タクボンのお遍路日記

お遍路の事を綴っていきます

歩き遍路 24日目【日帰り】 23番 薬王寺→別格4番 鯖大師→海部駅

23番 薬王寺[9:40]→別格4番 鯖大師[14:40]→海部駅[16:45]

 

移動時間 4:51:32
停止時間 2:18:44
距離 29.03 km
平均スピード 時速 5.98 km
累計登り 806m
累計降り 797m
平均歩数ペース 131 歩/分
最高歩数ペース 163 歩/分
歩数 38,114
温度 3-12°C
風速 6 km/時 SSE

累計移動距離:681.42km

drive.google.com

今日の徳間自動車道は、昨日の積雪が路肩に、かなり残っていて、路面も、薄ら白くなっていたので、結構、怖かった。

徳島市内では、平日だったので通勤ラッシュで渋滞にはまって、前回より20分は早く出発したのに、薬王寺に着いたのは、9時30分を過ぎていた。

今回も薬王寺の駐車場に車を止めて、歩き遍路。
前回、薬王寺で打ち止めだったので、駐車場から、そのまま、続きを歩き始める。
薬王寺からのルートは、2通りあるけど、どちらも舗装路を進むから、距離の短い国道55号線を進むルートを選択。

歩き始めて、すぐ、日和佐駅の向こうに見える日和佐城を眺めながら進む。

ここに、お城があるのは、ずっと気付いてなかったが、前回、日没後に薬王寺を目指して歩いている時に、ライトアップされていて、お城がある事を初めて知った。

f:id:prodigal04:20180116194402j:image

『四国遍路ひとり歩き同行二人【地図編】』では、直進して、そのままJRの線路の上を越えるようになっていたが、登り始めの所に側道へ案内する道標があったので、そちらを通ってみた。

f:id:prodigal04:20180116194427j:image

線路は横切らずに、線路沿いに進み、国道の下をくぐる。

f:id:prodigal04:20180116194437j:image

すぐに地蔵堂があった。

f:id:prodigal04:20180116194446j:image

その後、線路を横切る。

f:id:prodigal04:20180116194457j:image

そこから、しばらく歩くと国道55号線に戻る。

f:id:prodigal04:20180116194504j:image

ここから、少し登り坂になり、奥潟トンネルが見えてきた。

f:id:prodigal04:20180116194535j:image

トンネルの入口に「旧道」と書かれた道標があったので、トンネルは通らず、そっちを通ってみた。

f:id:prodigal04:20180116194545j:image

民家の前を通りながら進む。

f:id:prodigal04:20180116194556j:image

旧道は、小高い山をグルッと回るだけだったので、トンネルを通るのと、そんなに距離は変わらなかった。

f:id:prodigal04:20180116194608j:image

すぐに国道55号線に戻る。

f:id:prodigal04:20180116194619j:image

ここからは、キツい上り勾配。

車道も登坂車線があるほど。

f:id:prodigal04:20180116194631j:image

日和佐トンネルが見えてきた。

f:id:prodigal04:20180116194645j:image

トンネル前に休憩所があったので、ココで一休み。

f:id:prodigal04:20180116194726j:image

トンネル入口には、反射材付きタスキ・リストバンドが入ってると書かれているプラボックスがあった。

f:id:prodigal04:20180116194736j:image

ただ、プラボックスの中を見ると空っぽ。

よくあるパターン。

f:id:prodigal04:20180116194742j:image

自前のリストバンドを付けて、トンネル内に進む。
トンネルにはガードパイプ付きの歩道があったので、危険は感じなかった。

f:id:prodigal04:20180116194807j:image

トンネルを抜けた後、国道の左下に変わった建造物が見えた。おそらくヘンロ小屋。

f:id:prodigal04:20180116194816j:image

進んでいくと、『ヘンロ小屋 40号 日和佐』だった。
トンネル入口で休憩を取ったので、ここには寄らずに、そのまま進む。

f:id:prodigal04:20180116194839j:image

次のトンネルの山河内トンネルの手前には、馬を飼っている場所があった。

f:id:prodigal04:20180116195734j:image

山河内トンネル

f:id:prodigal04:20180116194902j:image

距離は短いが、段差がない白線だけの歩道だったので、意外に怖かった。

f:id:prodigal04:20180116194916j:image

トンネルを抜けた後は、緩やかな上りが続く。

f:id:prodigal04:20180116194942j:image

途中、トタン屋根の上をバタバタ走るような音がしたので、音のする方を見ると、猿が2匹いた。
野生の猿は、久々に見た。

f:id:prodigal04:20180116194958j:image

少し進むと、水車のある休憩所があった。

f:id:prodigal04:20180116195013j:image

f:id:prodigal04:20180116195023j:image

f:id:prodigal04:20180116195036j:image

グリーンラインの歩道。

f:id:prodigal04:20180116195045j:image

ココで、反対車線に渡るように書かれていた。

ただ、反対車線の歩道は、草がはみ出しているのに、なんで?

f:id:prodigal04:20180116195057j:image

しばらく進んで、そのわけが理解できた。

元々の車線は歩道が無い状態になった。

f:id:prodigal04:20180116195107j:image

f:id:prodigal04:20180116195137j:image

f:id:prodigal04:20180116195147j:image

しばらく、国道の左側の歩道を歩いてたが、反対側に、歩き遍路の道標が見えたので、急いで反対側に渡る。

f:id:prodigal04:20180116195156j:image

ココで、国道から離れて下っていく。

f:id:prodigal04:20180116195209j:image

細い舗装された田舎道を進む

f:id:prodigal04:20180116195218j:image

民家のある道を、しばらく進む。

f:id:prodigal04:20180116195238j:image

再び、国道に戻る交差点。

f:id:prodigal04:20180116195254j:image

その交差点に小松大師の案内看板。

f:id:prodigal04:20180116195318j:image

上に登りながら少し戻った所に小松大師。

f:id:prodigal04:20180116195329j:image

国道を少し進むと、小売店があって、横に休憩所。

f:id:prodigal04:20180116195340j:image

ココで、一休みして、持っていたおにぎりを食べる。

f:id:prodigal04:20180116195352j:image

しばらく国道を下っていくと、牟岐の町。

土佐街道の道標があったので、そっちをを歩いてみる。

f:id:prodigal04:20180116195411j:image

すぐに国道に戻り、種田山頭火が泊まったという長尾屋跡の石碑があった。

f:id:prodigal04:20180116195424j:image

そこから、すぐ、また旧土佐街道の道標。

f:id:prodigal04:20180116195434j:image

また、国道に戻り、牟岐の町を歩く。

しばらくすると右側に牟岐駅

f:id:prodigal04:20180116195505j:image

少し過ぎた方が駅が、よく見えた。

f:id:prodigal04:20180116195515j:image

ココの交差点で、国道は右に大きく曲がるが直進して、国道から離れる。

f:id:prodigal04:20180116195527j:image

牟岐津神社の手前の交差点を右折。

f:id:prodigal04:20180116195541j:image

川を渡り、そのまままっすぐ進む

f:id:prodigal04:20180116195559j:image

国道に近づくが、八坂トンネルを避けるため、そのまま並走する道を進む。

f:id:prodigal04:20180116195610j:image

舗装路をドンドン登っていく

f:id:prodigal04:20180116195625j:image

途中、いきなり旧遍路道の大坂峠を越える山道の入口が出てきた。

f:id:prodigal04:20180116195636j:image

今度は、山道をドンドン登っていく

f:id:prodigal04:20180116195702j:image

登り始めて、少しすると、「ちょっと一休み。海が見えるよ」と書かれてる。

少し道から逸れて、階段を上ってみる。

f:id:prodigal04:20180116195714j:image

そこからの景色。

f:id:prodigal04:20180116195724j:image

尾根を歩く。

f:id:prodigal04:20180116200145j:image

更に標高を上げていく

f:id:prodigal04:20180116200154j:image

ここが峠。

遍路道は、左下に下りていくが、「ビューポイント。50m」と上を示す道標。

行ってみる。

f:id:prodigal04:20180116200206j:image

始めは、草刈りされた山道。

f:id:prodigal04:20180116200243j:image

50m進んだのかな?

途中から草が茂ってるが、草をかき分け進む。

途中、ロープが張られていて、それを掴みながら登っていく。

f:id:prodigal04:20180116200255j:image

ここが頂上。ビールケースをひっくり返した台があった。

f:id:prodigal04:20180116200305j:image

そこからの眺め。

期待していたほどではなかった。

f:id:prodigal04:20180116200314j:image

来た道を戻る。

草が刈られていた所まで戻った場所からの眺め。

ここからの方が景色は良かった。

f:id:prodigal04:20180116200326j:image

もう少し戻った場所からの眺め。

下に国道が見える。

f:id:prodigal04:20180116200337j:image

峠の場所まで戻った。

大坂峠の説明看板。

f:id:prodigal04:20180116200349j:image

f:id:prodigal04:20180116200354j:image

下り道を進む。

f:id:prodigal04:20180116200405j:image

また、ひっくり返した台があった。

f:id:prodigal04:20180116200416j:image

そこからの眺め。

内妻海水浴場が見える。

f:id:prodigal04:20180116200435j:image

道は階段になり民家の横に下りてきた。

f:id:prodigal04:20180116200449j:image

民家の横を通り、更に階段を下りて、旧国道に出る。

f:id:prodigal04:20180116200457j:image

旧国道に出たところには、移設された草鞋地蔵尊

f:id:prodigal04:20180116200506j:image

草鞋地蔵尊の説明看板。

f:id:prodigal04:20180116200521j:image

地蔵尊の前を通り、更に山道を下りていく。

f:id:prodigal04:20180116200532j:image

コンクリートの道に出て、折り返して、更に下る。

f:id:prodigal04:20180116200544j:image

コンクリートの道を下ると海岸沿いに出る。

この分岐は右へ。

f:id:prodigal04:20180116200558j:image

畦道を進み、その向こうの道を登る。

f:id:prodigal04:20180116200605j:image

更に進むと海岸沿いに出る。

f:id:prodigal04:20180116200619j:image

内妻海水浴場の横を通り、進む。

右上を通ってるのは国道。

f:id:prodigal04:20180116200627j:image

国道に登る階段が見えるが、国道の下に続く道に行ってみる。

f:id:prodigal04:20180116200645j:image

国道の向こう側には、トイレとシャワー。

f:id:prodigal04:20180116200656j:image

元の道に戻って、国道に上らず、川の方に行ってみる。

川が浅いので、渡ってみた。

ゴアテックスの靴なので良かったが、普通の靴だったら、濡れてしまうくらいの水位はあった。

f:id:prodigal04:20180116200717j:image

対岸に渡り、国道に上ると、内妻トンネル。

f:id:prodigal04:20180116200743j:image

内妻トンネルの手前に、四国遍路ひとり歩き同行二人【地図編】には出てない遍路道への道標。

f:id:prodigal04:20180116200754j:image

ただ、登り口の道標の場所は、崩れて通れない状態だった。

去年の台風の被害かな?

f:id:prodigal04:20180116200804j:image

諦めて、トンネルを通る。

段差のある歩道だったので、安心感はある。

f:id:prodigal04:20180116200813j:image

内妻トンネルを抜けると、すぐに古江トンネル。

こっちも、段差のある歩道。

f:id:prodigal04:20180116200823j:image

鯖大師本坊の看板が見えてきた。

f:id:prodigal04:20180116200832j:image

福良トンネルの手前で、突然、軽四が止まり、みかんの接待。

なんか、久々に接待を受けた。

ありがとうございます。

f:id:prodigal04:20180116200838j:image

鯖大師直前の福良トンネル。

f:id:prodigal04:20180116200847j:image

トンネル手前から分岐する遍路道に進む。

f:id:prodigal04:20180119222044j:image

JRの線路の上を通り、山道を進む。

f:id:prodigal04:20180116200906j:image

ここでも、崩れた跡が残っていたが、通れるように手が入れられてた。

f:id:prodigal04:20180119222227j:image

f:id:prodigal04:20180116200923j:image

すぐに頂上。

f:id:prodigal04:20180116200934j:image

下っていくと鯖大師の宿坊が見えてきた。

f:id:prodigal04:20180116200942j:image

鯖大師には、裏から門を開けて、境内に入る。

f:id:prodigal04:20180116200951j:image

入って、すぐに多宝塔があった。

前回の車遍路の時には、本堂裏にあったからか、見た記憶に無い。

f:id:prodigal04:20180116200959j:image

f:id:prodigal04:20180116201004j:image

本堂と稲荷神社の間の細道を下りていく

f:id:prodigal04:20180116201011j:image

稲荷神社

f:id:prodigal04:20180116201022j:image

鯖大師 本堂

f:id:prodigal04:20180116201029j:image

 

prodigal04.hatenablog.com

 

納経を済ませて、国道の方へ向かう。

f:id:prodigal04:20180116201051j:image

途中に、鯖大師本坊護摩堂。

f:id:prodigal04:20180116201101j:image

JRの線路の下を通り、国道55号線に戻る。

f:id:prodigal04:20180116201123j:image

国道を進んで、すぐ、鯖瀬トンネルがあるが、左折して、トンネルを避ける海岸沿いの道を進む。

f:id:prodigal04:20180116201131j:image

鯖瀬トンネルの脇を通りながら進む。

f:id:prodigal04:20180116201139j:image

トンネルを避ける海沿いの道。

f:id:prodigal04:20180116201147j:image

大砂海水浴場を眺めながら進み、国道に戻る。

f:id:prodigal04:20180116201151j:image

しばらくは国道を進む。

ここから、24番 最御崎寺まで55km。

f:id:prodigal04:20180116201159j:image

浅川の町に入るところで、国道から左斜めに離れて、浅川の町の中を歩く。

f:id:prodigal04:20180116201207j:image

天神社の前を通りながら進む。

f:id:prodigal04:20180116201228j:image

この三差路を右へ。

f:id:prodigal04:20180116201232j:image

弥勒石佛

f:id:prodigal04:20180119233608j:image

左斜めに進み、海岸沿いを歩き、「まぜのおかキャンプ場」のある方へ向かう。

f:id:prodigal04:20180116201249j:image

キャンプ場へ曲がる交差点の所に休憩所があった。

f:id:prodigal04:20180116201258j:image

休憩所には、トイレとテーブルやベンチがあった。

f:id:prodigal04:20180116201303j:image

f:id:prodigal04:20180116201309j:image

15時40分、休憩所で、一休みしながら、今日、何処まで進むか考える。
本当は、宍喰までは行きたかったが、まだ10kmはある。
日没までに、着くのは難しいので、諦めて、1駅手前の海部駅で打ち止めする事にした。

休憩所を出発して、すぐの道の下の方に何か見えたので、下りてみる。

f:id:prodigal04:20180116201318j:image

地蔵堂があった。

f:id:prodigal04:20180116201324j:image

海陽町の町を歩き、久しぶりに見た信号の所を左折。

f:id:prodigal04:20180116201331j:image

海部川橋を渡る。

普通車同士は離合できないほど、幅が狭い割には、車がよく通るので、ちょっと怖かった。

f:id:prodigal04:20180116201336j:image

橋を渡って、更にまっすぐ進む。

f:id:prodigal04:20180116201349j:image

郵便局の前を通り過ぎる。

f:id:prodigal04:20180116201354j:image

白いフェンスの手前を右折。

f:id:prodigal04:20180116201403j:image

道なりに進み、この橋は渡らず、川の手前を進む。

f:id:prodigal04:20180116201408j:image

国道の向こうに、JR海部駅が見えてきた。

f:id:prodigal04:20180116201414j:image

16時45分、海部駅に到着。
今日は、ココで打ち止め。

f:id:prodigal04:20180116201421j:image

ここから、列車で日和佐まで戻る。

JR牟岐線 時刻表

 海部駅 http://www.jr-shikoku.co.jp/01_trainbus/jikoku/pdf/kaifu.pdf

f:id:prodigal04:20180116201425j:image

朝のスタートの時間が遅いので、思ったように距離が伸びない。