タクボンのこだわり人生

今までハマった事【車、家づくり、パン作り、ラジコンヘリ】や国内出張、台湾出張、お遍路の事や、今ハマっていることを綴っていきます

7番札所 十楽寺[じゅうらくじ]

光明山 蓮華院 十楽寺

本尊:阿弥陀如来

本尊真言:おん あみりた ていぜい からうん

ご詠歌:人間の 八苦を早く 離れなば 到らんかたは 九品十楽

 

寺は現在地から北へ3kmほど奥にある、十楽寺谷の堂ヶ原にあったとされています。

弘法大師がこの地を巡教された時に阿弥陀如来を感得され、如来像を刻んだのが本尊として祀られたと伝えられています。

その際に弘法大師は「生・老・病・死」など人間に避けることの出来ない苦難を乗り越え、10の光明と、輝く楽しみが得られるように「光明山十楽寺」と寺の名を授けたそうです。

広大な七堂伽藍を誇っていましたが、天正10年(1528年)長宗我部元親による兵火で、全ての堂塔が焼失します。幸い、本尊は当時の住職が背負い難を免れたといわれています。

寛永12年(1635年)に現在地に移り再建されました。

明治時代になり本堂が再建され、大師堂、書院などを整え、平成6年には立派な木造の本堂を建立しています。

 

【2016年 逆打ち 車遍路】

 ↓山門

f:id:prodigal04:20170306213233j:image

f:id:prodigal04:20170306213256j:image

↓本堂

f:id:prodigal04:20170306213315j:image

↓大師堂

f:id:prodigal04:20170306213331j:image

御朱印

f:id:prodigal04:20170306213351j:image

 

【2017年10月 歩き遍路】

龍宮城を彷彿させる朱塗りの鐘楼門が見えてきた

f:id:prodigal04:20171028185605j:plain

 

中門遍照殿・愛染堂

中門の中に入れるようになっています。階段を上がると愛染明王様がいらっしゃいます。「夫婦愛和・縁結び」の御本尊様です。

f:id:prodigal04:20171028185726j:plain

 

中門を潜って境内に

本堂の手前に手水場

f:id:prodigal04:20171028185835j:plain

 

変わった形の手水場 

f:id:prodigal04:20171028185943j:plain

 

本堂の左に観音像、地蔵堂 

f:id:prodigal04:20171028190125j:plain

 

本堂の反対側には、お大師様 

f:id:prodigal04:20171028190253j:plain

 

本堂の左奥には大師堂への階段 

f:id:prodigal04:20171028190404j:plain

 

大師堂

f:id:prodigal04:20171028190549j:plain

f:id:prodigal04:20171028190641j:plain