タクボンのお遍路日記

お遍路の事を綴っていきます

5番 地蔵寺 奥の院 五百羅漢

5番札所 地蔵寺の北側にある。木造の羅漢は全国でも珍しい。安永4年(1775年)に実聞・実名という兄弟の僧によって創建された。

高さ4丈の釈尊を中心に回廊にほぼ等身大の五百羅漢が安置され地元では「羅漢さん」の名で親しまれている。

1915年(大正4年)の火災で焼失し、その後1922年(大正11年)に再建したのが現在の堂で、3度目の復興である。

 

5番札所 地蔵寺の本堂の脇に、五百羅漢への道がある。

f:id:prodigal04:20171010065432j:image

五百羅漢から地蔵寺の方を見た眺め。

f:id:prodigal04:20171010065442j:image

↓釈迦堂

f:id:prodigal04:20171010065455j:image

↓大師堂

f:id:prodigal04:20171010065508j:image

五百羅漢へ

f:id:prodigal04:20171010065521j:image

4番札所 大日寺から歩いてくると大師堂の横に出てくる。

f:id:prodigal04:20171010065531j:image