タクボンのお遍路日記

お遍路の事を綴っていきます

歩き遍路 28日目【日帰り】 唐浜駅→27番 神峯寺→赤岡駅

 唐浜駅[8:20]→27番 神峯寺[9:20]→道の駅 大山[11:10]→道の駅 やす[16:30]→ヘンロ小屋 8号 香我美[16:50]→赤岡駅[17:30]

 

drive.google.com

 

移動時間 6:23:24
停止時間 2:43:14
距離 36.26 km
平均スピード 時速 5.67 km
最高スピード 時速 7.06 km
登り 440
降り 423
歩数 48,809歩
温度 11°C
湿度 56%
風速 7 km/時 N

累計移動距離:804.1km

 

今日、ゴール予定の「ごめん・なはり線」野市駅の近くに駐車して、唐浜駅まで移動。

唐浜駅から、そのまま歩いても、野市駅までの距離は35km。

前日、神峯寺に行かずに、早めに切り上げたので、今日は神峯寺までの往復がプラスされるので、野市駅までたどり着くのは難しいかもしれない。

まずは、7時28分の列車で唐浜駅に向かう。

土佐くろしお鉄道 ごめん・なはり線

野市駅:http://docs.wixstatic.com/ugd/06d37b_c277a34baf344176a52ac12a27888933.pdf

f:id:prodigal04:20180225151905j:image

同じ列車に、男性の歩き遍路さんが1名。

唐浜駅に一緒に降りる。

挨拶しても無言だったので会話はしていない。

f:id:prodigal04:20180225151914j:image

唐浜駅の待合室に神峯の説明が貼られていた。

f:id:prodigal04:20180225151921j:image

唐浜駅を出発して、昨日、打ち止めした「ごめん・なはり線」の高架下へ

f:id:prodigal04:20180225151930j:image

高架下を通り、神峯寺に向かう。

晴れているが、朝は、けっこう寒い。

f:id:prodigal04:20180225151938j:image

右折して橋を渡り舗装路を進む。

f:id:prodigal04:20180225151946j:image

舗装路だが、勾配はキツい。

f:id:prodigal04:20180225151958j:image

途中、同じ列車に乗っていたお遍路さんを追い抜く。

f:id:prodigal04:20180225152029j:image

道の先に見える石碑の所で歩き遍路道は分かれる。

f:id:prodigal04:20180225152038j:image

すぐに山道になる。

f:id:prodigal04:20180225152046j:image

一度、舗装路に出るが、すぐに山道へ。

f:id:prodigal04:20180225152053j:image

ココも道を挟んで、山道が続く。

f:id:prodigal04:20180225152102j:image

山道の途中に何かの置物

f:id:prodigal04:20180225152114j:image

反対には休憩所があった。

f:id:prodigal04:20180225152122j:image

更に登って、舗装路を横切る。

f:id:prodigal04:20180225152132j:image

舗装路を挟んで続く山道。

f:id:prodigal04:20180225152139j:image

この後、何度も舗装路を横切りながら進み、最後は舗装路を進む。

f:id:prodigal04:20180225152146j:image

神峯寺の駐車場が見えてきた。

車でもタイヤが焦げ臭くなるほどの道なので、どんな遍路道があるのかと楽しみにしていたけど、半分以上は、車遍路道と同じだった。
ちょっと残念。

f:id:prodigal04:20180225152156j:image

左に神峯寺の仁王門。右に神峯神社の鳥居。

f:id:prodigal04:20180225152204j:image

仁王門。

f:id:prodigal04:20180225152210j:image

prodigal04.hatenablog.com

神峯寺から打ち戻り、途中の分岐を右折して、広域道路を進む。

f:id:prodigal04:20180225152235j:image

広域道路の様子。

f:id:prodigal04:20180225152245j:image

途中、休憩所があった。

f:id:prodigal04:20180225152255j:image

その横には、化石体験場の案内看板。

f:id:prodigal04:20180225152302j:image

広域道路を進んでいくと、ガードレールの切れ目に唐浜駅に降りる階段。

f:id:prodigal04:20180225152308j:image

下に唐浜駅が見える。

f:id:prodigal04:20180225152318j:image

唐浜駅の方に降りて、駅の前を通り過ぎ、この交差点は直進。

f:id:prodigal04:20180225152327j:image

国道に出るところに安田明神

f:id:prodigal04:20180225152341j:image

ここから国道を、しばらく歩く。

f:id:prodigal04:20180225152352j:image

大山トンネル手前の交差点を左折して、道の駅 大山がある旧道を進む。

f:id:prodigal04:20180225152400j:image

道の駅の手前に、3,000円で泊まれる遍路宿。

f:id:prodigal04:20180225152406j:image

道の駅 大山が見えてきた。

f:id:prodigal04:20180225152417j:image

道の駅を過ぎた所に左折の矢印。

ただ、この道、ラブホの出入り口なんですけど・・・

f:id:prodigal04:20180225152424j:image

途中で右折して、防波堤歩道に向かう。

f:id:prodigal04:20180225152435j:image

防波堤歩道を歩く。

f:id:prodigal04:20180225152440j:image

歩道の終点。

ここを右折して、伊尾木駅の横を通り抜ける。

f:id:prodigal04:20180225152446j:image

国道に出て、しばらく進んで、安芸川を渡る。

f:id:prodigal04:20180225152453j:image

安芸川を渡った所で、斜め左に進み、安芸の旧道を進む。

f:id:prodigal04:20180225152459j:image

ここを左折。

f:id:prodigal04:20180225152507j:image

突き当たりを右折。

f:id:prodigal04:20180225152525j:image

安芸市営球場の交差点を左折。

f:id:prodigal04:20180225152534j:image

ここから、防波堤上の自転車道を歩くはずが、防波堤の下を歩いてる。

途中の階段を上る。

f:id:prodigal04:20180225152544j:image

防波堤上の自転車道

f:id:prodigal04:20180225152601j:image

自転車道の途中にある休憩所。

f:id:prodigal04:20180225152611j:image

更に自転車道を進む。

車は通らないので、中々、快適に歩ける。

少し向こうに緩やかな登りが見える。

f:id:prodigal04:20180225152617j:image

f:id:prodigal04:20180225152625j:image

赤野休憩所に近づくと、琴ヶ浜の長い砂浜が一望できる。

f:id:prodigal04:20180225152633j:image

赤野休憩所は、ここで上に登らないといけない。

f:id:prodigal04:20180225152741j:image

登ってみると綺麗なトイレとベンチがあるが、自動販売機は無かった。

ちなみに、ここまで歩いた自転車道には、自動販売機は無く、何か買いたいと思えば、どこかで、一度、平行して走っている国道に出る必要がある。

f:id:prodigal04:20180225152747j:image

赤野休憩所から少し下った所に、お遍路休憩所があった。

f:id:prodigal04:20180225152752j:image

休憩所の中は、こんな感じ

f:id:prodigal04:20180225152757j:image

f:id:prodigal04:20180225152804j:image

休憩所からは、始めは防波堤の陸側を歩くが、途中で海側を歩くようになる。

f:id:prodigal04:20180225152814j:image

f:id:prodigal04:20180225152821j:image

しばらく進むと、展望台があって、ここにはトイレと自動販売機があった。

海水浴場にもなってるようで、展望台の横には駐車場や別のトイレや自動販売機があった。

f:id:prodigal04:20180225152827j:image

ここからは、「ごめん・なはり線」の高架の側を歩く。

f:id:prodigal04:20180225152835j:image

途中、萩森リストで有名な萩森さんの善根宿・休憩所があった。リストは、この先のファミリーマートにあるとの事。

f:id:prodigal04:20180225152839j:image

自転車道をしばらく進むと、国道沿いを進むようになり、休憩所があった。

f:id:prodigal04:20180225152843j:image

少し進んだところで、国道から少し離れて進むようになる。

f:id:prodigal04:20180225152847j:image

自転車道を進むとトンネルがあった。

長さは短いけど、少し暗く道幅が狭いから、自転車が来たら、危ないかも、と思いながら進む。

f:id:prodigal04:20180225152852j:image

トンネルに入ると、LEDの照明の照度が上がった。

照度が上がると、けっこう明るい。

これなら安心して歩ける。

f:id:prodigal04:20180225152857j:image

そこから、もう少し進むと、今度は、蛍光灯の照明のトンネルがあった。

こちらは、人感センサーは無かったが、始めから明るかった。

f:id:prodigal04:20180225152903j:image

国道に、一度、合流する交差点で、自転車道が通行止めになってるとの立て看板。

f:id:prodigal04:20180225152912j:image

迂回路が分かり易く表示されていた。

f:id:prodigal04:20180225152917j:image

海側の迂回路に向かうと防波堤の手前に道標。

道標通り進むと、自転車道に出たので、引き返して、防波堤の向こう側の道を進む。

f:id:prodigal04:20180225152921j:image

道なりに進むと、「道の駅 やす」

f:id:prodigal04:20180225152927j:image

道の駅の中を進み、道の駅の脇道を進む。

f:id:prodigal04:20180225152933j:image

しばらく進んだ所に、「四国のみち」の道標。

地図を確認すると遍路道もココを曲がっている。

もう少しで、行き過ぎるところだった。

f:id:prodigal04:20180225152940j:image

遍路道の道標が、見当たらなかった理由がコレ。

建っていた案内標識が折れてしまったようだ。

f:id:prodigal04:20180225152944j:image

国道に出て、しばらく進み、信号のある交差点を右折。

f:id:prodigal04:20180225153024j:image

その後、この交差点を左折。

f:id:prodigal04:20180225153031j:image

少し進んだところにヘンロ小屋の標識が見えた。

f:id:prodigal04:20180225153036j:image

ヘンロ小屋8号 香我美

f:id:prodigal04:20180225153041j:image

中は、あまり綺麗では無いが、寝れそうな感じ

f:id:prodigal04:20180225153045j:image

毛布や布団が、雨対策された状態で置かれていた

f:id:prodigal04:20180225153049j:image

ヘンロ小屋8号 香我美に着いたのが、16時50分。
日没まで、残り1時間。
のいち駅まで行きたかったけど、時間的に厳しいので、赤岡駅に行き、今日の歩き遍路は、打ち止めする事にした。

ヘンロ小屋を出発して、道なりに進み、ここで遍路道は右折。

赤岡駅は、直進して、その向こうの交差点を左折。

f:id:prodigal04:20180225153053j:image

少し進んだところで案内標識に従って、赤岡駅に向かい、赤岡駅に着いて、今日の歩き遍路は、打ち止め。

f:id:prodigal04:20180225153057j:image

赤岡駅から野市駅まで列車で向かい、車で帰宅。

土佐くろしお鉄道 ごめん・なはり線

赤岡駅:http://docs.wixstatic.com/ugd/06d37b_af027c2ba17f4f17a2cd8dea9546fe50.pdf

赤岡駅にも駐車場出来そうなので、次回は、赤岡駅に車を停めて、再開予定。