タクボンのこだわり人生

今までハマった事【車、家づくり、パン作り、ラジコンヘリ】や国内出張、台湾出張、お遍路の事や、今ハマっていることを綴っていきます

歩き遍路 13日目【日帰り】 JR上宇和駅→別格7番 出石寺→JR西大洲駅

 JR上宇和駅[9:00]→ヘンロ小屋49号 ひじ川源流の里)10:30]→札掛大師堂[12:00]→別格7番 出石寺[16:45]→JR西大洲駅[19:25]

 

移動時間: 6:57:52
停止時間: 3:13:05
距離: 39.70 km
平均: 時速 5.70 km
最高スピード: 時速 10.42 km
登り: 1,091 メートル
降り: 1,268 メートル
歩数:55,044歩

 

累計移動:351.67km

 

前回、打ち止めしたJR上宇和駅から再開。

国道56号線を横切って、歩き遍路道に戻る。

歩き遍路道は、国道56号線と平行して進む。

↓ここで、一度、大きい通りから外れるが、すぐに戻る。

f:id:prodigal04:20170903100330j:image

国道56号線に出る。

f:id:prodigal04:20170903100339j:image

しばらく、国道56号線を歩く。

f:id:prodigal04:20170903100351j:image

国道56号線沿いの風景。

稲刈り前の田んぼが広がっている。

f:id:prodigal04:20170903100359j:image

国道56号線から分かれて、ここを斜め右方向へ

f:id:prodigal04:20170903100404j:image

ここを右に進むが、結局、国道と合流。

f:id:prodigal04:20170903100412j:image

国道は、左に曲がるが、遍路道は直進。

f:id:prodigal04:20170903100419j:image

途中に、飛鳥城跡の案内看板があった。

f:id:prodigal04:20170903100429j:image

じわじわ上りながら古い町並みの中を進む。

卯之町のように整備されてなく、人が住んでない感じの家もあるようだが、これはこれで良い。

f:id:prodigal04:20170903100439j:image

ここで、国道と分かれるが、すぐに国道に戻る。

f:id:prodigal04:20170903100451j:image

国道沿いにある酒六冷蔵(株)宇和工場の社員休憩所が、お遍路さんには無料で解放されている。

すぐ先にヘンロ小屋があるので、パスした。

f:id:prodigal04:20170903100500j:image

ココから、国道は、登り坂。

登り始めて、すぐに向こうにヘンロ小屋が見えてきた。

f:id:prodigal04:20170903100509j:image

ヘンロ小屋49号 『ひじ川源流の里』

同世代の通しのお遍路さんが一人、休憩中。

しばし、休憩しながら、情報交換。

彼も松尾峠で、道に迷って、引き返して、正しい道を発見したみたい。

どうも道を見失ったと思った場所は、自分と同じ場所。

引き返した彼は正しい道を発見して、そのまま勘で進んだ自分は1時間近く山中を彷徨うことに。

道を見失ったと思ったら、引き返すことが大事。

f:id:prodigal04:20170903100517j:image

ヘンロ小屋を出発して、鳥坂トンネルを通る場合は、国道をそのまま進み、鳥坂峠を越える場合は、ココを左折。

鳥坂トンネルは、遍路道ので一番危険なトンネルと言われてる。

白線だけで区切られた細い歩道を歩く横を大型車が、けっこうなスピードで通過する1km以上あるトンネル。

しかも、地元の車を運転手以外は、このトンネルが遍路道であることは知らないと思う。

自分も生まれも育ちも愛媛で、このトンネルは何度も通ったことがあるが、このトンネルが遍路道だということは、歩き遍路を始めるまで知らなかった。

というわけで、自分は左折。

f:id:prodigal04:20170903100526j:image

一瞬、迷ったが、歩き遍路の道標を発見。

ここは大きい通りではなく直進。

f:id:prodigal04:20170903100536j:image

左に進み、川を渡る。

f:id:prodigal04:20170903100546j:image

遍路道は左の坂を登る。

f:id:prodigal04:20170903100556j:image

見上げると上に休憩所。

f:id:prodigal04:20170903100606j:image

坂を登り、道が細くなるところに、鳥坂番所跡。

f:id:prodigal04:20170903100614j:image

f:id:prodigal04:20170903100616j:image

山道を、グングン登っていく。

f:id:prodigal04:20170903100623j:imagef:id:prodigal04:20170903100630j:image

途中、舗装路を横切る。

f:id:prodigal04:20170903100636j:image

「四国のみち」の道標。頂上っぽい。

f:id:prodigal04:20170903100645j:imagef:id:prodigal04:20170903100652j:image

ここから、道幅は広くなり、ダラダラと下っていく。

f:id:prodigal04:20170903100700j:image

途中、「四国のみち」の道標があり、「日天社」

f:id:prodigal04:20170903100710j:imagef:id:prodigal04:20170903100720j:image

少し寄り道してて日天社を見てみる。

f:id:prodigal04:20170903100726j:image

未舗装の車道に出る。

f:id:prodigal04:20170903100732j:image

f:id:prodigal04:20170903100740j:image

途中、細道を下り、舗装路に出る。

f:id:prodigal04:20170903100746j:image

トンネルのバス停に出る道との分岐点。

ここは、直進。

f:id:prodigal04:20170903100752j:image

道からの景色。

f:id:prodigal04:20170903100758j:image

ここを左折して、札掛大師堂へ。

f:id:prodigal04:20170903100807j:image

左折すると道はこんな感じ。

f:id:prodigal04:20170903100814j:image

札掛大師堂(札掛山仏陀懸寺)

f:id:prodigal04:20170903100820j:image

寺にはかつて代々住職さんが住んでいたが、先代の住職の死後、20年近く後を継ぐ人もなく寺は荒れ果て、廃寺寸前に。

その後、平成8年11月、重度障害者である1人のお遍路さんが堂守としてこの寺に住み始め、托鉢で得られるわずかな収入だけを頼りに、独力で仏陀懸寺を修理復興しようとした。

彼の熱意は、次々通りかかる遍路の共感を呼び協力の輪が広がり、2年ほどかけてようやく復興の目途が立ったところで、彼はその場所にとどまることなく、次なる修行を求めて遍路の旅に出た。

でも、それから17年経った、今は、こんな状態。

f:id:prodigal04:20170903100903j:image

札掛大師堂を下りてきて、国道56号線の方に進む。

f:id:prodigal04:20170903100910j:image

国道56号線に出てすぐに、国道をそのまま進むコースと歩き遍路道へ進むコースの2コースの分岐点になる。

国道を進むコースには休憩所があるが、歩き遍路道を選択。

ただ、自分的には失敗。

歩き遍路道と言っても、ずっと舗装路された車道を進むだけだった。

f:id:prodigal04:20170903100918j:image

歩き遍路道は、自動車道のトンネルの上を通る。

f:id:prodigal04:20170903100922j:image

ここで、いきなり、歩き遍路道の道標。

細道を進む。

f:id:prodigal04:20170903100930j:image

こんな感じ。

f:id:prodigal04:20170903100938j:image

が、すぐに道標を見失ってしまう。

目指すトンネルと地図上の自分の位置は、把握できているので、地図を見ながら進む。

別格7番 出石寺に向かう国道197号線の「大洲西トンネル」

f:id:prodigal04:20170903100943j:image

歩き遍路で初めてトンネルの中を通る。

距離は1kmあるが、歩道が、ちゃんとあるので危険は感じなかった。

f:id:prodigal04:20170903100951j:image

トンネルを抜けたところで、県道259号線の方に右折。

少し進んだところで、左の川を渡り、県道沿いに進む。

f:id:prodigal04:20170903101637j:imagef:id:prodigal04:20170903101643j:image

しばらく道なりに進み、「平地番地跡」のある三差路を左折。

f:id:prodigal04:20170903101648j:image

JRの線路を横切り、しばらく進み、橋を渡るところで、歩き遍路の道標。

ここで、車道メインの「瀬田道」と歩きメインの「地蔵越」が分かれる。

「瀬田道」は、直進。「地蔵越」は右折。

自分の選択は、右折。

f:id:prodigal04:20170903101702j:image

 川沿いの舗装路を進む。

f:id:prodigal04:20170903101710j:image

所々に分岐があるが道標があるので、迷うことはない。

f:id:prodigal04:20170903101719j:image

未舗装の車道に変わった後、歩き遍路道の分岐。

左上に登っていく。

f:id:prodigal04:20170903101725j:image

分岐後は、こんな感じ。

f:id:prodigal04:20170903101730j:image

しばらく進むと未舗装の車道になる。

f:id:prodigal04:20170903101739j:image

歩き遍路道の分岐。

遍路道は、右の白い木の道標。

危うく見落とすところだった。

f:id:prodigal04:20170903101745j:image

石積みの壁のある遍路道を進む。

f:id:prodigal04:20170903101750j:image

遍路道は、車道を横切り、向こう側を登る。

f:id:prodigal04:20170903103108j:image

墓地を横切りながら進む。

f:id:prodigal04:20170903102124j:image

墓地の一角に、こんなモノも

f:id:prodigal04:20170903102137j:image

未舗装の車道に出て、しばらく進む。

f:id:prodigal04:20170903102136j:image

歩き遍路道の分岐。

右方向へ。

f:id:prodigal04:20170903102141j:image

歩道だが、道幅が広めで歩きやすい。

f:id:prodigal04:20170903102146j:image

舗装された車道に出る。

右方向へ。

f:id:prodigal04:20170903102151j:image

歩き遍路道は、左上に登っていく。

f:id:prodigal04:20170903102154j:image

ここで、道標を見逃しかけた。

遍路道は、180度ターンして、右上へ。

f:id:prodigal04:20170903102203j:image

この後、舗装された車道に出るが、ドンドン下る。

折角、登ってきたのに・・・

車道の三差路の真ん中に、直進する登山道。

登山道を3km進むと出石寺

f:id:prodigal04:20170903102205j:image

登山道は、よく整備されていて歩きやすい。

蜘蛛の巣、アブ・ブヨも少なく気持ちよく歩けた。

f:id:prodigal04:20170903102209j:image

出石寺近くの真っ直ぐの登山道。

ひたすら、真っ直ぐ登っていく。

f:id:prodigal04:20170903103006j:image

境内下に現れた石仏、地蔵群。

45番 岩屋寺と似た風景。

f:id:prodigal04:20170903103011j:imagef:id:prodigal04:20170903102634j:image

いきなり、駐車場にある大師像が見てくる。

f:id:prodigal04:20170903102638j:image

遍路道は、大師像の横に出てくる。

f:id:prodigal04:20170903102644j:image

出石寺に到着したのは、16時45分。

ここは、標高812m。

よくよく考えたら、横峰寺よりも高い。

prodigal04.hatenablog.com

 

 

出石寺からの下りの風景。

f:id:prodigal04:20170903102651j:image

18時を過ぎると辺りは暗くなり始め、18時30分頃には、車道の白線を頼りに歩くほどに。

途中、ショートカットする形で、遍路道があるが、一度、踏み入れたモノの道標が分からないほど位ので、引き返して車道を進む。

18時を過ぎて、歩くのは危険だと言うのがよく分かった。

19時20分に西大洲駅に到着。

f:id:prodigal04:20170903102655j:image

 

 19時40分のJRに乗り、車を置いている上宇和駅まで行き、帰路につく。