音菩薩 本尊真言:おん まか きゃろにきゃ そわか ご詠歌:太山に 登れば汗の 出でけれど 後の世思えば 何の苦もなし 太山寺の草創については、以下のような「一夜建立の御堂」伝説が伝えられている。飛鳥時代の用明2年…

51番札所 石手寺[いしてじ]

熊野山 虚空蔵院 石手寺 本尊:薬師如来 本尊真言:おん ころころ せんだりまとうぎ そわか ご詠歌:西方を よそとは見まじ 安養の 寺に詣りて 受くる十楽 寺伝によれば、神亀5年(728年)に伊予国の太守、越智玉純(おちのたまずみ)が夢によってこの地を霊…

50番札所 繁多寺[はんたじ]

東山 瑠璃光院 繁多寺 本尊:薬師如来 本尊真言:おん ころころ せんだりまとうぎ そわか ご詠歌:よろずこそ 繁多なりとも 怠らず 諸病なかれと 望み祈れよ 寺伝によれば天平勝宝年間、孝謙天皇の勅願により行基が開基し、孝謙天皇の勅願所となったという。…

49番札所 浄土寺[じょうどじ]

西林山 三蔵院 浄土寺 本尊:釈迦如来 本尊真言:のうまくさんまんだ ぼだなん ばく ご詠歌:十悪の 我身を棄てず そのままに 浄土の寺へ まいりこそすれ 天平勝宝年間(749年-757年)に孝謙天皇の勅願を受けて恵明(えみょう)上人が開創、本尊として行基が刻…

48番札所 西林寺[さいりんじ]

清滝山 安養院 西林寺 本尊:十一面観音菩薩 本尊真言:おん まか きゃろにきゃ そわか ご詠歌:弥陀仏の 世界を訪ね 行きたくば 西の林の 寺に詣れよ 寺伝によれば、聖武天皇の勅願を受け、天平13年(741年)に行基が伊予国国司越智宿禰玉純と共に堂宇を建…

別格9番札所 文殊院[もんじゅいん]

大法山 文殊院 徳盛寺 本尊:地蔵菩薩、文殊菩薩、弘法大師 御詠歌:われ人を すくわんための 先だつに みちびきたまう 衛門三郎 【2016年 逆打ち 車遍路】 47番札所 八坂寺から48番札所 西林寺の途中にある別格9番札所 文殊院。遍路を始めた衛門三郎の邸宅…

47番札所 八坂寺[やさかじ]

熊野山 妙見院 八坂寺 本尊:阿弥陀如来 本尊真言:おん あみりた ていぜい からうん ご詠歌:花を見て 歌読む人は 八坂寺 三仏じょうの 縁とこそ聞け 寺伝によれば役行者によって開基され、大宝元年(701年)に、伊予の国司越智玉興が、文武天皇の勅願を受け…

46番札所 浄瑠璃寺[じょうるりじ]

医王山 養珠院 浄瑠璃寺 本尊:薬師如来 本尊真言:おん ころころ せんだりまとうぎ そわか ご詠歌:極楽の 浄瑠璃世界 たくらへば 受くる苦楽は 報いならまし 寺伝によれば、和銅元年(708年)に大仏開眼を前にした布教に訪れた行基が堂宇を建立、本尊の薬…

別格10番札所 西山興隆寺[にしやまこうりゅうじ]

仏法山 仏眼院 興隆寺 四国別格20霊場10番四国36不動尊霊場第8番 本尊:千手千眼観音菩薩 御詠歌:み佛の 法(のり)の御山(みやま)の 法(のり)の水 ながれも清く みゆるぎの橋 創建の経緯は定かでない[1]。寺伝によれば、皇極天皇元年(642年)に空鉢上…

別格11番札所 生木地蔵[いききじぞう]

生木山 正善寺 本尊:延命地蔵菩薩(生木地蔵)、薬師如来(本寺) 御詠歌:一夜にて 願いを立つる みこころは 幾代かはらぬ 楠のみどりば(生木地蔵) 生木地蔵は福岡八幡宮が鎮座する四尾山(おしぶやま)と呼ばれる小山の麓にある。 伝承によれば、空海(…