タクボンのお遍路日記

お遍路の事を綴っていきます

歩き遍路 26日目【日帰り】 24番 最御崎寺→25番 津照寺→26番 金剛頂寺→道の駅 キラメッセ室戸

佐喜浜港上[8:30]→夫婦岩[9:30]→室戸世界ジオパーク[10:50]→室戸青年大師像[11:55]→御厨人窟[12:00]→24番 奥の院[12:05]→24番 最御崎寺[12:45]→25番 津照寺[14:25]→26番 金剛頂寺[16:00]→道の駅 キラメッセ室戸[16:50]

 

drive.google.com

 

移動時間 5:26:28
停止時間 2:52:43
距離 31.19 km
平均スピード 時速 5.73 km
最高スピード 時速 7.25 km
登り 377
降り 328
歩数 42,272歩
温度 8°C
湿度 33%
風速 28 km/時 N

 

累計移動距離:743.99km

 

今回は、ゴール予定の道の駅 キラメッセ室戸に車を停めて、7時34分の高知東部交通バスで、「佐喜浜港上」まで移動して、再開しようと、車で向かう。

高知東部交通 時刻表・その他ダウンロード | 高知県東部交通株式会社

7時10分の時点で乗る予定のバスの後ろを走ってる、かなりドキドキの状態。

間に合わなかったら、室戸世界ジオパークに先回りしようかと思ってたけど

途中、乗客を乗せるために停車したバスを追い抜き、何とかなった。
f:id:prodigal04:20180221212241j:image

「佐喜浜港上」バス停に到着して、四国遍路ひとり歩き同行二人【地図編】に出ているバス停手前の出ている橋らしきマークの場所の分岐を探すが分からず、諦めて国道を進むことにした。
「佐喜浜港上」を少し過ぎた場所で裏道に入る。ただ、地図の場所とは違う。
結局、あの橋のようなマークは、何だったのか分からないまま。

f:id:prodigal04:20180221212248j:image

しばらく裏道を進んだ後、国道に戻る。

f:id:prodigal04:20180221212255j:image

この辺りの宿では高評価なロッジ尾崎や民宿 徳増の前を通りながら、先に進む。両宿とも目の前がバス停なのは、歩き遍路には嬉しいかも。

f:id:prodigal04:20180221213620j:image

f:id:prodigal04:20180221212309j:image

更に国道を進むと夫婦岩が見えてきた。

f:id:prodigal04:20180221212316j:image

夫婦岩の近くまで着いた

f:id:prodigal04:20180221212330j:image

歩いてなら、更に近くまで行けるので、近くまで行ってみる。

f:id:prodigal04:20180221212340j:image

岩の上の木からロープが垂れ下がってるけど、登れるのかな?

f:id:prodigal04:20180221212347j:image

夫婦岩

f:id:prodigal04:20180221212358j:image

f:id:prodigal04:20180221212419j:image

夫婦岩から国道に戻り、先に進んで、「不動浦」のバス停を越えたところで、裏道に入る。

f:id:prodigal04:20180221212424j:image

一度、国道に出るが、すぐに裏道に進む。

f:id:prodigal04:20180221212434j:image

裏道から国道に戻った後、室戸世界ジオパークまでたどり着いた。

敷地内にヘンロ小屋ぽい木造の建物があったが、ヘンロ小屋ではなかった。

f:id:prodigal04:20180221212508j:image

中には階段があって2階に登れるが、ベンチはなく休憩が出来るようにはなってなかったので、建物の隣にあるベンチで、一休み。

f:id:prodigal04:20180221212515j:image

ジオパークから国道を進んだ後、裏道に進む。

f:id:prodigal04:20180221212521j:image

国道に戻り、更に進むと、青年大師像が見えてきた。

f:id:prodigal04:20180221212539j:image

青年大師像まで着いた。

f:id:prodigal04:20180221212606j:image

前回、逆打ちの車遍路時は、運転していて見ることの出来なかった大師像を、やっと見ることが出来た。

f:id:prodigal04:20180221212615j:image

大師像から少し進んだ所に、空海の名前の由来の場所「御厨人窟」。

f:id:prodigal04:20180221212625j:image

f:id:prodigal04:20180221212635j:image

少し進むと、お地蔵様がいっぱい並ぶ水掛地蔵。

f:id:prodigal04:20180221212642j:image

f:id:prodigal04:20180221212651j:image

その向こうには、公衆トイレ。

f:id:prodigal04:20180221212711j:image

その先に最御崎寺への登り口。

f:id:prodigal04:20180221212716j:image

f:id:prodigal04:20180221212722j:image

登り口から少し登ったところに、24番 奥の院「観音窟」があった。

f:id:prodigal04:20180221212738j:image

奥の院の洞窟。

f:id:prodigal04:20180221212748j:image

洞窟の中。

f:id:prodigal04:20180221212757j:image

f:id:prodigal04:20180221212815j:image

少し登った所に、捻岩

f:id:prodigal04:20180221212822j:image

f:id:prodigal04:20180221212831j:image

f:id:prodigal04:20180221212837j:image

ここから、標高165mの最御崎寺まで一気に登る。標高は、大したことないが、勾配キツく、意外に疲れた。

f:id:prodigal04:20180221212845j:image

途中、東屋ぽい建物があった。

f:id:prodigal04:20180221212853j:image

中は、座れないので、展望台かな?

f:id:prodigal04:20180221212859j:image

ここが頂上。

f:id:prodigal04:20180221212921j:image

少し進むと山門が、いきなり現れる。
薬王寺から最御崎寺まで、74km。久々の札所。

f:id:prodigal04:20180221212929j:image

prodigal04.hatenablog.com

宿坊の横を通り、駐車場の方へ降りていく。

f:id:prodigal04:20180221213034j:image

最御崎寺からは、車道の室戸スカイラインを下る。

f:id:prodigal04:20180221213047j:image

f:id:prodigal04:20180221213054j:image

スカイラインを下ると、国道ではなく手前の裏道を進む。

f:id:prodigal04:20180221213100j:image

室戸岬小学校近くにある王子宮

f:id:prodigal04:20180221213558j:image

一度、国道に戻り、少し国道を歩いた後、裏道に進む。再度、国道に出て、今度は国道を横切り、港の方、進む。

f:id:prodigal04:20180221213132j:image

港の横を通ると津照寺は、すぐ近く。

f:id:prodigal04:20180221213140j:image

竜宮城のような津照寺が見えた。

f:id:prodigal04:20180221213208j:image

prodigal04.hatenablog.com

 

津照寺からは、山門を出て、右側に続く細道を進む。

f:id:prodigal04:20180221213224j:image

ここを右折

f:id:prodigal04:20180221213230j:image

すぐに左折。

f:id:prodigal04:20180221213238j:image

正面に表れる工事中の橋を渡る

f:id:prodigal04:20180221213245j:image

しばらく町中を歩くと国道に出る。

少し国道を進んだ所に「金剛頂寺」の標識。

ここを右に入っていく。

f:id:prodigal04:20180221213253j:image

入り口に休憩所

f:id:prodigal04:20180221213259j:image

ここからは車遍路と同じ道を歩く。

この橋を渡って、右折

f:id:prodigal04:20180221213325j:image

曲がり角に、休憩所。

壁にガス給湯器が付いてるけど、お湯も出る?

中は確認してない。

f:id:prodigal04:20180221213332j:image

車遍路道が右折する場所を歩き遍路道は直進する。

車遍路の時に、「なんで、こんな所を右折するんだろう」と違和感を感じた理由が分かった。

f:id:prodigal04:20180221213338j:image

登り始めは、舗装路。

f:id:prodigal04:20180221213343j:image

未舗装に変わり

f:id:prodigal04:20180221213349j:image

急勾配の山道になる

f:id:prodigal04:20180221213354j:image

舗装路が見えてきた。

f:id:prodigal04:20180221213403j:image

津照寺の駐車場に出る。

f:id:prodigal04:20180225204806j:image

津照寺への階段。

f:id:prodigal04:20180221213408j:image

prodigal04.hatenablog.com

 

金剛頂寺からの遍路道は大師堂の正面の階段を下りて、道標に従って進む。

f:id:prodigal04:20180221213432j:image

宿坊の駐車場の前を通り過ぎる

f:id:prodigal04:20180221213436j:image

駐車場から出て、右の方に進む。

f:id:prodigal04:20180221213441j:image

道標に従って進む。

f:id:prodigal04:20180221213445j:image

ここを右折

f:id:prodigal04:20180221213449j:image

道が細くなってきた

f:id:prodigal04:20180221213452j:image

 金剛頂寺からの遍路道は2ルートあって、この辺りで、道の駅 キラメッセ室戸の横に下りる道と少し遠回りの不動岩に下りる道に分かれるはず。
四国遍路ひとり歩き同行二人【地図編】とYAMAPを見比べても同じ場所に分岐があるようになってるのに見当たらない。
これかな?と思った道を進んでみるが、遍路道の札も一切無く、行き止まりになった。15分ほど、ウロウロしたが、段々、辺りが暗くなってきたので、諦めて不動岩の方に下りることにして道を進んだ。

f:id:prodigal04:20180221213500j:image

一度、舗装路に出る。

f:id:prodigal04:20180221213504j:image

しばらく進んだ所で、不動岩の方に向かう道と、もう1本、遍路道の札の掛かった道がある分岐があった。右の道を選択。

f:id:prodigal04:20180221213508j:image

道の途中にも札の掛かっていて、キラメッセ室戸の方に下りてきた。

f:id:prodigal04:20180221213512j:image

その分岐は、地図とはだいぶズレてるように思ったけど、とりあえず、キラメッセ室戸に到着して、今日の歩き遍路は、打ち止め。

f:id:prodigal04:20180221213517j:image