タクボンのこだわり人生

今までハマった事【車、家づくり、パン作り、ラジコンヘリ】や国内出張、台湾出張、お遍路の事や、今ハマっていることを綴っていきます

台湾出張 2014.7.2

今日から2週間、台湾へ出張です。

帰国の時、国内線の搭乗手続きカウンターの長蛇の列に並ぶのが嫌で、会社にANAのプレミアムメンバー「Platinum」の推薦をお願いしてたところ、今回の出張に間に合いました。

(ただ、2年連続はNGという制限付きです)

 

というわけで、今回から手荷物には「Priority」のタグ付け、優先搭乗等、至れり尽くせりです。

何より国際線のラウンジが使えるのは、とても嬉しいです。

国内線ラウンジはドリンクは飲み放題ですが、国際線ラウンジは、食べ物もあるので、自由に食べることが出来ます。

しかも、美味しい。

 

優先搭乗も国内線は、あまりメリットを感じませんが、国際線では、かなりメリットがあります。

国際線の場合、無料で預けられる手荷物に制限があるので、多くの手荷物を機内持ち込む人がいるため、普通に搭乗した時には、席上の物入れが、パンパンで、自分の手荷物を入れる事が出来ないことが多々あります。

優先搭乗の場合、先に搭乗するので、当然、物入れは、空いてます。

また、優先搭乗出来る人は、無料で預けられる手荷物の枠が、普通の人より多いので、持ち込み手荷物も少ない方が多いです。

 

あとは、国際線のチェックインは、ビジネスクラスカウンターで受付してくれます。

行きの便は、松山空港で国際線のチェックインを済ませるので、この恩恵にはあやかりませんでしたが、帰りの便では、威力を発揮してくれるでしょう。

 

ビジネスクラスに乗れるようなら、当たり前のサービスなんでしょうが、エコノミークラスにしか乗れない自分には、ほんと、至れり尽くせりのサービスです。