タクボンのお遍路日記

お遍路の事を綴っていきます

76番札所 金倉寺[こんぞうじ]

鶏足山 宝幢院 金倉寺

本尊:薬師如来

本尊真言:おん ころころ せんだりまとうぎ そわか

ご詠歌:まことにも 神仏僧を 開くれば 真言加持の 不思議なりけり

 

円珍の生誕地として知られ、明治期には乃木希典が客殿を仮住まいにしていた時期があり、客殿には乃木ゆかりの品々が展示され、境内には銅像もある。

712年(和銅5年)正月1日景行天皇の子孫の道善が金輪如意(如意輪観音)を祀って自在王堂を建て、道善寺と呼ばれていた。 その後、円珍(智証大師)が846年(承和13年)入唐、858年(天安2年)帰朝し、仁寿元年に和気宅成の上奏により、道善寺の敷地を賜り、859年(貞観元年)金蔵寺と改める[1]。928年(延長6年)醍醐天皇の勅命により「金倉郷(当時の地名)」から名前をとり現在の「金倉寺」と改名したとされる。

 

【2016年 逆打ち 車遍路】

今日も振替休日を頂いたので、お遍路
初回のバスツアーを含めると4日目
そろそろ、香川を終わらせたい
というわけで、がもううどんを頂いた後、本日の1ヵ寺目

f:id:prodigal04:20170225083805j:image

本堂で納経した後、大師堂へ

ここの大師堂は、中央に「智証大師」を祀ってます。

右に「弘法大師」が脇仏で安置されてます。

大師堂で、弘法大師を中央に祀ってないのは、ここだけ

 

大師堂でも納経を済ませて、納経所で御朱印を頂きました。

 f:id:prodigal04:20170225084030j:image