タクボンのお遍路日記

お遍路の事を綴っていきます

17番札所 井戸寺[いどじ]

瑠璃山 真福院 井戸寺

本尊:薬師如来

本尊真言:おん ころころ せんだりまとうぎ そわか

ご詠歌:おもかげを うつして見れば 井戸の水 むすべば胸の あかや落ちなん

 

寺伝によれば、阿波の国司に隣接し天武天皇が勅願道場として673年に創建し、七堂伽藍、末寺12坊を誇る壮大な寺院となり妙照寺と称していた。本尊は薬師瑠璃光如来を主尊とする七仏薬師如来聖徳太子作、また、日光菩薩月光菩薩行基作と伝えられる。伝承ではその後、弘仁6年(815年)に空海弘法大師)が来錫、十一面観世音菩薩を刻んで安置したという。また、その際に土地の人々が水不足で困っていることを知り、錫杖で一夜にして井戸を掘った。そこでこの地を井戸村と呼ぶようにし、寺号も井戸寺と改めたという。

貞治元年(1362年)、細川頼之の兵火(細川清氏の反乱)で堂宇を焼失し、後に頼之の弟・細川詮春によって再建されたが、天正10年(1582年)に十河存保長宗我部元親の戦い(第一次十河城の戦い)により再び堂宇を焼失、慶長年間(1596年 - 1615年)に徳島藩主蜂須賀氏によって再興に着手され、万治4年(1661年、藩主は蜂須賀光隆)にようやく本堂が再建となる。その後、昭和43年(1968年)には失火によりまたも本堂が焼失するが、幸い本尊は救い出され、3年後に再建された。

 

【2016年 逆打ち 車遍路】

朝5時30分に出発して、1ヶ寺目
下の子に風邪をうつされたのか、喉が痛い。
来週、子供を連れて太龍寺に行くために、少し飛ばして、17番札所 井戸寺からスタートです。
↓本堂

f:id:prodigal04:20170306190102j:image

「面影の井戸」

井戸を覗いて、自分が水面に写るのを確認しました。良かった、良かった。

f:id:prodigal04:20170306190122j:image

御朱印

f:id:prodigal04:20170306190143j:image

【2017年11月10日 歩き遍路にて】

歩き遍路では、仁王門から境内へ

↓仁王門

朱塗りで大型の武家造り。徳島藩主蜂須賀氏の大谷別邸より移築された。

f:id:prodigal04:20180422214453j:image

仁王門を入ると左に手水場があり正面奥に本堂が建つ。手前右側に大師堂があり、左には日限大師堂とその中に面影の井戸がある。横に鐘楼があって、納経所は日限大師堂の左奥の庫裡にあり、大日堂はその左側に建てられた。

↓本堂

f:id:prodigal04:20180422214547j:image

f:id:prodigal04:20180422214639j:image

↓大師堂

f:id:prodigal04:20180422214704j:image

↓日限大師

日数を限定して日参すると願が叶うとされる。

f:id:prodigal04:20180422214725j:image

f:id:prodigal04:20180422214747j:image

↓面影の井戸

日限大師堂の中にある。水をのぞいて姿が映れば無病息災であるが、映らない場合は3年以内に不幸があるという。

f:id:prodigal04:20180422214819j:image

護摩

f:id:prodigal04:20180422215240j:image