タクボンのお遍路日記

お遍路の事を綴っていきます

歩き遍路 19日目【日帰り】 12番 焼山寺→別格2番 童学寺

drive.google.com

藤井寺 駐車場[5:50]→藤井寺[6:15]→長戸庵[7:07]→柳水庵[8:05]→浄蓮庵[9:00]→12番 焼山寺[10:15]→杖杉庵[11:20]→玉ヶ峠[12:30]→ヘンロ小屋 36号 神山[13:00]→駒坂峠[14:10]→新童学寺トンネル[16:05]→別格2番 童学寺[16:25]→JR下浦駅[17:15]→JR鴨島駅[17:30]→藤井寺 駐車場

 

この行程、登山の経験が無い方や歩き遍路を始めたばかりの方には、少々、キツいので、焼山寺の宿坊や鍋岩か神山で1泊されることをお勧めします

 

活動時間:8時間13分

移動距離:34.03km

高低差:755m

累計上り:2,064m

累計下り:2,079m

歩数:49,929歩

累計移動距離:529.21km

 

朝、5時50分に11番 藤井寺の駐車場に到着。

これから、いよいよ「遍路転がし」

日の出前で、まだ暗いので、車の中で少し時間を潰す。

藤井寺の境内から、すぐ山道になるので、明るくならないと危険。

6時を過ぎると少し明るくなってきたので、出発の準備を始める。

朝早いので、駐車場の人もいないので、駐車場料金は帰りに払うことにして、境内に向かった。

f:id:prodigal04:20171108194822j:plain

だいぶ明るくなり、道も見えるようになってきたので、6時15分、藤井寺から焼山寺への遍路道に入っていく。

f:id:prodigal04:20171108194928j:plain

登り始めは、よく整備された山道。

傾斜も程々で、よくある遍路道。

f:id:prodigal04:20171108203212j:plain

しばらく登ると舗装路に出る

f:id:prodigal04:20171108203326j:plain

ただ、すぐに山道になる

f:id:prodigal04:20171108203428j:plain

山道と舗装路を何度か繰り返した後、見晴らしの良い場所に出た。

f:id:prodigal04:20171108203536j:plain

f:id:prodigal04:20171108203647j:plain

ここから、また山道になる

f:id:prodigal04:20171108212031j:plain

少し進むと東屋があったが、歩き始めたばかりなので、ここはスルー。

f:id:prodigal04:20171108212159j:plain

ここを越えると、傾斜が少しキツくなってくる。

f:id:prodigal04:20171108212316j:plain

f:id:prodigal04:20171108212427j:plain

石碑があるところに来たので頂上かと思ったが、全然違っていた

ちなみに、焼山寺までは3つの峠を越える

f:id:prodigal04:20171108212552j:plain

一度は下りになるが・・・

f:id:prodigal04:20171108212705j:plain

登りに変わる

途中で、水大師。

f:id:prodigal04:20171108212820j:plain

f:id:prodigal04:20171108212912j:plain

その後も急勾配が続く。

f:id:prodigal04:20171108213049j:plain

f:id:prodigal04:20171108213420j:plain

f:id:prodigal04:20171108213553j:plain

どうも、ここが最初の峠

f:id:prodigal04:20171108213745j:plain

ここから、しばらく下りが続く

f:id:prodigal04:20171108213919j:plain

長戸庵が見えてきた

f:id:prodigal04:20171108214110j:plain

7時5分に長戸庵に到着。

f:id:prodigal04:20171108214336j:plain

f:id:prodigal04:20171108214446j:plain

ここで、ザックを下ろし一休み。

f:id:prodigal04:20171108214643j:plain

女子専用トイレがあった

f:id:prodigal04:20171108214800j:plain

長戸庵の出口は竹林

f:id:prodigal04:20171108215040j:plain

ただ、竹林は、すぐに終わり、普通の山道になる

f:id:prodigal04:20171108215211j:plain

長戸庵から少し進んだ所に、「風景発心の地」

f:id:prodigal04:20171108215340j:plain

f:id:prodigal04:20171108215546j:plain

ここからの見晴らしは、とても素晴らしかった。

f:id:prodigal04:20171108215707j:plain

その後、下ったり上ったりを繰り返しながらも、標高を上げていく。

f:id:prodigal04:20171108220147j:plain

かずら休憩所

f:id:prodigal04:20171108220332j:plain

f:id:prodigal04:20171108220503j:plain

その後も登りが続く

f:id:prodigal04:20171108220653j:plain

「樋山地石鎚山お鎖」と書かれた標識

興味はあるが、寄り道する余裕が無い

f:id:prodigal04:20171108220833j:plain

f:id:prodigal04:20171108221050j:plain

ここにも「樋山地石鎚山お鎖」

こっちからも行けるようだ

f:id:prodigal04:20171108221236j:plain

f:id:prodigal04:20171108221402j:plain

尾根を歩く

f:id:prodigal04:20171108221557j:plain

下りに変わり、未舗装の車道に出る

f:id:prodigal04:20171108221750j:plain

しばらく車道を、緩やかに登りながら進む

f:id:prodigal04:20171108221940j:plain

ここで、車道から逸れて右の遍路道へ

f:id:prodigal04:20171108222138j:plain

登りが、キツくなってくる

f:id:prodigal04:20171108222303j:plain

道は、細くなり、勾配も更にキツくなってくる

f:id:prodigal04:20171108222444j:plain

この辺りから石の下りに変わってくる

f:id:prodigal04:20171108222628j:plain

下っていくと、小屋が見えてきた

f:id:prodigal04:20171108222806j:plain

小屋の中は休憩が出来そう

f:id:prodigal04:20171108223054j:plain

中にテントも張ることが出来る位の広さ

f:id:prodigal04:20171108223154j:plain

f:id:prodigal04:20171108223348j:plain

「へんろころがし 3/6」

f:id:prodigal04:20171108223507j:plain

下に柳水庵が見えてきた

f:id:prodigal04:20171108223633j:plain

8時5分、柳水庵に到着。

f:id:prodigal04:20171108223917j:plain

水場

f:id:prodigal04:20171108224538j:plain

f:id:prodigal04:20171108224726j:plain

f:id:prodigal04:20171108224835j:plain

トイレ

f:id:prodigal04:20171108224932j:plain

更に、熊の目撃情報

f:id:prodigal04:20171108225024j:plain

柳水庵からはコンクリートの下り道

f:id:prodigal04:20171108225154j:plain

だいぶ登ってきたから、景色が良い

f:id:prodigal04:20171108225258j:plain

少し下った所に休憩小屋。

f:id:prodigal04:20171108225427j:plain

ここにも水場

f:id:prodigal04:20171108225623j:plain

建物はしっかりしていて、泊まることもできるようだ。

f:id:prodigal04:20171108225727j:plain

物干しもある

f:id:prodigal04:20171108225830j:plain

ここでも、ザックを下ろして一休み。

 

この後、舗装路を下っていくが、すぐに登りの山道に入っていく。

f:id:prodigal04:20171108230025j:plain

f:id:prodigal04:20171108230201j:plain

また、登りが続く

f:id:prodigal04:20171108230342j:plain

すぐに未舗装の車道に出るが、登りは続く

f:id:prodigal04:20171108230556j:plain

f:id:prodigal04:20171108230716j:plain

車道から逸れて左の遍路道へ

f:id:prodigal04:20171108230928j:plain

一度、下って、車道を横切り、登り道へ

f:id:prodigal04:20171108231055j:plain

段々、急勾配になってくる。

f:id:prodigal04:20171108231241j:plain

f:id:prodigal04:20171109060147j:plain

f:id:prodigal04:20171109060446j:plain

「へんろころがし 4/6」

f:id:prodigal04:20171109060621j:plain

更に、勾配がキツくなってくる 

f:id:prodigal04:20171109060802j:plain

f:id:prodigal04:20171109061202j:plain

上に何か見える

f:id:prodigal04:20171109072004j:plain

折り返すとへの浄蓮庵の入口

f:id:prodigal04:20171109072045j:plain

f:id:prodigal04:20171109072124j:plain

階段を登り切った所に、大師像。

f:id:prodigal04:20171109072203j:plain

f:id:prodigal04:20171109072235j:plain

一本杉の説明看板

f:id:prodigal04:20171109072710j:plain

9時、浄蓮庵に到着。

f:id:prodigal04:20171109072411j:plain

観音堂

f:id:prodigal04:20171109072454j:plain

浄蓮庵

f:id:prodigal04:20171109072539j:plain

ここで、一休み。

お堂の反対側にトイレがあった。

f:id:prodigal04:20171109072757j:plain

浄蓮庵からは、しばらく下りが続く。

f:id:prodigal04:20171109072917j:plain

f:id:prodigal04:20171109073002j:plain

一度、車道に出るが、すぐに遍路道へ

f:id:prodigal04:20171109073037j:plain 

f:id:prodigal04:20171109073120j:plain

始めは、なだらかな下り坂だが、途中からは、かなりの急勾配で下る。

f:id:prodigal04:20171109073228j:plain

周りの景色を見ると、かなり登ってきたのが分かる

f:id:prodigal04:20171109073300j:plain

集落のある場所に出てくる

f:id:prodigal04:20171109122750j:plain

舗装路に出る

f:id:prodigal04:20171109122827j:plain

f:id:prodigal04:20171109122904j:plain

f:id:prodigal04:20171109123017j:plain

民家の側を通る

f:id:prodigal04:20171109123046j:plain

f:id:prodigal04:20171109123124j:plain

川を渡る

f:id:prodigal04:20171109123233j:plain

f:id:prodigal04:20171109123307j:plain

f:id:prodigal04:20171109195558j:plain

いよいよ「へんろころがし 6/6」

f:id:prodigal04:20171109195644j:plain

これまで以上の急勾配の登り。

f:id:prodigal04:20171109195741j:plain

f:id:prodigal04:20171109202529j:plain

f:id:prodigal04:20171109202613j:plain

途中、息が上がって、立ったまま、何度か休憩を入れる。

f:id:prodigal04:20171109202701j:plain

f:id:prodigal04:20171109202751j:plain

ここに来て、歩き遍路の人を2人追い抜く。

自分は、愛媛の札所を、ほぼ終わらせているので、少し鍛えられているが、歩き遍路を始めたばかりの人が3日目でこの山道を進むのは、かなりキツいと思う。

f:id:prodigal04:20171109203008j:plain

焼山寺まで、あと11丁

f:id:prodigal04:20171109203049j:plain

残り8丁

f:id:prodigal04:20171109203142j:plain

急勾配が終わるところにベンチがあるので、ここでザックを下ろして休憩。

f:id:prodigal04:20171109223745j:plain

f:id:prodigal04:20171109223900j:plain

この後は、緩やかな登りに変わる

f:id:prodigal04:20171109223939j:plain

更に進むと、焼山寺の参道が見えてくる。

f:id:prodigal04:20171109224022j:plain

参道に入る。

f:id:prodigal04:20171109224114j:plain

f:id:prodigal04:20171109224201j:plain

参道を進んだ後、階段があり、その上に仁王門。

f:id:prodigal04:20171109224247j:plain

f:id:prodigal04:20171109224323j:plain

10時15分、焼山寺に到着。

藤井寺から約4時間で登り切った。

prodigal04.hatenablog.com

 

納経を済ませて、納経所に行くと、「歩きの人には、食堂でお茶接待をしているので、ゆっくり休んでいって下さい」と、ありがたいお言葉。

食堂に行き、暖かいお茶を頂いた。

食堂のおばちゃんと、しばらく会話をした後、11時、焼山寺を出発。

 

仁王門の下の階段を下りた後、参道と反対側に進む。

f:id:prodigal04:20171109224414j:plain

舗装路と山道を下っていく

f:id:prodigal04:20171109224502j:plain

f:id:prodigal04:20171109224642j:plain

段々、山道は石が多くなってきて、かなり歩きづらかった。

f:id:prodigal04:20171109224721j:plain

一度、舗装路に出る 

f:id:prodigal04:20171109224758j:plain

しばらく進むと、遍路道へ

f:id:prodigal04:20171109224840j:plain

ここは、右方向へ進む

f:id:prodigal04:20171109224919j:plain

阿波遍路道の説明看板

f:id:prodigal04:20171109224958j:plain

舗装路をショートカットする形で山道を下っていく

f:id:prodigal04:20171109225040j:plain

ここは、ロープを捕まらないと下りれなかった

f:id:prodigal04:20171109225124j:plain

その後も石の多い山道を下る

f:id:prodigal04:20171109225201j:plain

f:id:prodigal04:20171109225243j:plain

ここで、舗装路に出る 

f:id:prodigal04:20171109225324j:plain

舗装路が、しばらく続いた後、大きな木が目立つ杖杉庵が見えてきた。

f:id:prodigal04:20171109225358j:plain

遍路の祖、衛門三郎の終焉の地。

f:id:prodigal04:20171109225435j:plain

f:id:prodigal04:20171109225531j:plain

prodigal04.hatenablog.com

 

杖杉庵からは、広い舗装路から離れる。

ガードレールと「花」の看板の間に下りの遍路道。

f:id:prodigal04:20171109225619j:plain

ここは、車道を横切り向こう側へ

f:id:prodigal04:20171109225655j:plain

この建物の向こう側に回り込む形で遍路道は続く

f:id:prodigal04:20171109225735j:plain

f:id:prodigal04:20171109225812j:plain

山道になるが、すぐに終わる

f:id:prodigal04:20171109225857j:plain

舗装路に出る

f:id:prodigal04:20171109225936j:plain

この辺りは車遍路と同じ道なので、見たことのある景色

f:id:prodigal04:20171109230013j:plain

f:id:prodigal04:20171109230054j:plain

トイレがある

f:id:prodigal04:20171109230126j:plain

ここは右方向へ 

f:id:prodigal04:20171109230203j:plain

途中で、歩き遍路道は、左に分岐して山道に。

f:id:prodigal04:20171109230245j:plain

山道に入った後、方角は間違いないが、遍路道の道標が見当たらず、少し不安になってくる

f:id:prodigal04:20171109230323j:plain

やっと、道標を発見。

これで、ひと安心 

f:id:prodigal04:20171109230405j:plain

f:id:prodigal04:20171109230440j:plain

緩やかな上り下りを繰り返した後、舗装路に出る

f:id:prodigal04:20171109230535j:plain

f:id:prodigal04:20171109230615j:plain

橋を渡って左へ

f:id:prodigal04:20171109230653j:plain

舗装路の登りが続く。

段々、ツラくなってきた。

f:id:prodigal04:20171109230733j:plain

ここで、玉ヶ峠の登りの遍路道は分岐。

f:id:prodigal04:20171109230812j:plain

これが、かなりの急勾配で、焼山寺まで登った後ということもあって、相当キツい。

f:id:prodigal04:20171109230908j:plain

f:id:prodigal04:20171109230949j:plain

倒木が行く手を阻む

f:id:prodigal04:20171109231033j:plain

体力的には限界に近いが、気力で前に進む。

f:id:prodigal04:20171109231118j:plain

頂上近くで舗装路に出る

f:id:prodigal04:20171109231211j:plain

このカーブがある所が玉ヶ峠

f:id:prodigal04:20171109231256j:plain

f:id:prodigal04:20171109231342j:plain

カーブを曲がると、玉ヶ峠庵。

f:id:prodigal04:20171109231414j:plain

向には大師堂 

f:id:prodigal04:20171109231450j:plain

ここで、ザックを下ろして一休み。

玉ヶ峠庵の横にはトイレもあった。

f:id:prodigal04:20171109231533j:plain

泊まれそうなお堂ではあるが、「泊まりは遠慮下さい」との注意書き。

ここからは、舗装路をダラダラと下る。

f:id:prodigal04:20171109231615j:plain

f:id:prodigal04:20171109231655j:plain

ここは、右斜め下のコンクリート道へ

f:id:prodigal04:20171109231740j:plain

景色が綺麗。

f:id:prodigal04:20171109231818j:plain

ここは左奥の方へ

f:id:prodigal04:20171109231854j:plain

しばらく進むと、ヘンロ小屋

f:id:prodigal04:20171109231949j:plain

13時「ヘンロ小屋36号 神山」

f:id:prodigal04:20171109232026j:plain

f:id:prodigal04:20171109232105j:plain

ここでも、休憩。

天気が良く、ベンチに座っていると寝てしまいそうになる。

f:id:prodigal04:20171109232143j:plain

17時までに、別格2番 童学寺に着くには、あまり時間の余裕も無いので、休憩もソコソコにして、出発。

f:id:prodigal04:20171109232225j:plain

ここからも舗装路を進むが、途中「鏡石」の道標。

f:id:prodigal04:20171109232307j:plain

遍路道から外れて、山道を下っていくと「鏡大師堂」

f:id:prodigal04:20171109232344j:plain

f:id:prodigal04:20171109232433j:plain

f:id:prodigal04:20171109232504j:plain

舗装路に戻り、ダラダラ下って、川沿いの道を進む。

f:id:prodigal04:20171109232603j:plain

ここで、川沿いの広い道に出る

f:id:prodigal04:20171109232637j:plain

ここを右に曲がり、川を渡る

f:id:prodigal04:20171109232721j:plain

渡った後、少し進んだ所で左へ

f:id:prodigal04:20171109232807j:plain

登り坂が見えてきた。

f:id:prodigal04:20171109232843j:plain

この後、100mそこそこの駒坂峠を越えるが、この程度さえ辛いほど、限界にきている。

f:id:prodigal04:20171109232922j:plain

f:id:prodigal04:20171109233003j:plain

f:id:prodigal04:20171109233046j:plain

駒坂峠。

f:id:prodigal04:20171109233127j:plain

峠を下った後、浸水橋。

f:id:prodigal04:20171109233205j:plain

この橋のことは知らなかったので、ちょっと嬉しかった。

f:id:prodigal04:20171109233245j:plain

しばらく、単調な舗装路を進む。

f:id:prodigal04:20171109233323j:plain

13番 大日寺へは、ここを右に曲がるが、自分は、別格2 童学寺に行くので、直進。

f:id:prodigal04:20171109233422j:plain

一応、青色の別格向けの道標が貼られている。

f:id:prodigal04:20171109233458j:plain

その後、高瀬休憩所で一休み。

自動販売機、綺麗なトイレがあった。

f:id:prodigal04:20171109233540j:plain

休憩所を出発した後、赤い橋を渡れば、ここからも大日寺へ行けるが、別格は左へ

f:id:prodigal04:20171109233617j:plain

13番 大日寺への遍路道と分かれた後も舗装路を進み、新童学寺トンネル。

f:id:prodigal04:20171109233647j:plain 

f:id:prodigal04:20171109233720j:plain

歩道があるトンネルだったので、危険を感じることはなく通れた。

f:id:prodigal04:20171109233748j:plain

トンネルを抜けた後、段々、薄暗くなってきた。

産廃置き場の中の方へ向けて、道標。

入口には、ロープが貼られているので、直進する。

f:id:prodigal04:20171109233818j:plain

f:id:prodigal04:20171109233848j:plain

この点滅の信号を左に曲がる

f:id:prodigal04:20171109233914j:plain

16時30分、別格2番 童学寺に到着。

f:id:prodigal04:20171109233941j:plain

去年、車遍路で来た時は、境内まで車で入ることができたが、今日は山門前にパイロンが置かれて、入れないようにしていた。

prodigal04.hatenablog.com

 

f:id:prodigal04:20171109234018j:plain

本堂は、今年の3月、焼失したので跡地がある状態。

f:id:prodigal04:20171109234101j:plain

隣の聖天堂が、仮本堂となっていた。

f:id:prodigal04:20171109234151j:plain

納経を済ませて、御朱印を頂き、今日の歩き遍路は打ち止め。

童学寺から下浦駅まで歩いて、鴨島駅までJRで移動。

f:id:prodigal04:20171109234220j:plain

JR徳島線 時刻表
 下浦駅:
http://www.jr-shikoku.co.jp/01_trainbus/jikoku/pdf/shimoura.pdf

鴨島駅からは、タクシーで藤井寺まで行き、駐車場料金を払い、帰路についた。

f:id:prodigal04:20171109234245j:plain