読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タクボンのこだわり人生

今までハマった事【車、家づくり、パン作り、ラジコンヘリ】や国内出張、台湾出張、お遍路の事や、今ハマっていることを綴っていきます

ANA プレミアムメンバーについて

2014年、よく台湾に来ました。

2月以降は、毎月、台湾に来ています。

詳細は、前回記事で

 

年末が近づき、現時点でのプレミアムポイントは、約45,000ポイント。

松山→羽田→台北松山の1往復で、4,145ポイント貯まるので、今回の帰りと次回の往復で、プラチナの基準(50,000以上)は、満たすことが出来そうです。

 

プレミアムメンバーの事を少し書きます。

ANAの場合、飛行機に乗ると、マイルとは別に、プレミアムポイントというものが貯まります。

プレミアムポイントは、マイルと違い、実際に飛行機に、乗らないと貯まりません。

また、1月1日から12月31日の間で貯まり、次年度のステイタスが決まり、年が明けると、リセットされます。

プレミアムメンバーは、2014年時点では、下記のようになります。

30,000以上で、ブロンズ

50,000以上で、プラチナ

100,000以上で、ダイヤモンド

また、ANAのプレミアムメンバーは、スターライアンスのステイタスホルダーになります。

ブロンズは、シルバー。

プラチナとダイヤモンドは、ゴールドメンバーになります。

 

ブロンズ→プラチナ→ダイヤモンドと、サービスは充実してくるのですが、狙うなら、プラチナ以上。

というのも、ブロンズとプラチナでは、サービスに大きな差があるのと、プラチナ以上で、初めて申し込めるクレジットカードの存在があります。

このクレジットカード、スーパーフライヤーズカード(SFC)は、プレミアムメンバーのステイタスが無くなったとしても、年会費を払い続ける限り、プラチナ同等のサービスを受けることが出来ます。

しかも、家族カードを作れば、家族会員は飛行機に一度も乗らなくても、ステイタスをゲット出来てしまいます。

 

世の中には、このSFCを取得するために、飛行機に乗る修行僧と呼ばれる人達が居るくらいです。

 

私の場合、会社から推薦で、現時点、プラチナのステイタスを頂いて、様々な恩恵を受けていますが

推薦の場合、SFCの申し込みが出来ない事と2年連続の推薦はNGとなっています。

なので、今年、50,000以上貯めて、自力でプラチナになりたかったのですが、来月の出張で、達成出来そうな感じです。

 

プレミアムポイントを効率良く貯める方法は、様々ありますが、『国内線のプレミアムクラスを安価な運賃で長距離乗る』『近距離の国際線と乗り継ぎ便をプレミアムクラスで長距離乗る』が主な方法だと思います。

私の場合、出張の飛行機で達成出来そうなので、実施しませんでしたが、プレミアムポイントが足りないようであれば、下記のルートを飛ぼうと思っていました。

松山→那覇(早割 プレミアムクラス)

那覇→羽田(国際線 乗り継ぎ便 プレミアムクラス)

羽田→台北(国際線)

乗り継ぎ便は、当日アップグレードする必要があり、空きがない可能性があります。

アップグレード出来た場合は、現金かクレジットカードで支払いましょう。

それ以外の方法を取った場合、プレミアムポイントは普通クラスのままになります。