タクボンのお遍路日記

お遍路の事を綴っていきます

歩き遍路 21日目【1泊2日 1日目】19番 立江寺→別格3番 慈眼寺→ふれあいの里 さかもと

19番 立江寺[9:10]→ヘンロ小屋 11号 「勝浦」[11:30]→ふれあいの里 さかもと[13:30]→別格3番 慈眼寺[15:00]→ふれあいの里 さかもと[16:10]


移動時間: 4:46:45
停止時間: 2:11:38
距離: 27.11 km
平均: 時速 5.67 km
最高スピード: 時速 8.31 km

高低差:673m

累計登り: 1058m

累計降り: 885m

累計移動距離:596.97km

 

drive.google.com

今回、初めて遍路宿に泊まって、2日間で、立江寺から平等寺まで廻る予定。

これまで、日帰りで回ってきたけど、今後、徳島から南下して高知までは、自宅からの距離が延び、往復の高速代で、宿に泊まれるので、しばらくは、泊まりで回るになると思う。
ただ、そうなると、日程調整が簡単ではなくなるけど、それも、仕方ないかなと

前回、時間の都合で、恩山寺立江寺は納経してないので、車で恩山寺に寄って、納経した後、立江寺に向かった。
立江寺で納経を済ませて、別格3番 慈眼寺を目指す。

立江寺の駐車場代は、1回300円。

戻ってくるのは、明日だけど、1日では無く、1回なので、多分、大丈夫だよね

f:id:prodigal04:20171209021642j:plain 

立江寺を出発して、少し打ち戻る形で赤い白鷺橋を渡り、突き当たりを左折して、県道28号線を進む。

(恩山寺からは右から)

少し進むと、19番 奥の院 清水寺の入り口。

御朱印は、立江寺で頂けるようだけど、今回はスルー。

f:id:prodigal04:20171209021706j:plain

櫛渕八幡神社の前を通りながら進む。

f:id:prodigal04:20171209021749j:plain

番外札所 法泉寺の近くに「寿康康寿庵」の看板。

矢印の方をのぞき込んでみたけど、よく分からなかったので、ここもスルー。

f:id:prodigal04:20171209021818j:plain

県道28号線と県道22号線の交差点を右折。

f:id:prodigal04:20171209021848j:plain

この辺りから足の裏に、マメができかけているような鈍痛を感じ始めた。

歩き始めて、あまり時間も経ってないのに、なぜ?

今まで、歩いてきて、マメができかけたことはあったけど、まともにできたことは無いくらいなのに

今回から、インナーソールを、ショックドクターのX-アクティブからシダスのアウトドア3Dに換えたことくらいしか思い当たらない。

会社の行き帰りに履いてみて、良い感じってい思ったくらいなのに・・・

県道22号線を、しばらく進むと「沼江大師」の近くに、「いやしの道 休憩所」

トイレもあるので寄ってみたが、肝心の沼江大師は分からなかった。

f:id:prodigal04:20171209021916j:plain

「いやしの道 休憩所」のすぐ近くにも別の休憩所があった。

さっき、休んだばかりだから、中には入らなかった。

f:id:prodigal04:20171209021940j:plain

そのまま進むと、勝浦川の横を通る県道16号線との交差点。

ここには、イートイン コーナーがあるローソンがあった。

しばらく進むと、道の駅「ひなの里 かつうら」が見えてきた。

ちなみに、こっちはバイパスで、鶴林寺への遍路道や金子屋さんに行く場合は、旧道に進む。

自分は、別格3番 慈眼寺に行くので、ヘンロ小屋があるバイパスを選択。

f:id:prodigal04:20171209022004j:plain

道の駅にヘンロ小屋 11号 「勝浦」

屋根の上には、特産のみかんが乗っている

f:id:prodigal04:20171209022029j:plain

f:id:prodigal04:20171209022055j:plain

道の駅を出発して、横瀬橋を渡った後、大きな通り(県道16号線)と平行する裏道に入る

f:id:prodigal04:20171209022118j:plain

裏道は車の通りも少ないので歩きやすい

f:id:prodigal04:20171209022146j:plain

f:id:prodigal04:20171209022209j:plain

再び、県道16号線に戻り、少し進むと、今夜の宿の「ふれあいの宿 さかもと」の看板が出てきた。

次の三差路を「坂本」の方へ進む。

f:id:prodigal04:20171209022233j:plain

ここは、川沿いの左方向に進む。

f:id:prodigal04:20171209022258j:plain

この交差点で、車は右上に登り、歩きは真っ直ぐ進むようになる。

f:id:prodigal04:20171209022323j:plain

「ふれあいの里 さかもと」が見えてきた。

廃校になった坂本小学校を改装したので、見た目は、まんま学校。

f:id:prodigal04:20171209022403j:plain

登って、正面から見ると、こんな感じ。

とりあえず、寄って、納経道具のみ取り出して、それ以外の荷物は預けて、慈眼寺へ向かう。

受付で、慈眼寺への詳しい道順と迷いやすいポイントを教えてもらう。 

f:id:prodigal04:20171209022426j:plain

慈眼寺へは、ガードレールのある坂道を登っていく。

f:id:prodigal04:20171209022449j:plain

上の道に出て、少し歩くと、目印の散髪屋さんが見えてきた。

f:id:prodigal04:20171209022511j:plain

散髪屋さんを過ぎて、右の民家の手前を右折して、登っていく。

f:id:prodigal04:20171209022534j:plain

f:id:prodigal04:20171209022601j:plain

本日、初めての山道

f:id:prodigal04:20171209022651j:plain

しばらく進むと舗装路に出る

宿の人の話では、戻るとき、ココで間違える人が多いとの事。

f:id:prodigal04:20171209022715j:plain

念のため、振り返って写真を撮っておく。

f:id:prodigal04:20171209022740j:plain

しばらく進むと、大きな通りに出る。

f:id:prodigal04:20171209022806j:plain

だけど、すぐに右斜め上に登っていく。

f:id:prodigal04:20171209022831j:plain

また山道になる

f:id:prodigal04:20171209022855j:plain

しばらく登りながら進むと、遍路休憩所

f:id:prodigal04:20171209022944j:plain

中に入って、ひと休み

電気も点くし、コンセントもあった。

f:id:prodigal04:20171209022921j:plain

外には水道の蛇口もある

至れり尽くせり。 

f:id:prodigal04:20171209023011j:plain

休憩所を出発して、最後の登りを上がっていく。

f:id:prodigal04:20171209023037j:plain

f:id:prodigal04:20171209023105j:plain

15時、別格3番 慈眼寺に到着。 

チラチラ、雪が降ってきた。

f:id:prodigal04:20171209023138j:plain

 

prodigal04.hatenablog.com

慈眼寺から、第20番 奥の院 灌頂ヶ滝に寄って宿に戻るつもりだったけど、周りが薄暗くなってきたので、諦めて、真っ直ぐ宿に戻る。

 

「ふれあいの宿 さかもと」の自分の部屋は、職員室。

ホントに職員の部屋を空けてくれたのかと思ったら、元小学校だったからみたい

f:id:prodigal04:20171209023212j:plain

その他には、5年生の部屋や校長室なんかがあった。

f:id:prodigal04:20171209023234j:plain

部屋の中は、6畳の和室。

f:id:prodigal04:20171209023254j:plain

今日の宿泊客は、自分も含めて、歩き遍路さんが4名。

みんな単独のお遍路さんだった。

通しの三重からのお爺ちゃん。

区切りは、岐阜からの青年遍路さんと兵庫からの女性遍路さん。

夕食の時間が、全員一緒で、同じテーブルだったので、食事を摂りながら、色々と情報交換。

中々、楽しい一時だった。

部屋に戻り、靴のインナーソールの形状と足を合わせて、皮が剥けてた場所を確認してみると、皮が剥けていたのは、インナーソールの樹脂成形パーツが途切れた箇所だった。
樹脂成形は硬く、その先が、かなり柔らかいので、角が直接ではないけど、当たって擦れるのが原因みたい。
明日は、我慢するにしても、次回から、またX-アクティブに戻すようにしよう。