読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タクボンのこだわり人生

今までハマった事【車、家づくり、パン作り、ラジコンヘリ】や国内出張、台湾出張、お遍路の事や、今ハマっていることを綴っていきます

京都三弘法

25日の午前中、高野山にお礼参りした後は、2巡目の挨拶に、京都の東寺へ行きました。

 

会社の京都支店の近くだとは、最近まで知りませんでした。

支店に行くために、いつも降りている十条駅の前を通り過ぎ、東寺に向かいました。

 

↓木造では、日本一高い五重塔

f:id:prodigal04:20170326114304j:image

↓食堂【じきどう】

この中に納経所があります

f:id:prodigal04:20170326114311j:image

東寺では、いくつかの御朱印を頂けるようで、隣の人は「どの御朱印にされますか?」と聞かれてましたが、自分の場合は、別格の納経帳だったので、聞かれることなく「弘法大師」の御朱印を頂きました。

f:id:prodigal04:20170326114337j:image

東寺は、金堂や五重塔のエリアは有料です。

今日は家族5人なので、エラい金額になるので、中に入るのは、次回に持ち越しとしました。

 

昔は、お遍路に出る前に、弘法大師に縁のある東寺、仁和寺、神光院を参拝する風習があったようです。

東寺で菅笠、仁和寺で金剛杖、神光院で納札箱を手に入れ出発するとか

f:id:prodigal04:20170330223149j:image

今は、それぞれのお守りやストラップを買うことが出来ます。

自分の場合は、3ヶ寺で、それぞれのお守りを手に入れ、1つのお守りを作る木札守を買って、揃えることにしました。

↓東寺 菅笠の木札守

f:id:prodigal04:20170326114355j:image

↓木札守を入れるケース

ケースと満願証は、三弘法のどのお寺でも購入可能です。

1ヶ寺目なので、ケースも買いました。

f:id:prodigal04:20170330222912j:image

↓2ヶ寺目の神光院

敷地の中に、小さな駐車場がありました。

大きな通り側ではなく、細い通りのほうに敷地の入口があったので、一周回ってしまいました。

f:id:prodigal04:20170326114422j:image

↓本堂

f:id:prodigal04:20170326114438j:image

↓御朱印。ここでも、弘法大師の御朱印を頂きました。

f:id:prodigal04:20170326114501j:image

2つ目の木札守

f:id:prodigal04:20170326114516j:image

最後の仁和寺(にんなじ)をナビで目的地セットした際に、営業時間を過ぎる可能性があると警告が・・・

営業時間は16時30分までで、ナビの到着予定時間が、16時35分。

 急いでみましたが、仁和寺の駐車場の方に、駐車場には16時30分までしか中に入れないけど、お寺は17時まで

近くにコインパーキングがあるから、そこに駐めるといいよ。御朱印も17時まで大丈夫と教えてもらいました。

二王門の正面にコインパーキングがあったので、そこに駐めて、境内へ急ぎます。

↓二王門

f:id:prodigal04:20170326114558j:image

世界遺産にも登録されて、皇室ともゆかりの深い、立派なお寺でした。

納経所を探しながら、ウロウロ

境内は、結構、広く17時が近づいてきて、焦ってきました

↓中門(この向こうに金堂)

f:id:prodigal04:20170326114612j:image

↓金堂

この前に、納経所がありましたが、営業終了の立て札が・・・

「急ぎの方は、御殿前へ」と書いてありました。

この場合、急ぎになるのか、微妙ですが、ダメ元で行ってみることにしました。

f:id:prodigal04:20170326114628j:image

急いで、御殿前の納経所に行ってみると、他にも御朱印を待っている人がいたので、自分たちも、そこに行き、「御朱印頂けますか?」と聞くと、大丈夫とのこと。

f:id:prodigal04:20170326114652j:image

仁和寺も、頂ける御朱印は数種類あるようです

f:id:prodigal04:20170402113105j:image

木札守りのことを聞くと隣の建物で売っているから、一度出てから回ると行けると教えてくれたので、納経帳は嫁に頼んで、自分は外へ。

で、周りを見てみると隣の門は閉まってる。

この並びで中門までの間で、入れそうなところは無く、入口が分からない。

再度、納経所へ行き、どこから入るか分からないと伝えると、別のおばちゃんが、中を通って買ってきてあげると言ってくれたので、木札守と満願証を2つずつお願いしました。

なんて、優しいんだ。おばちゃん、ありがとう

↓買ってきてもらった木札守と満願証

f:id:prodigal04:20170326114711j:image

f:id:prodigal04:20170326114727j:image

↓3ヶ寺の木札守をケースに入れると、こんな感じになりました

f:id:prodigal04:20170326130906j:image

裏側に満願証を入れます。

f:id:prodigal04:20170326130934j:image

なんとか、三弘法廻り満願できました

仁和寺、間に合わなかったら、再度、来るようになるのかと、半分、覚悟を決めてましたが、良かったです。

 

京都の三弘法廻り

時間が無く、ろくに境内の散策もできず、スタンプラリーになってしまい、残念。

機会があれば、ちゃんと参拝したいです。