タクボンのこだわり人生

今までハマった事【車、家づくり、パン作り、ラジコンヘリ】や国内出張、台湾出張、お遍路の事や、今ハマっていることを綴っていきます

歩き遍路9日目【日帰り】 土佐くろしお鉄道 平田駅→39番札所 延光寺→40番札所 観自在寺→宇和島自動車 南レク御荘公園前

土佐くろしお鉄道 宿毛駅[8:30]→平田駅[9:10]→39番 延光寺[9:50]→ヘンロ小屋33号 宿毛[11:15]→松尾峠[13:50]→松尾大師堂[15:00]→40番 観自在寺[17:00]→宇和島自動車 南レク御荘公園前[17:30]

移動距離:30.6km

累計移動: 219.88km

 

前回の続きであれば、伊予三島からだけど、あまりにも暑くて、イロイロ調べてると、東予よりも南予の方が最高気温が低いので、南予を回ってみることにした。

車で土佐くろしお鉄道 宿毛駅まで行き、駐車場に停めた後、電車で延光寺近くの平田駅まで移動する。

f:id:prodigal04:20170802232404j:image

8:40、宿毛駅で切符を買って改札を通ろうとしたら、駅員さんから、改札時間がきてないので、まだ入れないというコトと次は特急なので、特急料金も必要と言われる。

次の特急は9:05発。その次の普通列車は、10:37発。

とても次の普通列車を待つのは、時間が勿体ないので、たった1駅だが、特急券を購入した。

列車に乗って、車内放送を聞いて初めて知ったのは、この特急列車、岡山まで行くというコト。

f:id:prodigal04:20170802232259j:image

9:10に平田駅から歩き始める。

ちょうど、この平田駅の前の道が、38番 金剛福寺からの遍路道になってる。

国道56号線に出て、東に進む。

田村石材の手前で、遍路道は脇道に入っていく。

大きな道標があるので、見落とすことはない。

f:id:prodigal04:20170802190838j:image

しばらく進んで、右折。

樹木に道標がぶら下がってる。

f:id:prodigal04:20170802190845j:image

電柱に道標シールが貼られていたが、どちらに進むのが正解なのか、よく分からない。

右を選んで進むと、更に折り返して登って行く道。

選択を誤ったようだ。

さっきの分岐点まで引き返す。

f:id:prodigal04:20170802190851j:image

ここを横切って、道の向こう側に続く細道に進む。

f:id:prodigal04:20170802190857j:image

軽四が、なんとか通れる幅の細道。

f:id:prodigal04:20170802190906j:image

このT字路を左折。

f:id:prodigal04:20170802190931j:image

橋の手前で曲がるのか、どうか悩む。

方角的には、曲がってもおかしくない。

しばらく悩んだが、橋を渡って、真っ直ぐ進んでみる。

橋を渡って、直ぐに電柱に貼られた道標を見つけて、一安心。

f:id:prodigal04:20170802191001j:image

ここからは、車遍路と同じ道。

記憶にある光景になり、気分的に楽になる。

延光寺の駐車場のところに、40番札所 観自在寺への歩き遍路道があった。

f:id:prodigal04:20170802191018j:image

延光寺の仁王門。

f:id:prodigal04:20170802191042j:image

門を潜って、すぐ右に梵鐘を背負った赤亀の像。

右に見えるのが本堂。

正面が大師堂。

f:id:prodigal04:20170802191107j:image

門の右に納経所がある。

納経所で歩き遍路道の事を聞くと、車道を通っても、バスで一駅分しか変わらないし、この時期、蛇も出るから、こだわりがないなら、車道を行く事を進められる。

f:id:prodigal04:20170802191122j:image

でも、こだわりがあるんです。

というコトで、歩き遍路道を進む。

f:id:prodigal04:20170802191141j:image

車道から少し降るように、歩き遍路道を進んだが、山に入ると登り坂。

f:id:prodigal04:20170802191202j:image

少し登る程度で、その後は下り。

しばらく歩くと国道56号線に出た。

f:id:prodigal04:20170802191216j:image

しばらく国道56号線を進み、遍路道は左に曲がる。

f:id:prodigal04:20170802191245j:image

曲がって、すぐに登り坂。

56号線は、降るのに、遍路道は登り。

ここが、てっぺんで、下っていく。

f:id:prodigal04:20170802191300j:image

 国道56号線に合流した後、バイパスに進まず、旧道に進む。

f:id:prodigal04:20170802191314j:image

宿毛大橋を渡る。

向こう側にヘンロ小屋が見える。

f:id:prodigal04:20170802191331j:image

ヘンロ小屋33号 宿毛

組事務所設置の動きがあった土地を住民運動により資金を集めて土地を買取り、組事務所設置を阻止して、遍路のための公共的施設に生まれ変わった。

その記念に「住民力」と彫った記念石碑を、小屋の横に設置してある。

f:id:prodigal04:20170802191402j:image

f:id:prodigal04:20170802191418j:image

ヘンロ小屋から北に進路を変えて進み、坂本図書館の手前で西に進む。

道なりに進んだ後、宿毛警察署のところから、左に逸れる。

f:id:prodigal04:20170802191432j:image

国道56号線バイパスに合流した後、ローソンを越えたところから、また、脇道に入る。

この道は、朝、宿毛駅に行く時に通った。

橋を渡った所で、遍路道は右に逸れる。

f:id:prodigal04:20170802191444j:image

宿毛貝塚の横を通り、厳島神社の前を通り、道は急勾配に

f:id:prodigal04:20170802191455j:image

舗装路を登る。

f:id:prodigal04:20170802191510j:image

道は途中から未舗装に

f:id:prodigal04:20170802191523j:image

軽四なら通れそうな未舗装の道を進むが、遍路道は途中で更に細い左方向に進む。

f:id:prodigal04:20170802191535j:image

こう暑いと、これくらい木が茂っている未舗装を進む方が、気持ちよい。

f:id:prodigal04:20170802191547j:image

一度、集落に出て、コンクリートの道を進む。

ここで、一度、進行方向が分からなくなったが、向こうの小屋の壁に歩き遍路の道標を発見。

f:id:prodigal04:20170802191603j:image

ここで、コンクリートの道から未舗装の道の方向に進む。

f:id:prodigal04:20170802191613j:image

しばらく山道を進む。

f:id:prodigal04:20170802191625j:image

f:id:prodigal04:20170802191636j:image

石碑は右を示してるが、行き止まりの立て看板。

看板通り、左の舗装路を進む。

f:id:prodigal04:20170802191648j:image

ここから、集落の舗装路を、しばらく進む。

f:id:prodigal04:20170802191657j:image

集落の奥、ここから松尾峠へ

f:id:prodigal04:20170802191711j:image

峠まで1.4km。標高300m。

f:id:prodigal04:20170802191724j:image

距離も短く、標高差も少ないとなめてたら、急勾配で息が切れる。

最後の500mは、階段が、所々ある。

f:id:prodigal04:20170802191733j:image

松尾峠 頂上。茶屋跡。

f:id:prodigal04:20170802191753j:image

トイレのある

f:id:prodigal04:20170802191800j:image

松尾大師堂跡。

移転する前は、ここに大師堂があった。

f:id:prodigal04:20170802191807j:image

f:id:prodigal04:20170802191816j:image

f:id:prodigal04:20170802191824j:image

休憩所。

蚊やアブが飛び回っていたが、ここで一休み。

f:id:prodigal04:20170802191836j:image

峠の愛媛側は、整備され道幅も広く歩きやすい。

f:id:prodigal04:20170802191848j:image

下りの途中で、視界が開ける。

f:id:prodigal04:20170802191855j:image

宿毛側の登山口には杖が一本もなかったが、こちら側には、いっぱい。

f:id:prodigal04:20170802191903j:image

ここを右に進む。

f:id:prodigal04:20170802191938j:image

春日神社があり、その横に綺麗なトイレがあった。

f:id:prodigal04:20170802191948j:image

平成19年に完成したトイレ。

f:id:prodigal04:20170802191958j:image

国道のトンネルを通るより、札掛のほうを選択。

しばらく進むと、松尾大師堂。

f:id:prodigal04:20170802192008j:image

大師堂の横に休憩所。

あまりの暑さに、ここでも一休み。

ただ、ここから少し進んだところにローソンがあった。

f:id:prodigal04:20170802192015j:image

ローソンから少し進んだ墓地の中に、古宅大師堂。

f:id:prodigal04:20170802192021j:image

遍路道は、右へ。

f:id:prodigal04:20170802192028j:image

40番 奥の院 篠山神社の1の鳥居。

ここで札を買って、前札様に供えて拝むと篠山参拝に代えることが出来るということで札掛といわれた。

f:id:prodigal04:20170805143502j:image

旧遍路道の赤坂街道を進む。

f:id:prodigal04:20170802192040j:image

f:id:prodigal04:20170802192048j:image

大宮神社。

横には、平成20年に完成した休憩所とトイレ。

f:id:prodigal04:20170802192116j:image

綺麗な休憩所。

横には水道の水栓がある。

f:id:prodigal04:20170802192122j:image

休憩所の奥には、綺麗なトイレ。

f:id:prodigal04:20170802192051j:image

16時20分。残り40分で、観自在寺まで4km。

時速6kmで歩けば、間に合う?

峠を越え、暑さでバテ気味だが、出来るところまで、頑張ってみるか。

しばらく進んだ後は、僧都川沿いをひたすら進む。

僧都川沿いに、平成18年に出来た豊田茶屋。

ただ、休む時間は無い。

f:id:prodigal04:20170802192144j:image

茶屋にはトイレはないが、すぐ近くに綺麗なトイレがあった。

f:id:prodigal04:20170802192150j:image

16時59分、観自在寺に到着。

f:id:prodigal04:20170802192158j:image

納経所は、本堂。

多分、間に合うと思い、仁王門から本堂へ進んでいると、17時の合図の「赤とんぼ」のチャイムが鳴る。

一応、納経所まで行くと、「まだ良いですよ」と言って頂いた。

ありがとうございます。

f:id:prodigal04:20170802192203j:image

先に納経頂いた後、本堂と大師堂を参拝。

観自在寺を後にして、今日の打ち止め予定の「南レク御荘公園前」のバス停まで歩く。

f:id:prodigal04:20170802192208j:image

ここから、宇和島自動車のバス停で宿毛駅に向かう。