タクボンのお遍路日記

お遍路の事を綴っていきます

別格20番札所 大瀧寺[おおたきじ]

福大山 大瀧寺

四国88箇所 総奥の院
四国別格20霊場 20番

本尊: 西照大権現

御詠歌:霊峰の 岩間にひらく 法の道 厄をながして 衆生ぞすくわる

 

伝承によれば、奈良時代神亀3年(726年)に行基が大滝山上に阿弥陀三尊を安置したことに始まるとされる。空海は、青年期に「阿国大瀧嶽ニ躋リ攀ヂ(のぼりよぢ)」て求聞持法を修したと自著「三教指帰」に記しているが、この大瀧嶽は当山とも、阿南市太龍寺(舎心嶽)ともいう。平安時代前期の弘仁6年(815年)に空海が再びこの地を訪れて寺院を再興し、西照大権現の像を安置したといわれる。

天安2年(858年)には聖宝(理源大師)が厄除厄流の大護摩を修法したと伝えられている。

江戸時代には徳島藩家老稲田氏の祈願所となり、高松藩の崇敬も集めた。

隣接する西照神社とは神仏混淆山岳信仰宗教施設「西照権現」として存在していたが、明治初期の神仏分離令により大瀧寺と西照神社とに分離された。

 

【2016年 逆打ち 車遍路】

今日は平日だけど、振替休日を頂いたので、前回の遍路バスツアーの続き
前回は、『88ヵ所逆打ちバスツアー』だったから、回らなかった別格からスタート

イン活でも別格は回っていないから、大瀧寺への道は初めて走る

今回からは、コイツに頑張ってもらいます。

 f:id:prodigal04:20170224181126j:image

元々、四国別格20霊場は、廻る予定は、なかったけど、仕事の取引先の営業さんから、腕輪念珠を見せてもらって、気になって、調べていくうちに、どうせ、88ヵ所で四国を廻るんだったら、別格も同時に廻った方が、後で別格だけ廻るより効率が良い事が分かり、廻ることに

 

別格20番札所の大瀧寺は、バスツアーで行った88番 大窪寺の近くなので、ここに関しては効率が悪い

まっ、仕方ないですね

バスツアーの時と同じで脇町ICで高速を降り、大窪寺に行く道とは、違う道に進む

 

この大瀧寺、かなり山奥なので、食事・トイレは、済ませておいた方が良い

大瀧寺の正面は、こんな感じ

 f:id:prodigal04:20170224181238j:image

初め駐車場が、よく分からず、通り過ぎてしまい、Uターンして引き返す

大瀧寺の境内は、他の参拝者はいなかった

別格になると参拝者は、少ない

 

本堂と大師堂で納経。

別格の納め札は、88ヵ所と違う札を使うけど、納経の方法は、基本的に同じ

バスツアーと違い、これからは、嫁と二人なので、読経は、ちゃんと出来るか、かなり緊張

やっぱり、スラスラは無理だった

特に、光明真言は詰まらず読める気がしない

『おん あぼきゃ べろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん』

 

納経所で御朱印を頂き、腕輪念珠用の珠と女珠を、1個ずつ購入

 f:id:prodigal04:20170224181359j:image