タクボンのお遍路日記

お遍路の事を綴っていきます

46番札所 浄瑠璃寺[じょうるりじ]

医王山 養珠院 浄瑠璃寺

本尊:薬師如来

本尊真言:おん ころころ せんだりまとうぎ そわか

ご詠歌:極楽の 浄瑠璃世界 たくらへば 受くる苦楽は 報いならまし

 

寺伝によれば、和銅元年(708年)に大仏開眼を前にした布教に訪れた行基が堂宇を建立、本尊の薬師如来と脇侍の日光菩薩月光菩薩十二神将を刻んで安置して開基したという。その後、大同2年(807年)に空海弘法大師)が本寺を再興したと伝える。

室町時代末期には当寺に帰依した足利幕府の武将・平岡道倚(みちより)が伽藍を整備した。正徳5年(1715年)の山火事で焼失し、江戸時代中期の天明5年(1785年)に住職・堯音(ぎょうおん)の尽力により復興した。

 

【2016年 逆打ち 車遍路】

丹原の別格11番 生木地蔵と別格10番 西山興隆寺の後は、松山の札所を46番から逆打ち。

東予丹原ICから松山ICまで高速道路に乗って、まずは、46番札所 浄瑠璃寺

砥部動物園の近くにあるが、参拝に来たのは初めて。

 f:id:prodigal04:20170305184154j:image

本堂と大師堂で納経した後、納経所で御朱印を頂く。

f:id:prodigal04:20170305185701j:image

境内には様々なご利益石があった。

 

【2017年8月13日 歩き遍路】

7時45分に参拝。

お盆なので参拝者が多いかと思っていたら、朝が早かったからか、あまり居なかった。

f:id:prodigal04:20170815232434j:image

歩き遍路道は、裏の駐車場の方に出た後、境内の裏方向に続く。

f:id:prodigal04:20170815232443j:image