タクボンのお遍路日記

お遍路の事を綴っていきます

歩き遍路 30日目【日帰り】池通技術学校前→33番 雪蹊寺→34番 種間寺→35番 清瀧寺→宮前スカイライン入口

池通技術学校前[8:45]→33番 雪蹊寺[10:30]→34番 種間寺[11:50]→35番 清瀧寺[14:05]→宮前スカイライン入口[17:10]

 

drive.google.com

 

移動時間 5:35:24
停止時間 2:49:31
距離 32.64 km
平均スピード 時速 5.84 km
最高スピード 時速 9.63 km
累積登り 964m
累積降り 965m
歩数 43,108
温度 18°C
湿度 51%
風速 13 km/時 NNW

累積移動距離 872.49km

 

20日ぶりの歩き遍路
季節が良くなり、歩き遍路さんをよく見かけるようになって、ウズウズ

(ちなみに、通勤路は52番太山寺と53番円明寺の遍路道仕事)

でも、年度末のバタバタと中国出張で、行きたいのに、行けなかった。

やっと、歩き遍路に行く事が出来たのに、高知の桜は、だいぶ散り始めて、葉桜になり始めてた。

ちょっと、残念。

前回、打ち止めした池通技術学校前(バス停)まで行く時間を考えると、歩き始めは9時頃だから、清瀧寺を打って、土佐市まで戻ってきた24kmくらいかな〜。

打ち始めと打ち止め場所の行き帰りを考えて、はりまや橋近くに車を停めて、バスで移動する事に。

はりまや橋は、様々な路線バスと路面電車が通過してる便利な場所

f:id:prodigal04:20180402215750j:image

車は、はりまや橋近くのタイムズ トーエイパーキングに駐車。

この駐車場、24時間駐車しても700円。

 

はりまや橋からは「MY遊バス」で、池通技術学校前に移動。

このバス、竹林寺の前と禅師峰寺の近くを通って、桂浜まで行く、お遍路さんには便利なバス。

ただ、一律、1,000円と少々高め

とさでん交通株式会社
MY遊バス | 高知県の観光情報ガイド「よさこいネット」

f:id:prodigal04:20180402220503j:image

8時45分、池通技術学校前からスタートして、県営渡船の乗り場へ向かう

f:id:prodigal04:20180401192427j:image

歩き始めて、すぐ車道が大きく左に曲がる場所を右に曲がる

f:id:prodigal04:20180401192443j:image

その後は、県道の下を潜る

f:id:prodigal04:20180401192459j:image

潜った後、少し進んだ所に散り始めた桜の木

あと1週間早く来たかったな〜

f:id:prodigal04:20180401192514j:image

道は、平坦だけど、段々、細くなる

交通量は少ないから、そんなに怖くない

f:id:prodigal04:20180401192526j:image

大きな交差点を横切ると、少し道幅が広がる

ただ、交通量が意外に多くて、車同士が離合するタイミングに出会うと、車が側をすり抜けて行って怖い

f:id:prodigal04:20180401204318j:image

しばらく進むと、左手に浦戸大橋が見えた。

浦戸大橋を渡るルートは、以前、車遍路の時に通って時、段差のある歩道じゃなかったのを見て、「無いな」っと思った。

f:id:prodigal04:20180401192709j:image

そこから、すぐ「渡船場」の道路標識

f:id:prodigal04:20180401200755j:image

船場に着いたのは、9時25分。

この時点で45分待ち。

県営渡船 | 高知県庁ホームページ

f:id:prodigal04:20180401200809j:image

時刻表を見た時点で、自分が「長浜」と「種崎」のどちらにいるのか分からなかった

「種崎」が 正解。

で、平日と日曜では、少し時間が違うんだけど、どこが違うのか、探してみよ〜

f:id:prodigal04:20180401200829j:image

船場には、待合室があった

f:id:prodigal04:20180401200903j:image

色んな言語の時刻表

英語、北京語 簡体字、韓国語、北京語 繁体字

f:id:prodigal04:20180401200916j:image

着いた時点で、お遍路さんは、誰も居なかったのに

待ってる間に、4人の歩き遍路さんと自転車の遍路さんが1人、やってきた。

良い季節になって、天気も良かったから、やっぱり多いね〜

出発時間が近づくと、地元の学生や主婦、おじちゃんなど、続々と集まってきた

船が着くと、乗り場のゲートが開く

f:id:prodigal04:20180401200928j:image

船の上からの眺め

乗船して、もう対岸の桟橋が見えてる

f:id:prodigal04:20180401200941j:image

船を下りた後、同じペースで歩く遍路さんが、すぐ後ろを着いてきていて、足音が、ずっーと後ろから聞こえて、と〜ても歩きづらかった。

f:id:prodigal04:20180401200956j:image

雪蹊寺までは、ほぼ直進するだけなので、迷うことはない

f:id:prodigal04:20180401201007j:image

この交差点も左斜め前に進む

f:id:prodigal04:20180401201057j:image

大きく右に曲がる道を進んでると、雪蹊寺が、突然現れる。

船を降りてから、約15分で到着。

f:id:prodigal04:20180401201113j:image

 

prodigal04.hatenablog.com

雪蹊寺の境内から出て、来た方角の反対に向かって進む

大きく左に曲がった後、橋の上に繋がる県道34号線の下を潜る

f:id:prodigal04:20180401201202j:image

橋の向こうの合流点を更に真っ直ぐ進む

f:id:prodigal04:20180401201236j:image

雪蹊寺から出た後も、歩き遍路のおっちゃんが、ずっと後ろに張り付いてる

歩きづらい(-.-#)

自分の方が、若干ペースが速いから、徐々に引き離すけど、地図を確認したりして、ペースが落ちると、すぐ追いついてくる

しばらく川沿いの県道を進んで

橋を渡った所で、斜め右の農道に入っていく

f:id:prodigal04:20180401201311j:image

田植え前の水を張った田んぼの間を通る農道を進む

f:id:prodigal04:20180401201410j:image

突き当たりを左折

f:id:prodigal04:20180401201427j:image

小高い山を越え、下る途中で、右折。

f:id:prodigal04:20180401201620j:image

山道になるのかと期待したけど、すぐに木の茂る道は終わって、平坦な道を歩く

f:id:prodigal04:20180401201630j:image

民家と田んぼがある田舎道を進む

軽トラが止まってる道に曲がって、34番 奥の院に行くルートもあるが、直進するルートを選択。

f:id:prodigal04:20180401201643j:image

道なりに、進む

f:id:prodigal04:20180401201656j:image

ここを右折

f:id:prodigal04:20180401201705j:image

田んぼの間の農道を進む

f:id:prodigal04:20180401201720j:image

県道278号線に出るが、横切って、直進

f:id:prodigal04:20180401201751j:image

その後も、道なりに進んで、新川川に架かる橋を渡る

f:id:prodigal04:20180401201855j:image

県道279号線に出るので、右折して、県道を進む

f:id:prodigal04:20180401202007j:image

「用水に沿って2kmの標識」の通り、種間寺まで用水路の横を、ひたすら進む

f:id:prodigal04:20180401202027j:image

ここで、用水路の上を通り、用水路は、右側から左側へ

f:id:prodigal04:20180401202047j:image

しばらく進むと、前の方に種間寺が見えてきた

f:id:prodigal04:20180401202101j:image

種間寺の手前の水路の脇には紫陽花がいっぱい植えられていた

6月頃は綺麗かも

f:id:prodigal04:20180401202113j:image

雪蹊寺から種間寺までは、道標が、キチンとあって分かり易かった。
時間も1時間程度なので、休憩無しで歩くのに、ちょうど良い。

f:id:prodigal04:20180401202147j:image

prodigal04.hatenablog.com

種間寺の境内から左折して進む

f:id:prodigal04:20180401202208j:image

種間寺を出発して、すぐの分岐で、道路標識は右折。

右のガードレールの所には、直進と右折の両方の歩き遍路の道標。

種間寺から清瀧寺までの遍路道は、分かりづらいとの情報があったけど、50mも進んでないのに、やってくれます。
ここは、四国遍路ひとり歩き同行二人【地図編】の通り、直進。

f:id:prodigal04:20180401202218j:image

この後、しばらく道なりに進む

f:id:prodigal04:20180401202230j:image

ここも、川を渡り、白線のある道を進む

f:id:prodigal04:20180401202313j:image

歩いてる時に、薄いピンクの花が咲く木に、点々と濃いピンクの花が咲いているのを見かけた。

1本の木に、2色の花が咲いて、とても綺麗だった。

後で調べてみるたら、源平花桃というらしい

f:id:prodigal04:20180401202329j:image

段々、道幅が細くなる

f:id:prodigal04:20180401202344j:image

信号のある交差点に出るが、ここは直進

f:id:prodigal04:20180401202354j:image

しばらく進むと、道が二股に分かれる

ここは、右側の道へ

f:id:prodigal04:20180401202428j:image

橋を渡ると、少し広い道に出るので、左折して仁淀川の土手の方へ向かう

f:id:prodigal04:20180401202445j:image

仁淀川の土手下に出た時点で、先行する遍路さんが二人。500m先を行く遍路さんは、土手上を歩いている。

300m先を行く遍路さんは、多分、その人を見つけて、土手上に上って、地元の人と話した後、そのまま土手上を歩き始めた。

f:id:prodigal04:20180401202523j:image

自分は、土手下を歩いていて、歩き遍路の道標がないのと、土手上には木製の標識があるので、上が正解かな?と思いながら歩いてると、正面から逆打ちの遍路さんがやってきた。
その人に聞くと、土手上を歩くと、これから渡る仁淀川を手前の橋で渡るようになり、対岸の土手上に行けなくなるから、このまま土手下を歩いて、一度、橋の下を潜ってから土手上に登り、少し戻って奥側の橋を渡らないと行けないらしい。
多分、四国遍路ひとり歩き同行二人【地図編】を見ていたら、間違うと思う。YAMAPの地図データを信じれば正解。

f:id:prodigal04:20180401202537j:image

手前の橋を潜った後、奥の橋の下も潜る

潜る時は手前で左側の道を通る

f:id:prodigal04:20180401202613j:image

奥の橋を潜った後、階段で土手の上に登って、奥の橋まで戻って、歩道を歩く。

f:id:prodigal04:20180401202631j:image

橋の上からの眺め

f:id:prodigal04:20180401202704j:image

で、先行していた土手上を歩いていた遍路さんは、対岸に信号や横断歩道がないことに戸惑っていたけど、最終的に車の切れ目で、横切っていた。

国道56号線なので、車の通りは多い

f:id:prodigal04:20180401202802j:image

対岸に渡った時点で、300m先を行く遍路さんは、遍路道から外れて、どこかへ。

500m先を行く遍路さんは、対岸の土手上を先行していた。

f:id:prodigal04:20180401202812j:image

土手上を、しばらく進んだ所で、先行する遍路さんは、地図に出ている左折の場所より手前で、なぜか、左折した。
自分も、そこまで来て、納得。

左折の道標があったからだった。

自分も左折して、先に進む。

f:id:prodigal04:20180401202840j:image

国道56号線に出合うが、横切って、そのまま直進。

f:id:prodigal04:20180401202853j:image

自転車屋さんのある交差点で、青龍寺は左折・清瀧寺は右折の道標。

先行する遍路さんは、まさかの左折

大丈夫なの?
(という、自分も初めて車で回った時、こういう場面で、間違えたことがある。
この2つの札所、漢字が似てない?
清瀧寺の三水を除けると、青龍寺になるじゃない)
自分は、右折して少し進んだ後、四国遍路ひとり歩き同行二人【地図編】を見て、「右折じゃない」と思い、引き返して、自転車屋さんの交差点を直進する。(この時点で、土手から降りる場所が地図より手前だったことを忘れてた)
直進して、少しして、YAMAPの地図データを見て、その事を思い出したが、戻らず、次の交差点を右折して、帳尻を合わせることにした。

f:id:prodigal04:20180401202906j:image

地図に出ている道に戻り、遍路道を進んでいたが、次の右折する地点が分からず、また、遍路道から微妙にズレてしまった。
途中、歩き遍路の道標シールを剥がした跡があったので、何かの理由で変えられた可能性がある。
四国遍路ひとり歩き同行二人【地図編】とYAMAPの地図データは、一致してるので、それらを信じるか、現地の道標を信じるか、どちらかにしないと、後で、迷ってしまう。

f:id:prodigal04:20180401203000j:image

なんとか、遍路道に戻る

f:id:prodigal04:20180401203100j:image

電柱の向こうにある「四国のみち」の道標の所を右折する

f:id:prodigal04:20180401203106j:image

しばらく農道を進む

f:id:prodigal04:20180401204117j:image

ここは直進

「四国のみち」の道標、反対側からは読めるが、こっち側から読めないのは、実際に歩いた事がない人が立てたからなんだろな〜

f:id:prodigal04:20180401203130j:image

自動車道の下を潜る所で、車遍路道と合流

ここから、しばらくは、車遍路道と同じ道

f:id:prodigal04:20180401203204j:image

ここは左の道へ入っていく

f:id:prodigal04:20180401203217j:image

清瀧寺の入口。

ただ、ここから、結構登る

f:id:prodigal04:20180401203231j:image

途中で、車遍路道と分かれる

歩き遍路は、左の道へ

車遍路の時は、こんな分岐がある事すら、気がつかなかった

f:id:prodigal04:20180401203240j:image

山道になるけど、コンクリートで固められていて、とーっても歩きづらい

f:id:prodigal04:20180401203257j:image

かなりの急勾配の道を進むと石段が見えてきた

f:id:prodigal04:20180401203305j:image

歩きの場合、清瀧寺は、車遍路では見なかった仁王門から境内に入る。

f:id:prodigal04:20180401203316j:image

14時過ぎ、清瀧寺に到着。

prodigal04.hatenablog.com

 

その予定では、この後、土佐市内まで戻り、17時過ぎのバスに乗る計画だったけど、思ったより早く、進んだので、予定変更

土佐市内に戻った後、青龍寺へ向かい、11km先の宇佐大橋の手前のバス停まで進んで、17時47分のバスで戻る事にした。
途中、塚地峠を越えるが、3時間あるので、余裕で、間に合うはず。

清瀧寺から自動車道の下を潜るまでは、同じ道を打ち戻る

自動車道を潜った後、直進して、四国遍路ひとり歩き同行二人【地図編】には出ている別のルートを進んだ。

f:id:prodigal04:20180401203334j:image

土佐ICの道の下を潜る

f:id:prodigal04:20180401203345j:image

土佐市内の道まで戻り、ここを左折

f:id:prodigal04:20180401203357j:image

その後、例の自転車屋さんの交差点まで戻り、ここを青龍寺の方へ進む。

f:id:prodigal04:20180401203411j:image

川を挟んで車道と歩道が分かれてるので、歩きやすい

f:id:prodigal04:20180401203420j:image

歩道橋のある交差点を直進して、すぐに番外札所「長池地蔵」

f:id:prodigal04:20180401203435j:image

その後も川沿いの道を進み、信号のある交差点を右折

この交差点、車遍路の時にも通った

f:id:prodigal04:20180401203446j:image

ここから、道なりにトンネル手前まで進む

交差点から少し進んだ所に、番外札所「阿弥陀如来堂」の案内看板

時間に余裕が無かったので、ここはスルーした。

f:id:prodigal04:20180401203459j:image

塚地峠の遍路道の入口にある休憩所で一休み。

トイレや自動販売機もあった。

f:id:prodigal04:20180401203508j:image

f:id:prodigal04:20180401203519j:image

f:id:prodigal04:20180401203547j:image

休憩所にあった「大師の泉」

f:id:prodigal04:20180401203555j:image

f:id:prodigal04:20180401203605j:image

一休みした後、遍路道の入口に向かう

f:id:prodigal04:20180401203617j:image

f:id:prodigal04:20180401203626j:image

f:id:prodigal04:20180401203640j:image

塚地峠の遍路道は、よく整備されていて、とても歩き易かった。

f:id:prodigal04:20180401203658j:image

階段と石畳が所々にある

f:id:prodigal04:20180401203710j:image

ここが、峠

f:id:prodigal04:20180401203730j:image

峠から更に登ったところに休憩所があるとの看板

f:id:prodigal04:20180401203737j:image

折角なので、行ってみる

f:id:prodigal04:20180401203747j:image

途中、紫躑躅が綺麗に咲いていた

f:id:prodigal04:20180401203800j:image

休憩所

f:id:prodigal04:20180401203808j:image

休憩所からの眺め

f:id:prodigal04:20180401203815j:image

一休みした後、峠に戻り、下り始める

下りの道の途中にも紫躑躅が咲いていた

f:id:prodigal04:20180401203838j:image

少し下った所にも休憩できる場所があった

ただ、眺めは、上の休憩所の方が綺麗

f:id:prodigal04:20180401203846j:image

更に下るとコンクリートの道に出た

f:id:prodigal04:20180401203856j:image

下った後も、コンクリートの道は、しばらく続く

f:id:prodigal04:20180401203903j:image

橋を渡り、車道に出る

f:id:prodigal04:20180401203910j:image

車道に出た場所に「安政地震の碑」

f:id:prodigal04:20180401203919j:image

川の右側の道を進んでいると、突然、左側へ渡る道標

もう少しで、見落とすところだった

f:id:prodigal04:20180401203925j:image

川の左側の道を海沿いに出るまで進む

ガードレールのある橋を渡る

f:id:prodigal04:20180401203933j:image

橋を渡った後、階段で上の県道23号線に登る

f:id:prodigal04:20180408233255j:image

海まで出た時点で、17時前。
ここから、宇佐大橋近くのバス停までは、1km程度なので、バスの時間には、余裕で間に合う

安心して、海沿いの県道を進む

f:id:prodigal04:20180401203950j:image

宇佐大橋の分岐点

遍路道は、宇佐大橋だけど、分岐を過ぎて「宮前スカイライン入口(バス停)」に向かう

f:id:prodigal04:20180401204005j:image

「宮前スカイライン入口」到着。

結局、32km歩いて、今回の歩き遍路は、打ち止め。

とさでん交通株式会社

宮前スカイライン入り口

http://www.tosaden.co.jp/bus/rosen/busstop/20180401_pdf/miyamaesukairainiriguchi.pdf?20180419185918

f:id:prodigal04:20180401204010j:image

9時スタートにしては、よく歩いた