タクボンのお遍路日記

お遍路の事を綴っていきます

73番札所 出釈迦寺[しゅっしゃかじ]

我拝師山 求聞持院 出釈迦寺

本尊:釈迦如来

本尊真言:のうまく さんまんだ ぼだなん ばく

ご詠歌:迷ひぬる 六道衆生 救はんと 尊き山に いづる釈迦寺

 

寺伝によれば、空海弘法大師)が7歳の時に倭斬濃山(わしのやま)(現、我拝師山)に登り、「仏門に入って多く人と衆生を救いたいのです。私の願いが叶うなら釈迦如来様、お姿を現して下さい。もし、願いが叶わないのなら私の命を仏に供養します」と願い、山の断崖から谷へと飛び降りた。すると、落下する空海の前に釈迦如来と天女が現れて抱きとめ、「一生成仏」と宣し、彼の願いが成就された。感激した空海は、釈迦如来が現われた山を「我拝師山」名づけ、その山に出釈迦寺を建立し、釈迦如来の尊像を刻んで本尊としたという。

現在の当寺の奥之院である山上のお寺は、曼陀羅寺の奥之院であったが、1600年代半ばに我拝師山の麓に寺が建立され。山上が札所であるが麓の寺でも納経するようになっていた。しかし、1920年大正9年)に札所は麓の寺に移された。

 

【2016年 逆打ち 車遍路】

73番札所 出釈迦寺の山門に着いたのが、16時40分。

f:id:prodigal04:20170225000726j:image

納経所で、先に御朱印を頂いてから、本堂に向かいました。

 f:id:prodigal04:20170225000823j:image

f:id:prodigal04:20170225000900j:image

今日は、ここで打ち止め
別格3つと88ヵ所7つの計10ヶ寺を廻ることが出来ました。