タクボンのこだわり人生

今までハマった事【車、家づくり、パン作り、ラジコンヘリ】や国内出張、台湾出張、お遍路の事や、今ハマっていることを綴っていきます

9番札所 法輪寺[ほうりんじ]

正覚山 菩提院 法輪寺

本尊:涅槃釈迦如来

本尊真言:のうまくさんまんだ ぼだなん ばく

ご詠歌:大乗の 誹謗もとがも ひるがえし 転法輪の 縁とこそきけ

 

古くは「白蛇山法林寺」と称され、現在の地より北4キロほど山間の「法地ヶ渓」にあって、壮大な伽藍を誇っていたと伝えられる。その礎石や焼土がのこっており、これは天正10年(1582)の戦乱のさいに長宗我部元親による兵火で焼失した遺跡である。縁起によると、弘法大師がこの地方で巡教されていたときの弘仁6年、白蛇を見つけた。白蛇は仏の使いであるといわれていることから、大師は釈迦の涅槃像を彫造し、本尊として寺を開基したとされている。涅槃釈迦如来像は、北枕でお顔を西向きに、右脇を下に寝ている涅槃の姿を表しているが、そばの沙羅双樹は白く枯れ、釈迦を慕い嘆き悲しむ羅漢や動物たちの像も安置されている。開帳は5年に1度で、最近では平成14年2月15日に行われた。

現在地に移転し、再建されたのは正保年間(1644〜48)で、当時の住職が「転法林で覚をひらいた」とされ、山号と寺名をいまの「正覚山法輪寺」と改めた。しかし、安政6年(1859)にまたしても罹災している。これは村人が浄瑠璃芝居の稽古をしていた際に、堂内から出火したと伝えられ、鐘楼堂だけを残して全焼した。明治時代になって再建されたのが現在の堂塔である。寺宝に「弘法大師御おころも衣」が伝えられている。高野山奥の院で入定されている御衣替えの恒例にちなんで、明治15年(1882)、明治天皇法輪寺に下賜されたものである。

 

【2016年 逆打ち 車遍路】

田園の中にポツンとある法輪寺

↓山門

f:id:prodigal04:20170306212739j:image

↓本堂

f:id:prodigal04:20170306212820j:image

↓大師堂

f:id:prodigal04:20170306212839j:image

御朱印

f:id:prodigal04:20170306212900j:image

 

【2017年10月 歩き遍路にて】

↓仁王門- 入母屋造楼門

f:id:prodigal04:20171029094451j:plain

 

山門を入ると左側に手水場がある。

最も奥に本堂が建ち、本堂の右に大師堂が並ぶ。

本堂に向かって左側に参拝者休憩所、納経所等が建てられている。その休憩所の左手に鐘楼がある。

f:id:prodigal04:20171029094547j:plain

↓本堂

f:id:prodigal04:20171029094657j:plain

↓大師堂

f:id:prodigal04:20171029094747j:plain

 

参拝者休憩所、納経所

f:id:prodigal04:20171029094853j:plain