タクボンのお遍路日記

お遍路の事を綴っていきます

別格18番札所 海岸寺[かいがんじ]

経納山 迦毘羅衛院 海岸寺

四国別格20霊場 18番
四国36不動 31番

本尊:聖観音(本坊)、弘法大師誕生仏(奥の院

御詠歌
遠近(おちこち)と ながめば沖の 走船 ふでや硯の なみぞうつなる(本坊)
わだつみの岸のお寺の産盥(うぶだらい)すすいでかける湯手掛の松(奥の院
せとのきし まなこやひらく かいがんじ よろこびみちぬ 身も心にも(別格)
かのきしに こえもとどけよ マカロシャダ 除障明王 カンマンボロン(四国不動)

 

寺伝によれば、ここは空海弘法大師)の母親である玉依御前の出身地とされる。更に空海奈良時代後期の宝亀5年(774年)に当寺奥の院で生まれたとされており、弘法大師出化初因縁(しゅっけしょいんねん)の霊跡と言われる。

平安時代初期の大同2年(807年)空海弥勒菩薩を刻み、堂宇を構えたのが当寺院の開創と伝えられている。弘仁6年(816年)には空海が自身の像を刻み、大師堂を建てたことにより奥の院が開かれたとされる。

戦国時代には土佐の戦国大名長宗我部元親の進攻に遭い天正11年(1583年)には伽藍が焼亡し、天正18年(1590年)より随時再建がなされた。

 

【2016年 逆打ち 車遍路】

別格18番札所 海岸寺に着いたとき、雨がパラパラ降ってきた

駐車場は、本堂横にあったから、あまり濡れることなく、本堂にたどり着くことが出来た

f:id:prodigal04:20170224234103j:image
本堂で納経した後、大師堂の場所が分からず、お寺の人に尋ねたら、1度、山門を出て、道の反対にあるとの事
境内から出て、しばらく歩いても、らしき建物が見えない

迷ったかと、不安になっていたら、遍路バスツアーの一行が、少し遠くをゾロゾロ
おかげで、場所が分かった
ただ、ここまで大師堂が離れている所は、あまり無いかも

大師堂で納経して、また、本堂へ戻り、本堂横の納経所に行くと、さっきのツアーの納経帳が山積み

少し待って御朱印を頂いた

本堂で納経した後、先に頂いといたら良かった

 f:id:prodigal04:20170224234143j:image