タクボンのこだわり人生

今までハマった事【車、家づくり、パン作り、ラジコンヘリ】や国内出張、台湾出張、お遍路の事や、今ハマっていることを綴っていきます

歩き遍路 2日目 北条から今治へ

ゴールデンウィークの中日、会社は有給休暇消化推進日で、休み

前回の北条駅から帰ったから、JRで北条駅まで行って続きを始める。

高校生の通学時間を避けて、遅めの出発。

三津浜駅から2両編成でやってきた列車に乗り込もうとすると、学生ぽい乗客がいっぱい。

通路に、たくさんの乗客が立っている状態で、結局、北条駅まで座席に座ることはできなかった。

よーく考えると北条駅の近くには高校以外に大学もあるんだった。

北条駅を降りてからは、東に進み聖カタリナ大学の近くにある番外札所 夜烏地蔵堂へ。

f:id:prodigal04:20170503153914j:imagef:id:prodigal04:20170503153921j:image

その後、養護院[杖大師]へ

 prodigal04.hatenablog.com

 

養護院を出た後、北に進み河原地蔵堂の前を通り、マルナカのほうへ

f:id:prodigal04:20170503154139j:image

セルフうどんの「根っこ」とファミリーマートの間の交差点から北に進み鎌大師を目指す。

鎌大師で納経を済ませ、納経所を探すけど見当たらない。

御朱印は、諦めて、次に進むことにした。

f:id:prodigal04:20170503154146j:imagef:id:prodigal04:20170503154154j:imagef:id:prodigal04:20170503154201j:imagef:id:prodigal04:20170503154208j:image

鎌大師には、休憩所がある。

f:id:prodigal04:20170503154214j:image

少し休憩して、山越えで浅海に向かう。

登り坂を頑張って登り、下り始めて、しばらく進むと分岐があって、遍路道の案内の石碑があった。

f:id:prodigal04:20170503154220j:imagef:id:prodigal04:20170503154227j:image

ここから、遍路道は、かなりの急勾配の下り坂。

下りの割には、疲れた。

勾配が緩やかになってから少し進んだところに「風早四国霊場72番 阿弥陀堂」というのがあった。

ここは、歩き遍路の地図にも出ていない。

ちなみに、風早というのは旧北条地区の事。

f:id:prodigal04:20170503154233j:imagef:id:prodigal04:20170503154240j:image

少し進むと「6地蔵」と「五里塚」

ここも、歩き遍路の地図に出てない。

f:id:prodigal04:20170503154247j:imagef:id:prodigal04:20170503154252j:image

遍路道と国道196号線が交わるところに番外札所「原地蔵堂」

ここは、前から四国遍路ののぼりが立っていて、気になっていた場所。

f:id:prodigal04:20170503154300j:imagef:id:prodigal04:20170503154305j:imagef:id:prodigal04:20170503154310j:imagef:id:prodigal04:20170503154314j:image

原地蔵堂と国道を挟んだ郵便局の上に建っている大師堂。

どうも、寝泊まり可能のよう。

f:id:prodigal04:20170503154326j:imagef:id:prodigal04:20170503154320j:image

浅海を抜けるところにある「小竹地蔵堂」

f:id:prodigal04:20170503154348j:imagef:id:prodigal04:20170503154353j:imagef:id:prodigal04:20170503154356j:image

ここからは、海沿いを、しばらく歩く。

天気は良いけど、海沿いのためか、風が強く、菅笠か煽られ、何度も首を持って行かれそうになる。

途中、休憩した場所で、菅笠からキャップに変更してみたが、北向きに進んでいるから、後頭部が暑くなる。

結局、また菅笠に戻して進むことにした。

 

海岸沿いを、しばらく進み、菊間に入ったところで、数年前に厄払いで、お世話になった「遍照院」

 

prodigal04.hatenablog.com

 

「遍照院」からは少し国道196から離れて山側の菊間の街中を進む。街中を抜けた後、一度、国道196に戻り、太陽石油のプラントの手前で、今度は海側の裏道へ。

「遍照院」を越えてからは、歩き遍路の道しるべが、よく目にとまり、道に迷うことなく進むことが出来た。

プラントの直前で、国道196に戻り、プラントを越えたところから登り坂になる。

少し登ったところで、遍路道は青木地蔵堂の方へ降りていく方向へ分かれる。

prodigal04.hatenablog.com

 

青木地蔵の後、御朱印を頂けるという円福寺へ。

 

円福寺を後にして、国道196を横切った後、遍路道は裏道に。

その後、少し国道196に戻り、また裏道へ。

時間的に、延命寺まではたどり着けそうにないので、今日は、JR伊予大西駅で区切ることにした。