タクボンのこだわり人生

今までハマった事【車、家づくり、パン作り、ラジコンヘリ】や国内出張、台湾出張、お遍路の事や、今ハマっていることを綴っていきます

40番札所 観自在寺[かんじざいじ]

平城山 薬師院 観自在寺

本尊:薬師如来

本尊真言:おん ころころ せんだりまとうぎ そわか

ご詠歌:心願や 自在の春に 花咲きて 浮世のがれて 住むやけだもの

 

弘法大師が大同2年に平城天皇(在位806〜09)の勅命を受けてこの地を訪れ、1本の霊木から本尊の薬師如来と脇侍の阿弥陀如来、十一面観音菩薩の三尊像を彫造して安置し、開創したとされている。このとき、残った霊木に「南無阿弥陀仏」と6字の名号を彫り、舟形の宝判を造って庶民の病根を除く祈願をなされた。


平城天皇はまた、勅額「平城山」を下賜し、次の嵯峨天皇(在位809〜23)とともに親しく行幸され、御朱印を下されて『一切経』と『大般若経』を奉納し、毎年勅使を遣わして護摩供の秘法を修された。こうしたことから、この地方を「御荘」と称し、また勅額の山号に因んで「平城」とも呼ぶようになっている。
寛永15年(1638)、京都・大覚寺の空性法親王が四国巡拝の折に宿泊され、「薬師院」の院号を授かっている。このころは七堂伽藍がそびえ、末寺48坊、寺領二千数百石という隆盛を誇っていたという。だが、火災によりすべての堂塔を焼失、その後は宇和島藩主・伊達家の祈願所として旧観の回復につとめ、法灯を守っている。

 

【2016年 逆打ち 車遍路】

今日は、ここから
松山ICから高速道路に乗り、終点の津島岩松ICで降りた後も、かなり走った。

遠かった。

早速、バスツアーとバッティング

休日は、かなりの確率で会う。

しかも、先達さんが「皆さん、愛媛はココで最後ですよ」って

まさか、逆打ちツアーですか?

↓山門

f:id:prodigal04:20170305194918j:image

↓本堂

f:id:prodigal04:20170305194937j:image

納経を済ませて、納経所で御朱印を頂いた。

f:id:prodigal04:20170305194956j:image