タクボンのお遍路日記

お遍路の事を綴っていきます

別格11番札所 生木地蔵[いききじぞう]

生木山 正善寺

本尊:延命地蔵菩薩(生木地蔵)、薬師如来(本寺)

御詠歌:一夜にて 願いを立つる みこころは 幾代かはらぬ 楠のみどりば(生木地蔵

 

生木地蔵は福岡八幡宮が鎮座する四尾山(おしぶやま)と呼ばれる小山の麓にある。

伝承によれば、空海弘法大師)が巡錫の折、四尾山の麓で仮寝をした。その際に楠の大木に童子が現れた。これに霊感を得た空海が、その楠に一夜で地蔵菩薩を刻んだ。しかし、天邪鬼が鶏の鳴き真似をしたので、夜が明けたと思った空海は地蔵の片耳を刻み残したまま立ち去ったといわれている。

青葉の茂る楠に地蔵が刻まれたので「生木地蔵」と呼ばれるようになった。

この楠の大木は昭和29年(1954年)9月26日に来襲した洞爺丸台風によって根元から倒れた。そこに刻まれた地蔵菩薩は無事であったので、お堂を建立し本尊として祀られた。 なお、倒木は樹齢1200年と推定されており、本堂向かって左側に祀られている。

 

【2016年 逆打ち 車遍路】

今日は、上の子(中2)と真ん中(小6)が家に居なく、隣に住む両親も出かけているので、4歳のチビを連れてのお遍路。

なので、あまり遠くに行かず、近場を廻る。

(移動中の間が待たない)

 

まずは、別格11番札所 生木地蔵

 

地図やGoogle マップで調べてたけど、結局、場所がよく分からないまま、出発。

生木地蔵→」の標識を1ヵ所、見つけて、右折して、Google マップ上の場所の近くまで来たけど、それらしき建物も無く、看板も無い。

少し廻りを走ってみたけど、分からない

諦めて、さっき見た標識のところまで戻った

で、標識のところまで戻って、分かった。

標識の場所のすぐ横に「生木地蔵」。

初めは反対から来て、標識の次の交差点を矢印の通りに曲がったが、そういう意味では無かったみたい。

標識の真横が生木地蔵だった

 

駐車場は、あまり広くないが、朝早かったから、ガラガラだった。

f:id:prodigal04:20170305182035j:image

本堂と大師堂で納経した後、納経所で御朱印を頂いている間に駐車場が埋まって、数台、待っている状態に。

停め方にもよるけど、ココの駐車場は4・5台しか停められない・・・

 f:id:prodigal04:20170305185437j:image