タクボンのお遍路日記

お遍路の事を綴っていきます

14番札所 常楽寺[じょうらくじ]

盛寿山 延命院 常楽寺

本尊:弥勒菩薩

本尊真言:おん まいたれいや そわか

ご詠歌:常楽の 岸にはいつか いたらまし 弘誓の船に 乗り遅れずば

 

寺伝によれば、空海弘法大師)がこの地で修行をしていた際に、弥勒菩薩が多くの菩薩を連れた姿を感得した。そこで霊木に弥勒菩薩を刻み堂宇を建立して本尊として安置したという。空海の甥に当る真然僧正が金堂を建立、祈親上人が講堂、三重塔などを建立し七堂伽藍の大寺院となったと伝える。

天正年間(1573年 - 1592年)に長宗我部元親の兵火によって焼失。万治2年(1659年)に徳島藩蜂須賀光隆によって再興された。文化15年(1815年)に溜池構築のため低地の谷から石段を50段ほど上った現在地に移転した。

 

【2016年 逆打ち 車遍路】

境内は、流水岩の庭が有名とのことだが、歩きにくかった

f:id:prodigal04:20170306190710j:image

f:id:prodigal04:20170306190732j:image

↓本堂

f:id:prodigal04:20170306190751j:image

↓大師堂

f:id:prodigal04:20170306190808j:image

御朱印

f:id:prodigal04:20170306190830j:image