タクボンのお遍路日記

お遍路の事を綴っていきます

78番札所 郷照寺[ごうしょうじ]

仏光山 広徳院 郷照寺

本尊:阿弥陀如来

本尊真言:おん あみりた ていぜい からうん

ご詠歌:踊りはね 念仏唱う 道場寺 ひょうしをそろえ 鐘を打つなり

 

寺伝によれば、行基神亀2年(725年)に一尺八寸(55cmという説も)の阿弥陀如来を本尊として開基、当初は道場寺と呼ばれていた。大同2年(807年)に空海弘法大師)が伽藍を整備した。その時に厄除の誓願を修し大師像を納め、それが「厄除うたづ大師」として信仰されていると云われている。仁寿年間(851年から854年)には理源大師が阿弥陀三昧の行を修した。寛和年間(985年から987年)には恵信僧都が釈迦如来の絵図を納め釈迦堂を建立した。正応元年(1288年)には一遍上人が遊行の折に3か月逗留し踊り念仏の道場を開いた。その後も栄えたが天正の兵火(1576年から1585年)で堂宇を焼失するも寛文4年(1664年)高松藩松平頼重により再興、その時の住持と徳川家の関係により、時宗に属し郷照寺と改称した。このため四国八十八箇所では珍しい異なる2つの宗派が共存する寺になっている。

 

【2016年 逆打ち 車遍路】

前回は、Google Mapsに案内してもらったら、本堂のある境内の裏側に連れて行かれて、エラい目あったから

今回は、案内先を駐車場に、ちゃんと設定していたのに、今回も迷った💦

前回、迷ったけど、最終的にたどり着いたから油断してたのかもしれない

f:id:prodigal04:20170224230620j:image

納経を済ませて、納経所で御朱印を頂いて、記念散華を貼る台紙を購入しようとしたら、売り切れだった(台紙は末番が8の札所で売っている)

「もしかしたら、善通寺では、まだ売っているかもしれない」と教えてくれたので、善通寺を参拝した時に聞いてみる事にした

記念散華は、日本遺産認定を記念して、平成29年5月31日まで、88ヵ所の納経所で御朱印を頂く時に、御影と一緒に各霊場の散華が配られている

 f:id:prodigal04:20170224230754j:image